今日の妻は、体調が非常に悪く、夕方のメールでは「夕飯食べられない」と連絡。これはよほどの事だと思い、帰途にてドラッグストアで、ウィダーインゼリーを買おうと思ったら、レジで財布を忘れていた事に気付いたのでした(笑)。

仕方ないので、一度帰宅し、自分の分の夕食を作ってから、原付で近所のスーパーまで行ってきました。果物が食べたいと言われたので、盛り合わせでも買おうと思ったら、盛り合わせは売っておらず。なので、梨を買いました。

梨って、大きく分けると、色が黄色っぽいものと緑っぽいものの二種類ありますよね。黄色っぽいのは、幸水とか豊水、緑っぽいのは二十世紀が代表選手です。黄色っぽい梨の方が甘いですが、二十世紀梨の上品な味わいも好きです。二十世紀と言えば何といっても鳥取ですが、山口県も二十世紀梨の生産では、実は全国五位なんですよ。

という訳で、梨を買い、私が果物ナイフで皮を剥いたんですが、料理はある程度慣れても、果物の皮を剥くのはなかなかの難題です。妻からは「そうじゃないでしょ」と駄目だしをされる始末。それでも苦労して、何とか全部剥き終えました。

梨を買うついでに、赤魚が安かったので購入。明日の夕食は、赤魚を煮物にします。赤魚は身が取れやすく、食べやすい魚です。身が淡泊なので、煮付けにはぴったりですが、妻は赤魚を食べた事がないそうです。今まで私が妻に出した魚は、鮭、鱈、鯒(こち)、鯖、鰆、鰈(かれい)、鯛ですが、せっかくですから色々な魚を食べられるようになってくれたらなと思っています。

そして、もう一つ購入したのは、アイスクリーム。体調が悪い時はこれかなと思い、「雪見だいふく」を買いました。何となく、雪見だいふくって、体調が悪い時に食べるイメージなんですが、私だけでしょうか。

そう思って家に帰って買ったものを見せると、今まさに雪見だいふくが食べたいと思っていたんだそうです。これはもしかすると、テレパシーかも知れません(笑)。私が、妻が欲しいものをドンピシャで買って帰る事なんて、滅多にありませんからね。

体調はまだよくはありませんが、夕方よりは少しいいように見えます。梨と雪見だいふくのパワーで、明日には元気になってくれたらいいなと思います。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は一日曇りで、気温もそこまで上がりませんでしたから、フルートを持参し、昼休みに病院の駐車場に止めてある、自分の車の中で練習してみました。が、閉め切った車の中だと、日が照っていなくてもまだ暑いですね。汗だくになってしまいました。

来週の日曜日が、アンサンブル発表会の本番なのですが、練習不足で大変です。まあ、一曲を除いてそんなに難しい曲はないので、何とかなるかなとは思っているのですが。

妻は、私が生でフルートを吹いているところを見た事がないので、日曜日に体調が良ければ、ちょっとでいいから見せてあげたいなと思っています。会場は自宅から車で5分のところですし。まあ、妻の体調が第一ですから、無理はさせられませんが。

その妻ですが、今日は酷い頭痛に悩まされています。いつも頭痛の時は、私が治すんですが、今回はなかなか治らず、私にもお手上げの状態です。

頭痛は、脳の大それた病気を除きますと、大きく三つに分けられます。片頭痛、緊張性頭痛、そして群発頭痛。片頭痛というのは、血管性の頭痛ですので、「ズキンズキン」という、拍動性の痛みです。緊張性頭痛は、名前の通り筋肉の緊張による頭痛ですので、頭を締め付けられるような頭痛です。群発頭痛は、眼の辺りをえぐられるような鋭い痛みが、一定時間続きますが、これはそれほど多くはありません。

妻は、「頭を締め付けられるように痛い」と言いますので、緊張性頭痛であろうと思い、思いつく限りの手技を施してみたんですが、あまりよくならず。うーん、ちょっとでもよくなってくれるといいんですが。

片頭痛であれば、実はコーヒーで軽くなる事もあります(一度収縮した血管が拡張するのが片頭痛なので、コーヒーのカフェインで再び血管が収縮する事で、軽くなるのです)。しかし、緊張性頭痛だと、原因の筋肉が見つからない事には、どうにも。

あるいは、ストレスや環境が原因なのかも知れません。何にせよ、ここ数日体調も精神的にも不調続きの妻。明日は少しでも上向きになってくれる事を祈ります。

明日は、午後から仕事を休んでいます。ちょっと市役所(の支所)に用事があるのです。その用事はすぐ終わるのですが、私が直接行かないと駄目ですので、わざわざ休みをとりました。市役所の支所は、自宅から徒歩3分なんですけどね(笑)。

その後はフルートのレッスンがあり、帰ってから夕ごはんを作ります。明日は豚の生姜焼きを作ろうと思っていますが、これは妻の食欲次第でもあります。明日は元気になりますように。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日の夜は、かなり強い雨が降りましたね。そのせいという訳でもないのでしょうが、妻は昨日もよく眠れなかった様子。夢見が悪いのも相変わらずです。

ここ最近寝付きが悪いのには理由がありまして、寝室に入ると、アレルギー症状のような咳や鼻水に悩まされているのです。咳は喘息のようでもあり、心配です。私は何ともないですから、アレルギーなのかも知れません。

北海道と違い、こちらは湿度も高いですから、恐らくかびの発生率も高いはずです。私は子供の頃からこの環境に慣れていますから、耐性ができているのでしょうか。妻は今日、昼の間に寝室を掃除し、ベッドにも掃除機をかけたそうです。そのためかかなり疲れているようです。これから、私が時間をみてやったほうがいいですね。

さて、先ほど明日と明後日の夕食のためのハヤシライスを作りました。何度か書いているように、カレーやハヤシを作るのに、私はルウを使わないのですが、カレーと比べるとハヤシの方が、ちょっと難しいように感じます。

基本は赤ワインとコンソメなんですが、やはりデミグラスソースを使った方が、味を作りやすいように思います。なので今回は、ハインツのデミグラスソースを使いました。さすがに、デミグラスソースを自作するなんて、洋食屋の料理人でもない限り、難しいですからね。

まあ、まずまずの味に仕上がったと思います。明日、妻の判定(?)待ちですね。

とにかく、妻は最近夢見が良くないようで、体調にも影響しているようです。あるいは、体調が睡眠に影響しているのかも知れません。私自身も、決して睡眠は毎日ぐっすりとれる訳でもなく、夢見が悪い事も多いので、辛いだろうなというのは想像がつきます。

なので、先ほど妻にハーブティーを入れてあげました。快適な睡眠のためのハーブを、何種類かブレンドしたものです。これで今夜は少しでもぐっすりと休めるといいんですが。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日、軽躁状態になったかも、と書いた妻ですが、夜にはもう鬱っぽくなってしまっていました。反動なのか何なのか。

DSMだったかの基準では(今はどうか知りませんが)、躁状態は七日間、軽躁状態は四日間だったと記憶しています。とすれば、基準に照らし合わせれば、軽躁状態ではない、という事に。まああれは、あくまで診断のための基準ですから、既に診断がついた人とは、また違った捉え方をする必要があるような気もしています。

そういう訳で、今日の妻は不調です。私も金曜だからという事もありますが、少々お疲れです。暑さのせいもあるんでしょうけどね。今朝の下関の最低気温は、29℃以上でした。冷房がないと、とても眠れないほどの寝苦しさです。今日の夜は、少しは気温が下がってくれそうですが、さてどうなるでしょうか。

そして夕食のカレーは、昨日の時点では、赤ワインの酸味が強すぎるかな、と思っていたんですが、今日食べてみたら、そうでもなく、これはこれで美味しくできていました。

それでも、カレーはどう作っても食べられるようにはできますが(漫画で、まずいカレーを作るシーンがあるが、カレーをまずく作るなんて、よっぽどの達人でもない限り、無理だと思います(笑))、逆に物凄く美味しいものを作るのも難しい気がしています。作り方を少し変えると、味も変わるので、これからも少しずつ工夫して、これだ!という味を見つけられたらいいですね。

明日の土曜日は、少し妻の調子が持ち直してくれるといいのですが……。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日に引き続き、今日も凄い暑さでした。この時間、冷房を入れていてもパソコンの部屋では汗がにじみ出てきます。あと一週間で九月ですが、いつになったらこの暑さは緩んでくれるんでしょうか。

さて、今日の妻は、妻自ら「ちょっと躁っぽい感じ」だそうです。いらいらしている訳ではないのですが、落ち着きません。最近、気分が落ちる事はあっても、躁になる事はほとんどなかったので、ともすれば妻自身も「双極性障害だという事を忘れそうになる」そうです。

双極性障害では、鬱状態よりも躁状態に注意が必要だと言われます(患者本人としては、躁状態より鬱の方が苦しいのですが)。それは、躁状態の方が、社会的な問題行動が多いからというのもあるでしょうが、躁で上がった分、鬱の落ち幅も大きくなるという事も、原因の一つでしょう。つまり、躁をいかにやり過ごすかが、鬱の波を小さくするポイントという事です。

なので、双極性障害では、どちらかと言うと「低め安定」くらいがいいらしいです。高め安定にしてしまうと、いつ躁の波が暴れだすか分からない上、鬱で落ちる時の谷も深くなりますからね。

その意味で、今日明日は無理して動かず、軽い躁状態を上手くあしらうのがいいのでしょう。妻の軽躁状態は、あまり長く続く事はないですし、だいたいその後反動で落ちる事が多い気がするので、ちょっと心配ではあるのですが。

そして、昨日母からカレー用の牛肉(下ごしらえ済み)をもらったので、それを使って先ほどカレーを作りました。「親子二代カレー」第二弾です。例によってカレールウは使いません(もうカレールウは半年以上使ってないような……)。

なので毎回少しずつ味が違う気がします。今回は赤ワインを少し多めに使ったんですが、そのせいか少々酸味が強いような。赤ワインは、ハヤシライスとかミートソースでも使いますが、今回買った赤ワインは、ちょっと酸味が強く、料理にはイマイチだったような気がします。

なので、次回は違うものを買うつもりですが、料理に使う赤ワインは、ぴったり来るものを探すのが大変ですね。飲んでも結構違いがありますし。

明日頑張れば、明後日は土曜日。まあ土曜も半日仕事ではあるんですが、金曜の仕事が終わると、気持ちが軽くなりますよね。頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります