昨日の妻は、わりとぐっすり眠れたようです。そして、先日の大雨の時にキャンセルした、歯科検診にも無事行ってきたそうです。数か月前の受診の時より、歯周病の状態はよくなったようで、妻も喜んでいました。

歯科には原付で行こうとしたらしいのですが、何とバッテリーが上がっていたそうなのです。滅多に乗らないから仕方ないとはいえ、まさかバッテリーが上がってしまうとは(汗)。私が、キックスタートでエンジンをかけたらかかりましたから、しばらく私があちこち運転しようと思います。

さて、私も毎日仕事をしていて、ストレスを抱える事もあります。愚痴を言いたくなる事もあります。が、基本的に私は、家に帰ってきたら仕事の話はほとんど(一切、ではないと思う)しません。面白い出来事は話したりしますが、嫌な出来事は妻には言いません。

これは、私が以前に記事でも書いた事ですが、「人間は、自分が口に出した通りの人になる」というのが、私の信条なのです。いつもいつも、仕事で嫌な事があった時に、家で愚痴を言っていると、些細な事でも不満を感じ、ぶちまけずにはおられずになるでしょう。そうなると、周りの人はたまったものではありません。

じゃあ、嫌な事があった時は誰にも言わずにいるのか、と言われそうですが、別にいつも嫌な事がある訳ではなく、仕事をしていれば嬉しい出来事もあるものです。そちらの方を話題にしていれば、今度は逆に、些細ないい事に感謝できるようになってきます。

「人間は、自分が口に出した通りの人になる」というのは、なるべく職場でも実践するようにしています。どうやっても合わない、気に食わない同僚もいたりしますが、そういう人には、何か注意されたら「すみませんでした。以後気を付けます」と言い、仕事を頼む時には、「お忙しいでしょうがお願いします」と、徹底的に下手に出るのです。

そうやっても、相手の態度が変わって気が合うようになる訳ではないのですが(笑)、こうしてみると、意外にも自分の心が落ち着くんですね。頭に来なくなるんです。

誰にでもお勧めできる方法ではありませんが、「人間は、自分が口に出した通りの人になる」というのは、案外真実だと思っています。一度お試しあれ。何の効果もなくても、当方は一切責任を負えませんが(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今度の土曜日、私が香川県に住んでいた頃の友人に、久々に会います。13年ぶりくらいでしょうか。

彼は私と同い年で、職場が一緒でした。目が不自由なんですが、パソコンもスマートフォンも使いますし、自分で電車に乗ってどこへでも行きます(鉄道マニアなのです)。いつもこてこての讃岐弁で、見た目強面ですが、話すと気さくで面白い男です。

で、目が不自由なのにパソコンやスマートフォンをどうやって使うかと言うと、「読み上げソフト」を使うのですね。また、ブログやホームページを見る時は、基本的にはリンクを次々とスキップして、必要なページにアクセスするのです。

が、ブログやサイトで、目が見えていたら全く分からない、ある「不親切な点」で、彼ら視覚障害者はとても苦労させられるんだそうです。何かというと、リンクアンカーテキストに「こちら」を使われる、という点です。

例えば、「前日の記事はこちら」。これでは、目が不自由でリンクのアンカーをスキップして、読み上げブラウザーで確認する視覚障害者には、何のことやら分かりません。音声ブラウザーが「こちら」と読むだけなので、どんなページに飛ぶのか分からないのです。

これを、「こちらは前日の記事」と、こう書けば、「前日の記事」と音声ブラウザーが読んでくれますから、「あ、この先に飛ぶと前日の記事なんだな」と分かります。

1か所「こちら」だけでも分からないのに、リンクアンカーが「こちら」だらけのサイトとかブログも、珍しくありません。これは視覚障害者には、はなはだ不親切な作りですし、気付いていれば配慮してあげられるはずです。

「こちら」だけでも十分困るらしいのですが、もっと困るのは、「リンクのボタンが画像で、代替テキスト(altタグで記述する、画像が表示できない時のためのテキスト)が指定されていない」場合。これだと、読み上げブラウザーは何も読み上げません。目が見えたらこんな事には気付きませんよね。

これをご覧の皆さんも、インターネットは目が不自由な人も「読み上げブラウザー」を使って閲覧するという事を、少しだけ覚えておいていただき、インターネット上のバリアフリーに一役買っていただければ、幸いです。

土曜は、その友人と昼ごはんを食べる事にしています。積もる話も色々あるでしょうし、楽しみですね。

そして妻ですが、今日は歯科の定期健診に行ってきたそうです。雨が降っていたので、徒歩で行ったそうですが、思いのほか疲れてはいないようですよ。

そういう場合、翌日に疲れが来たりする事もありますから、明日は注意が必要ですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

私の職場は病院です。そして、毎日色んな人とコミュニケーションをとる必要がある仕事なのですが、この仕事を何年やっていても、コミュニケーションの難しさは毎日実感させられます。

時たま、「相手と上手く雑談する事がコミュニケーションである」と思っているような人がいますが、そういう人に限って、自分の好きな事をただひたすらしゃべっているだけなのです。

患者さんは、たとえ自分に興味がない事であろうが、病院のスタッフがしゃべりまくったら、それなりに話を合わせてくれますよ。こちらの好きな事をただしゃべるだけが、コミュニケーションなのでしょうか。私は違うと思います。

もちろん、友人や夫婦間でも同じでしょう。だからと言って、ただだまって聞いていればいいかと言うと、それはそれで、コミュニケーションとしては成立しませんよね。

仕事の上では、本当にコミュニケーション能力が高い人というのは、相手に気持ちよくしゃべってもらいつつ、ただの雑談ではなく、上手に「こちらにとって必要な情報」を引き出せる力を持っている人だと思います。

友人や夫婦間では、「こちらに必要な情報」を聞き出す必要などないんですし、仕事の場合と違って、なるべく双方向で会話した方が有意義な時を過ごせますね。ですからその場合は、「相手の返事から、上手く言葉を拾って、再び相手が興味ある話題につなげられるような言葉を投げかけられる」という感じになるかと思います。

いつもこう上手くできれば、仕事も夫婦仲も安泰なんですが、実際はなかなかそう上手くはいきません(苦笑)。それでも、仕事の場合でも夫婦や友人の場合でも、「まず相手の話を聞く」というのが、コミュニケーションの入り口である事は間違いありません。入り口を入り間違ってしまうと、自分だけ楽しくて相手はつまらないとか、有効な情報交換ができないとか、とにかくコミュニケーションとしては、いまいちな結果になってしまいますね。

かくいう私も、以前は妻から「自分の事をしゃべるばっかり」と言われていたのです。こういうのって、自覚する事が大変難しい事ですから、それ以来かなり気を付けました。今どうなっているかは……妻のみぞ知る、というところでしょうか(笑)。

その妻ですが、今日は「暑い」「だるい」を連発しています。この時間で室温20℃程度。これは別に暑くはないんですが、湿度が80%で、これがきついみたいです。湿度の高さには、なかなか慣れるのは難しいようです。

来週月曜か火曜くらいまではぐずついた天気が続くようですから、体調を崩さないように気を付けないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日は少し寒い1日でした。今朝もちょっと冷えましたが、昼からはかなり暖かくなりましたね。風は強かったですが、天気もよく春らしい1日でした。

とは言え、私が住む辺りではまだほとんど桜が咲いていません。アパートのすぐそばには中学校があって、桜並木があるんですが、まだ全然です。この分だと、入学式の頃にちょうど見ごろでしょうか。最近は桜が早く咲きすぎて、入学式の頃には既に散っている事が多いですが、桜が舞う入学式というのは、やはりいいものですね。

ところで、結婚してもうすぐ2年で、学んだことと言いますか、「こうすると妻とのコミュニケーションがスムーズにいく」と思った事があります。それは、妻が何か言った時、自分の意見を言いたくなったら、まず「うん、確かにそうだね」と言う、という事です。

私に限らず、男というのは、ともすれば自分の意見だけを言いたくなるものです。女性から愚痴を聞かされて、女性の側は全くアドバイスなんて求めていないのに、「俺様基準」のアドバイスをして、嫌な顔をされる、なんていうのは、誰でも経験があることでしょう。

私も、かなり自分の意見を言いたがる方ですから、当初は妻に散々言われたものです。なので、自分の意見を言いたくなったら、必ず「うん、確かにそうだね」と言うのです。そうすると、自分の意見を言う前に、妻の意見をよく理解し、妻主導で会話を続ける事ができますし、あるいは多少反論したい気持ちになっていても、静かに同意の言葉を言う事で、その気持ちを静められます。

もちろん、妻が明らかに何らかのアドバイスを求めている時は、できるだけ適切な自分の意見を言ってあげる方がいいんでしょうけど、実はそういう場面ってそう多くはありません。

そもそも男の「自分の意見」って、結構危険です。男が女性に対して言うのって、えてして相手の事を何ら考慮しない、ただの一般論だったり、ただの正論だったりする事が多いのです(私がそうなのです)。そんな意見を、何も考えずに言っていては、間違いなく衝突の元です。

会話は言葉のキャッチボール。女性は、男の腕力で力いっぱいボールを投げ返されるより、まず優しく受け止めて、その後に落ち着いて「楽に取れるようなボール」を投げ返してくれる事を求めているんじゃないかと思います。そのためにも、「うん、確かにそうだね」と、まず頷いて相手を肯定するというのは、とてもいいと思っています。

あ、妻の体調は、昨日よりはいいようですよ。ウクレレの弾きすぎで、ちょっと手首が痛いみたいです。私がちょっと筋肉と関節を調整してあげましたが、使い過ぎの痛みには安静が一番なので、そこは多少加減してもらわないといけませんね(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日は最高気温が20℃に迫る暖かさで、桜の開花も一気に本格化しそうな陽気でしたが、今日はまた少し寒さが戻ってきました。妻は、「暑い。夏だ」と言っていましたが、さすがに夏は気が早いです(笑)。恐らく、この土日は市内の桜の名所は、花見客でごった返すでしょう。

私はと言いますと、3週連続でセミナーやら何やらで日曜はゆっくりできませんでしたから(妻のお母さんが来ていた時は、それなりにゆっくりしていましたけど)、今度の日曜はゆっくり過ごす予定です。サッカーの速報でも見ながら、好きな音楽でも聞きましょうか。

妻は、今日帰って来た時にきくと、かなり調子が悪いと言っていたんですが、今は比較的元気です。夜割合楽しそうに過ごしてくれるのは、何よりです。とはいえ時々、体調は悪いのに、精神的に妙に「ハイ」になって、後で反動が来る事もあるので、そこには注意しないといけませんが……。

明日から4月、新年度です。私の職場にも、2名の新人が入ってくるようですよ。ただ、部署が違うので、一緒に仕事をする事はない上、私の部署は一人が移動になるので、スタッフ一名減の、結構忙しい状況がしばらく続くみたいです。「みたいです」って、他人事じゃないんですけどね(笑)。

さて、私の職場はスタッフ数が大変多いんですが、職員数が多いと、どうしても合う人合わない人が出てきます。少ないと、好むと好まざるとに関わらず、全員と仕事上関わらないといけませんが、多いと気に入った人とだけ関わっていてもなんとかなりますからね。

それは仕方ないんですが、休憩室などで陰口を言い合うところに出くわしたりなんかすると、こちらの精神力まで吸い取られてしまいます。言っている本人たちはストレス解消のつもりなんでしょうが、陰口って本当に周りに「負のオーラ」をまき散らしますよね。言っている人たちはそれに気が付かないという……。

以前にも書きました通り、「人は自分が言葉に出した通りの人になる」のです。いつも陰口ばかり言うと、自分自身の人格が下がっていってしまいますし、それ以前に、陰口をいつも言うような人と親しく付き合いたいとは思えませんよね。だって、私のいないところでは私の陰口も言っているかも知れない、と考えますから。

人の事をどうこう言ったりせず、自分の仕事だけに一生懸命に、新年度も頑張りますよ。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります