今年に入ってから、2回博多まで勉強に行っていますが、今日も朝6時に起きて、博多に行ってきました。「博多」というのは、東日本の人には耳なじみがないかも知れませんが、福岡市の中心部、博多区の事です。

博多は都会ではありますが、どちらかというとビジネス街で、買い物できるような場所がなく、いつも「ただ行って帰るだけ」です(笑)。天神まで行けば、色々なお店もあるんですけどね。

朝7時半過ぎに家を出て、新下関駅からJR山陽本線で下関へ。乗り換えてJR九州の小倉へ。そこからまた久留米行きの快速に乗り換えて、博多まで。自宅からだと2時間ちょっとというところです。小倉駅で、懐かしの「かしわうどん」を食べました。かしわうどんは、北部九州のソウルフード。大学が北九州市戸畑区で、電車通学だったので、よく食べました。

お昼は、博多駅の駅ビル(なんだろうか。よく分かってない)にある吉野家で牛丼を食べましたが、お冷が出てきませんでした(汗)。そのうち出てくるだろうと待っていたら、食べ終わってしまい、会計の時に「済みません、お冷お出しするのを忘れてました」と言われました(笑)。

セミナーは午後4時に終わり、急いで博多駅へ。4時21分発のこだま新大阪行きに乗りました。帰りも普通電車だと、疲れますからね。新幹線だと、5時前にはもう下関に到着です。そこから車で、20分ほどで帰宅。今日も頑張りました。

昨日の夜のうちに、肉じゃがを作っておいたので、夕ごはんはそれを食べました。肉じゃがに限らず和食って、シンプルなだけに味付けが難しいですが、何度も作って慣れてきたせいか、今日のは妻に「今までで一番美味しかった」と、お褒めの言葉をもらえましたよ。

和風の煮物を色々作ってみて思った、「コツ」は、「一見面倒くさいと思えるような一手間を惜しまない事」です。鍋に全部ぶち込んで火にかけるだけ、みたいな料理法では、やっぱり大味な料理になってしまいますからね。

そうそう、今日からサッカーJ2リーグが開幕しました。私が応援している地元のレノファ山口は、アウェイでFC岐阜に、2点先制してから追いつかれての引き分け。カマタマーレ讃岐は、アウェイで熊本に1-2の敗戦。どちらもアウェイとは言え、少し渋いスタートですが、来週はどちらもホームですから、奮起してホーム開幕を勝利で飾って欲しいものです。

それにしても、博多は人が多すぎですね。新幹線で新下関駅に降りて、人がまばらな構内を歩くと、ほっとします。やっぱり私は生粋の田舎者のようです(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、午後から妻を美容室に連れて行きました。先週行く予定だったんですが、体調不良の為、1週間延期したのです。

3時頃美容室に車で連れて行き、私はフルートの練習をすべく、楽器持参でそのまま実家に戻ったら、珍しく母が既に帰宅していました。母はこの3月で70歳ですが、まだまだ元気で仕事もしています。園芸が趣味で、花も色々作っているんですよ。

170225八重のアネモネ

母が今日見せてくれた花の写真。アネモネですが、珍しい八重咲きですね。最近は品種改良で八重咲きの花は多いようで、ひまわりすら八重咲きの品種があるようです。それって、もう見た目がひまわりじゃないような気もしますが(笑)。今年は庭でラベンダーも作っているそうで、咲くのが楽しみです。

また、音楽が好きな母は最近チェロを習い始めたそうなんですが、休みの日には数時間も練習しているとの事。わが母ながら凄い集中力です。そのうち、バッハの無伴奏チェロ組曲を聞かせてもらえる日も、遠くないかも?(笑)

フルートの練習曲もかなりしっかり練習し、妻を美容室に迎えに行った後、夕食はCoCo壱番屋に寄ってカレー。ココイチのカレーって、久々に食べました。数年ぶりかも知れません。実家に住んでいた数年間は、どうしても外食する事が少なかったですからね。ココイチのカレーって、普通と言えば実に普通のカレーなんですが、時々食べたくなる味ではあります。

妻の髪はかなり短くなって、さっぱりしていました。妻はショートカットが好きなんですよ。ただ、今回はかなり時間がかかった(3時間くらい)ので、ちょっと疲れている様子です。

明日はまた朝6時に起きて、博多へちょっと勉強に行ってきます。博多は今年3度目ですね。ちょっとハードですが、頑張ってきますよ。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は仕事が忙しく、ちょっとお疲れです。仕事終わりに歯科へ行きましたから、なおの事ですね。

昨日の夕食は、大根と鶏手羽元の煮込みだったんですが、今日は妻がそれをうどんにリメイクしてくれました。手羽元は煮込むといいだしが出るので、具沢山のとても美味しいうどんでしたよ。

明日は、先週妻が行くはずだった美容室に行きます。多分明日は大丈夫、なはず。私はその間、いつものように実家でフルートの練習をしていようと思います。

さて、今日から「プレミアムフライデー」という取り組みが始まるようです。月の最後の金曜日の仕事を早く(午後3時頃?)終わらせる事で、消費や娯楽を喚起しよう、という試みのようです。

私の職場は病院ですから、こういう試みとは無縁なのですが(そもそも土曜日が休みじゃないですし)、こういう方向性は悪くないんじゃないかと思います。

これと合わせて、残業が当たり前のようになっている文化も、何とかすべきでしょうね。人間が集中力を持って働ける時間というのは、実はとても限られていて、だらだら長く働いても人件費の無駄だ、というのをどこかで読んだ事あります(もちろん、肉体労働と頭脳労働では事情が違うでしょうが)。

そうでなくても、日本の職場って、「他人より早く帰る奴は駄目」みたいな風潮がありますし。この空気から変えていく必要があるでしょうね。私の職場は、有給休暇を非常に取りやすいので、これはありがたい点ではありますけど(とは言え、年間20日以上有給休暇を消化せず流していますが)。

そう言えば日本って、祝日ばかりをやたらに増やすのに、有給休暇を全然取らないですよね。海外の知り合いに昔、「日本って休み全然とらないのに、なんであんなに祝日が多いの?」ときかれて、答えに困った事があります。自分で休みをとらず(とれず)、お役人ばかりが休みを増やしていくというのは、けだし核心をついた指摘であると言えましょう。

それはともかく、仕事をしないと生活できないですし、仕事は大事な人生の一要素ではありますが、仕事が人生の全てではありません。上手く息抜きや気分転換をし、それで日本の経済が回るなら、いう事なしですよね。プレミアムフライデーという制度が、いい効果を生み出す事を期待しています。私には多分縁がないと思いますが……(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日は夜まで大雨が続き、私自身もなかなか寝付けませんでした。と言いつつ、妻によると12時過ぎには寝ていたらしいのですが(笑)。

私は、10年くらい前に不眠からの鬱病を発症し、かなり長く睡眠薬と抗鬱薬のお世話になっていました。抗鬱薬が切れても、睡眠薬は最後まで切れずに、苦労しました。今は何とか、睡眠薬なしでも眠れるようになりました。時々なかなか寝付けない日もありますが、「そのうち眠れるでしょ」くらいに気楽に構えています。

不眠はもちろんきつかったのですが、私が経験した症状のうちでなかなか難儀だったのが、「離人症状」です。上手く説明できませんが、見ている光景が、あたかも映画かゲームの場面のように、現実感が乏しくなるのです。周りにいる人も、ロボットかマネキンのように感じられました。

それだけならまだいいんですが、これにちょっとした被害妄想が加わると、仕事どころではなくなりました。周りの人の会話が、全て自分の悪口のように聞こえてくるんですね。こういう状態の時は、他人と関わるのが非常に辛かったです。今もそう楽しいという訳ではないんですが(笑)。

なので、不調な時期は「もう3か月くらい仕事休んでしまいたい」と、何度も思いました。が、なぜか主治医に自分から「仕事休みたいんです」とは、一度も言いませんでした。絶対休んではダメだ、と強く思っていたんですね。今から思えば、早めに休んでおけば、もっと早く回復していたのかも知れません。

もっとも、こういう状況で「仕事休みます」と自分から言い出せるような人は、そもそも鬱病(新型ではない、メランコリー型鬱病)にはならないだろう、という話もありますが(笑)。

こういう、精神的な苦しみは、失敗体験が少ない「俺様」タイプの人間には、なかなか分かっていただけないようで、今でも職場でそういうタイプの人とは、そりが合いません。鬱病を「普通の人が誰でも経験する気分の落ち込み」くらいに思っている人には、鬱の苦しみは理解しがたいものなのでしょう。離人症上なんて、口で説明しても分かるものでもないですし(医療職なら、必ず離人症も習っているはずなんですが)。

昨日に続き、妻はちょっと風邪気味です。こういう時のために、冷蔵庫にはプリンとかチーズケーキとか、デザートを色々用意してあります。とは言っても、買うのはほとんどコンビニエンスストアですが、最近のコンビニ洋菓子は侮れませんよ。

土曜は妻を美容室に連れて行く日です。そして明日は私は歯科受診の日。頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は昼からかなり強い雨でしたね。空も真っ暗で、こういう天気の日は気が重くなります。

そういう日は、妻も精神的に沈みがちですが、今日はどちらかというと、体調がいまいちだったようです。寒気がして、少し熱っぽい感じ。風邪気味ですね。

さて、色々なブログを見ていると、「最初鬱病だったけど、進行して双極性障害になった」みたいな表現を時に見る事があります。しかし、うつ病が悪化して双極性障害になる訳ではありません。

双極性障害が躁状態から発病すれば、「双極性障害である」と診断できますが、鬱状態から発病した場合、鬱病と診断せざるを得ないのです。その後躁病エピソードが出て、初めて「あ、鬱病じゃなく双極性障害だったのね」と、確定されるという事です。ですから、病気が変わったとか、進行した訳ではないのです。

ところで、双極性障害とうつ病では、治療方法も違いますが(薬が何より違いますね)、同じ「鬱状態」でも、双極性障害とうつ病では、症状が違います。

大きな特徴として、「鬱病では、良い事にも心が反応しなくなるが、双極性障害の鬱状態では、良い事にある程度の反応がみられる」というのがあります。具体的には、正常な反応を100として、50の反応があれば、「反応あり」とみられるようですね。

また、鬱病では「ひたすら自分を責める」傾向があるのに対し、双極性障害では意外と自分を責めず、他人を責める傾向もみられる、との事です。この、双極性障害の鬱状態にみられる特徴は、最近話題のいわゆる「新型鬱病」(非定型鬱病)の特徴と近いのが、また話をややこしくしている感がありますが……。

もちろん、あくまで「そういう傾向」というだけで、双極の鬱状態でも、良い事に心が全く反応しなかったり、自責的な傾向がある場合もあるでしょう。私の妻も、自責的な傾向が強いように見受けられます。もっとも、パーソナリティ障害の問題まで絡んでくると、どの症状がどこに由来するのか、さっぱり分からなくなりますが(汗)。

とにかく、妻には今日はゆっくり休んでもらって、早く元気になって欲しいですね。今日の夕食は、昨日の鮭のムニエルに続いて、鱈のバジルソテーを作りました。しかし、鱈は鮭に比べると崩れやすく、皿に移す時、見事に真っ二つになりました(笑)。焼き方だけじゃなく、取り扱いにも注意して料理しないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります