今朝は、朝から30℃近い暑さ。連日朝から暑いので、妻は8時半には目が覚めているようです。いいのか悪いのか……。

これで夜すっと寝付ければいいんですが、そう簡単に行かないのが辛いところです。何かいい情報でもないかと探していたら、私がFacebookで入っている双極性障害のグループで、寝る時にいいらしいBGMの動画が紹介されていました。



昨日、iPad miniで早速かけてみたところ、妻は割とすっと寝付けたようで、好評でした。環境音と、チベタンボウルというシンプルな楽器?の共鳴音だそうで、変にメロディがある曲より、こういう方が睡眠にはいいのかも知れませんね。

さて今日の診察。昨日から妻は夏風邪気味で体調がよくなく、今日はちょっといらいらしている感じでした。なので、私が1人で診察へ。今日は新患がいたようで、少し待ちました。

この1か月安定していた事を伝えると、ラミクタールが50mgから75mgに増量となりました。ラミクタールに続き、恐らくデパケンRも増量し、抗鬱薬や抗不安薬はなるべく減らし、感情調整薬だけのシンプルな処方を目指したいようです。

今回の処方はこうです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・デパケンR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mgx3

ラミクタールが増えた以外は、変化なし。フルニトラゼパムは、まだ余りがあるため、今回処方なしです。

帰宅途中に買い物。今はトマトが旬ですし、トマトはとても体にいいですから、トマトを使った献立にしようと思い、今日はトマトソースのスパゲティ。明日はミネストローネにしようと、あれこれ買いました。

170711トマトソースのスパゲティ

茄子も入れてみました。夏っぽいですが、いつもの事ながら私は盛り付けが下手ですね(汗)。まあ、妻にも美味しく食べてもらったので、良しとしましょう。

妻は今日もお絵描きに熱中しています。昼過ぎにあった強いイライラ感は、少し治まったようです。ラミクタールが増えて、さてどうなりますか。次の4週間も、安定して過ごせればいいのですが。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は診察日。ですが、みぃが足を怪我しているため、私が1人で行く事に。2人で行くと、帰宅した時みぃが興奮しすぎて、足をさらに痛めかねませんからね。

そのみぃですが、ベッドやソファーに上るためのステップが、今日届きました。最初は思った通り、せっかく設置しても使ってくれませんでしたが、しばらくおやつで上手く上るように仕向けたりしたところ、案外スムーズに使ってくれるようになりましたよ。もっとも、興奮した時はやっぱり飛び乗ったり飛び降りたりするかも知れませんが……。

妻の調子自体は、今日はまずまずです。ただ、「最近気分が上がったり下がったりの周期が短くて、非常に疲れる」との事なので、それだけを主治医に伝えました。

すると主治医の説明は以下の通り。
抗鬱剤や安定剤は一時しのぎに過ぎないから、気分安定薬でコントロールできるように持っていきたい。セレニカR(バルプロ酸ナトリウム)とラミクタール(ラモトリギン)を両方増やしたいが、今回は気分の落ち込みに対処したいので、ラミクタールを増やし、セレニカRはデパケンRに変更する。ラミクタールは主に鬱を防止、セレニカR(デパケンRも)は主に躁状態を防止する気分安定薬である。

なぜデパケンRに変更するか。セレニカRもデパケンRも一般名は同じバルプロ酸ナトリウムだが、セレニカRは一日一度しか服用できないように決まっているのに対し、デパケンRなら二度分服ができる(代謝のされかたは、デパケンRの方が早い。分服の規定については、厚生労働省への届け出の関係でそう定まっている)。量を増やし、二回分服で血中濃度をコントロールしたいので、今回はまずセレニカRを、用量同じでデパケンRに変えてみる。

その上で、ラミクタールを倍量に増やす。これで50mgだが、将来的には100mか200mgにまで持っていって、抗鬱薬や安定剤を使わずに、これで安定させたい。

ラミクタールは増やして、デパケンRは薬を変えるだけで用量が同じなのは、両方増やしてしまうと、何か変化があった時に、どちらの薬の影響か分からないから。ラミクタールが落ち着いたらデパケンRも増やす予定。

……という事です。分かりやすい説明でした。その他、睡眠薬であるフルニトラゼパムは、なるべく半量を使うようにしていて、今結構余っているので、今回は処方なしです。そんな訳で、今回はこういう処方。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・デパケンR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mgx2

帰宅して、夕ごはんは豚丼と、昨日作っておいたポテトサラダ。最近、味付けにはあまりごてごて足さず、基本的な調味料だけでやるようにしてみたら、妻はその方が美味しいと言っていました。今日の豚丼も、酒、塩、砂糖、醤油だけです(にんにくも使いましたが)。普通ならここに、オイスターソースだの中華だしだの入れたくなるところですが、過ぎたるは及ばざるがごとし、という奴でしょうか。

ラミクタールを増やした事で、気分の落ち込みが減ってくれるといいんですが、ラミクタールは皮膚の副作用が懸念されますから、そこには十分注意しないといけません。さてまた4週間どんな感じになるでしょうか。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は4週間に一度の妻の診察日。仕事を昼までで終え、妻のリクエストでホットケーキを焼きました。3枚焼くんですが、3枚目はココアを入れます。美味しいですよ。

ホットケーキは、生地にヨーグルトを少し混ぜても美味しくなります。よりふっくらとした食感になるんですよ。ヨーグルトって、焼くとチーズになるらしいですから、そのせいでしょうか。

そして、2時半くらいに今回は一人で出発。今日の妻は、かなりお疲れなのです。

診察では、体も頭も重い感じがして、とにかく体が動かせない事を言いました。主治医曰く、アモキサンの作用かも知れないが、妻の場合、ラピッドサイクラーで波が激しいので、いきなり薬を変えるのは危険だろう、との事でした。

また、対人関係のリハビリのためには、最初は精神科デイケアのような場所を利用するのがいいかきいたところ、いきなり不特定多数の人と関わるよりは、そういう安全な場所から始めた方がいいでしょう、と言われました。

札幌へ引っ越したら、妻が少しでも外へ出て活動できるように、そういう事も考えてあげないといけませんね。

という訳で、今回の処方。前回と同じです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・セレニカR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mgx1

帰りにちょっと買い物をして帰宅すると、妻は寝室で休んでいました。どこが痛いという訳ではなく、体が全体的にだるいんだそうです。幸い、夕食後には少しましになったようですが……。これからだんだん気温が上がってきますから、妻には辛い季節ですね。

薬が変わっていないのですから、この4週間で大幅に変わる事はないと思いますが、梅雨や夏が来るまでに、もう少し動けるようになってくれればなと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日の大雨とは打って変わって、今日はとてもいい天気になりました。関東では、最高気温が30℃を超えたところもあるようですよ。下関は22℃程度ですから、平年よりは高いと言っても、かわいいものですね。

そんな訳で、今日は妻の診察日。2月3月と私が一人で行ったんですが、今回は3カ月ぶりに2人で診察へ行けました。

今回は診察がちょっと長めでしたね。診察室はそんなに混んでいなかったんですが、どうやら新患さんがいたようです。精神科に限りませんが、初回の診察って時間かかりますからね。

妻は、最近ウクレレに熱中しているという話をしたそうですが、主治医は「それはとてもいいね」と言ってくれたとの事。指と頭を適度に使いますし、体を起こして活動する事に繋がるから、という事でしょうか。実際、ウクレレを買ってからの妻は、以前より横になって過ごしている時間が短くなったような気がしますし。

睡眠薬については、妻はできればフルニトラゼパムを減らしたかったらしいのですが、主治医はその考えには同意しつつ、「睡眠薬を減らすのは、慌てすぎてもよくないから、時々量を減らすくらいから始めるのがいい」と言われたそうです。

そんな訳で、今回の処方はこうです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・セレニカR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mgx1
・セニラン5mg(頓服)

前回出ていなかったアモキサンカプセルとエチゾラムが、再び処方されています。つまりは、前々回と同じという事です。

(追記)確認したら、頓服のセニランがなくなっていました。今回は割と調子が落ち着いていたからという事でしょうね。いい傾向だと思います。

帰りに、妻のリクエストで日本そばを食べました。この辺りって、あまり日本そばの店がないんですよね。なので、妻はそばが食べたくってしょうがなかったようです。家でもそばは作りますが、お店のそばとはやはり違いますから。

私はかき揚げそばを注文したんですが、妻はかき揚げというものをほとんど見た事がないらしく、珍しがっていました。かき揚げ、美味しいと思うんですが、北海道ではあまり食べないんでしょうか。

次回の診察はまた4週間後です。この4週間も落ち着いて、次回また少し良い方向へ向かってくれたらいいなと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

春分も過ぎ、大分日が長くなってきましたね。出勤時には、鶯の鳴き声が聞こえる時期となりました。春はいい季節ですが、この辺りの地域の春の名物、「黄砂」に、しばらく悩まされる季節でもあります。雨が降った後は、車が凄い事になるんですよね。

三泊四日の記事で載せた写真も、空がいかにも黄砂が飛んでいますという感じの、白くぼやけた色です。これがこの辺りの春の空。気候はよくなりますから、天気が良くて妻の調子がいい日曜日は、またどこか出かけられるといいなと思っています。

さて、今日は妻の通院日。妻はお疲れなので、予定通り私が一人で行ってきました。通院はいつも火曜日で、前回だけ私の用事の都合で月曜だったんですが、曜日が違ったせいか、かなり混んでいまして、待たされました。今日は、混んではいましたが、あまり待ちませんでしたよ。

この一月は割と落ち着いている事、寝つきが悪い事などを主治医に伝え、あとは薬の飲み忘れがあり、エチゾラム、アモキサンが余っている事をお伝えしました。

「ラミクタールを倍量に増やすともっと効きが良くなるんだけど、セレニカも出してるし、この一月が落ち着いているなら、このまま行きましょう」との事。処方はこんな感じです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・セレニカR200mgx2
・ラミクタール25mgx1
・セニラン5mg(頓服)

アモキサンカプセルとエチゾラムが、「2週間分余っています」とお伝えしたんですが、確認してみたら今回出てません。アモキサンは抗鬱薬で、エチゾラムは抗不安薬。双極性障害には抗鬱薬はあまり出すものじゃないというセオリーがあるようですし、抗不安薬も漫然と長々常用する薬ではありません。忘れていただけかも知れませんが、意図のある事かもしれないので、今回はこれで様子をみてみましょう。

帰宅して、夕食を用意したんですが、その頃から妻の調子が急に悪くなってしまい、今は寝室で休んでいます。お母さんが泊まりに来ていた時の疲れが出てきたのか、しばらく落ち着いていたから、反動が出たのか、はたまたアモキサンとエチゾラムが足りないと思って、ちょっと不安になったのか……。

薬はもし足りなければ、またもらいにいく事もできますから、妻の調子をみてそこは考えるつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります