今日の妻は、体調や精神的な調子が悪い訳ではないらしいんですが、かなり疲れている様子です。気温が上がったり下がったり、疲れやすい季節でもありますからね……。

明日は、愛犬みぃを動物病院に連れて行く予定なんですが(フィラリアの薬をもらわないといけませんから)、妻の調子がどうなるか心配です。妻は、みぃのためなら多少の無理はしてしまいますからね。まあ、明日には妻の疲れがとれているよう、祈りましょう。

さて、昨日の夕食はハンバーグを作りました。もちろん、玉ねぎをみじん切りにして炒めるところから始めた、完全手作り。あ、手作りとは言っても、食パンからパン粉を作ったりはしていません(誰がそんな事思うか!(笑))。

170419ハンバーグ下ごしらえ

前日(一昨日)、この状態まで下ごしらえをしておきました。玉ねぎをみじん切りにし、炒めてから冷やし、パン粉には牛乳を振りかけておき、ひき肉を混ぜて……以下略。こんな作業を仕事から帰ってやっていたのでは、夕ごはんができるまでに餓死してしまいますからね(笑)。

そして昨日の夕方、これを焼いて、サラダとスープも添えて、できあがったのがこちら。

170420夕食のハンバーグ

なんか写真だとあまり美味しそうに見えませんが(笑)、おろしポン酢で美味しくいただきました。付け合わせのサラダは、きゅうりと大根、それにマロニーですが、マロニーがゆでるとかさが増えるのを計算に入れておらず、ちと量が多すぎました。それに、彩りを考えたら、大根ではなく、人参の千切りにすべきでしたね。

ハンバーグは、手を抜かずに作ると結構大変なので、あまり頻繁には作れないのですが、自分で手作りしたハンバーグは、やはり格別です。妻にも「美味しい」と言ってもらえました。もちろん、びっくりドンキーのハンバーグも美味しいですけどね(笑)。

明日は午後から動物病院。明後日はまた博多までセミナーを受講に行ってきます。さらに、来週水曜は岡山までちょっと武者修行に行ってきます。

月に2回も3回もセミナーに行ったりするのは、今後は多分もうないと思うので、あまり妻を寂しがらせないようにしないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、朝から大雨でした。最大で1時間に15mmくらい降ったようで、市内でも、川が増水して避難勧告が出された地域もあったようです。

私が住んでいるところは、洪水の心配はありませんが(高台にあるので)、意外な影響が。今日妻は歯医者の定期健診に行く予定だったんですが、雨が強すぎて予定をキャンセルしたそうです。

もし行っていたら、ちょうど帰る時間に一番の土砂降りになっていたはずですから、今日は休んで正解だったかも知れませんね。

さて、今日の夕食です。今日はこれを作りました。

170417夕食のチヂミ

チヂミです。身も蓋もない言い方をすれば、「韓国風お好み焼き」です。この辺りでは割と身近な料理で、よく作ります。焼き肉屋でも、大抵メニューに載っていますね。ニラとキムチが余っていたので、作ってみました。

チヂミは、スーパーで粉が売っていますが、小麦粉と片栗粉で簡単に作れます。小麦粉と片栗粉を2:1の割合でボウルに入れ、中華だしの素を少々入れ、そこに小麦粉の量よりちょっと多めの水を入れ(小麦粉が大さじ6ならば、水は100ccくらいが適当です)、ニラを入れて混ぜて、後は焼くだけです。ホットプレートの方が楽なんでしょうが、フライパンでも十分です。

好みに応じて、キムチやイカの塩辛を入れても美味しいですし、モッツァレラチーズを混ぜても、もちもち感が出ていけますよ。ちりめんじゃこを入れても、独特の風味と食感が楽しめます。今日はチーズを入れてみました。これを、豆板醤少々を入れたポン酢でいただきます。

この手の料理って、上手くひっくり返すのが一番の難題ですよね。最初の頃は、失敗してばかりでした(笑)。まあ、失敗しても食べられなくなる訳ではないので、気合いで作ってしまうのが一番です。今は、コツをつかんだので失敗はしませんけどね。

明日は妻の通院日ですが、帰って来てから夕飯の支度をするのも大変なので、先ほど肉じゃがを作りました。肉じゃがも、色々な作り方を試したんですが、やはり料理の本に出ているような、基本に忠実な作り方が一番いいという結論に落ち着きました。

明日の診察で妻が行けるかどうかは分かりませんが(今日、この天候でもし歯医者に行っていたら、100%疲れて明日は無理だったでしょうね)、今は割と精神的に落ち着いているので、少し薬が整理できればいいなと、個人的には思っています。さて、どうなりますか。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

そろそろ桜が散り始めました。桜は、満開の時よりも、花びらがはらはらと散っている時が一番美しいような気がします。私が住んでいるアパートの前には桜並木があり、階段や通路まで桜の花びらが舞ってきます。

桜が散り始めたのと同時に、つつじもそろそろ咲き始めましたよ。子供の頃は、つつじの花の蜜をよく吸ったものです。今の子供はやらないかも知れませんが……。

さて、私は平日はおおよそ朝7時くらいに起きます。起きたら朝食を食べて(だいたいご飯+納豆+α、という事が多いのです。納豆好き)、その後はおにぎりを作ります。

おにぎりは、合計5つ。私が職場でお昼に食べる分が3つ、妻のお昼の分が2つです。具は、ツナマヨだったり、肉みそだったり、鮭だったり、色々。混ぜるだけでできるおにぎり用のふりかけもよく使いますし、時々ちりめんじゃことか桜エビとかしそわかめも使います。

以前は、おにぎりを朝作るのではなく、夜のうちに翌日のお昼のおかずを作っていました。が、それだと妻がお昼に調子が悪い時、お米を食べないという問題が発生。お米はやはり食べないとよくありませんから、方針転換しておにぎりを作る事にした、という訳です。

5つ握るのに、10分くらいというところでしょうか。最初は文字通り「握って」いたので、固くてとても美味しいとは言えないものができていたんですが、「力で握らず、手に『当てる』」のを心がける事で、以前よりはまあまあ食べられるものができるようになった気がしています。最初は、御飯茶碗にラップフィルムを敷いて作っていましたが、慣れたらラップはなくても作れる事が分かり、今は茶碗に直接ご飯を入れて作っています。

おにぎりを作るこつは、「優しさ」だと思います。直接手で触れて作るものだけに、作り手の気持ちが直接握り具合に反映されると思うんですよね。

ラップを使って直接触らずに作る方法とか、あるいは「おにぎらず」なんてのも流行っていますが、私はやはり、手で直接握るのが、一番美味しいおにぎりができると思っています。ちゃんと手で握ると、作り手の気持ちまでが伝わってくるんですよね。何より、口に入れてふわりとほどけるような、ちょうどいい握り加減は、直接手で握らないと難しいと思うのです。

朝作ったおにぎりで、昼に妻が少しでも元気になってくれる事を祈って、明日の朝もおにぎりをせっせと「優しく」握ります。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日の夜に仕込みを行っていたカレー。いつもは前日にルウを溶いて煮込むところまでやってしまいますが(つまり、翌日はただ温めるだけ)、今回はあえてルウを溶くのは前日にやりませんでした。

今回は、鶏もも肉の煮込みカレー。最近ではあまり鶏もも肉は使わなくなったんですが(脂肪分が多いですからね)、さすがにチキンカレーに鶏むね肉やささみは無理がありますからね。じっくり煮込んだチキンカレーは、私の大好物でもあります。

で、できあがりはこちら。

170327コスモ食品のルウで作ったチキンカレー

なんか見た目あんまりカレーっぽくないですね。ハヤシライスに見えてしまいます。でも、食べてみるとちゃんとカレーです(当たり前ですが)。コクとスパイシーさがあって、かなり美味しかったです。ホテルとかレストランで出てくる欧風カレーっぽい感じですね。

今回ご飯をターメリックライスにしてみましたが、ターメリックライスとの相性もばっちりで、とても美味しくいただけました。コスモ食品の直火焼カレールウ、侮りがたい美味しさです。妻は「辛い」と言っていました。私はそう辛いと思わなかったんですが、後から来るタイプの辛さですね。福神漬けが合うかも知れません。

また、固形ルウと違って脂肪分が少ないせいか、食べた後の皿を洗うのがとても楽でした。当然、環境にも優しいはずです。これも小さな事ですが、ポイントですね。

明日は歯科に行く日なので、明日もカレー。楽でいいです。歯科からの帰りに、セブンイレブンでから揚げでも買って、から揚げカレーにしましょうか。

さて妻の調子ですが、体調は相変わらずいまいち。昨日よりは会話もできていますから、少しいいようですが。スパイシーなチキンカレーを食べて、元気になってくれるといいんですが。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

最近、疲れがなかなか抜けきれなかった妻ですが、ようやく疲れが取れて体調が戻って来たようです。精神的にも、朝はいまいちだったようですが、昼過ぎから上向きになってきたそうです。

今日は少し冷えましたが、気候も良くなりますし、穏やかな春を迎えられるといいなと思っています。

ちなみに、札幌にいた頃の妻は、冬になるとやはり精神的に不調になっていたんだそうですよ。精神医学では「季節性鬱病」というのがありますが、日照時間が少ない冬に、気分が沈みがちになるのは、普通の人にでも見られる現象です。

妻によると、こちらの冬は、風が強い事以外は快適だそうです。まあ、札幌と比べるとね。雪降りませんし。ただこちらにはとても楽しい「梅雨」があります(笑)。梅雨はやはり妻は不調になる事が多いように思えます。梅雨くらいから気温も上がって、少し過ごしにくくなってきますからね。

さて、今日は鶏むね肉とレタスを使って、中華風の炒め物を作りました。安い鶏むね肉でも、塩と砂糖を入れた酒にしばらく漬け込み、片栗粉をまぶしてから焼くと、非常に柔らかく仕上がります。別に難しくはないですが、少しだけ手間はかかります。味付けは、酒とポン酢と中華スープの素と砂糖。要するに酢豚風味です。ちょっと味が濃かったですが、なかなか美味しく仕上がりました。

これを仕事から帰ってやっていると、妻に「よくそんな手間がかかる事するね」と言われました。別に好きで手間がかかる事をしている訳ではないのですが(笑)、前にも書いた通り、やはり料理は一見面倒くさいと思える手間を省かないのが、美味しく作るコツですからね。何においてもそうですが、「面倒くさい」と言ってしまったら、負けなんですよ。

じゃあ料理が好きなのかと言われると、別に好きではありません(笑)。自分ひとりで食べるとなったら、こんな手間はかけないと思います。多分、コンビニ弁当と外食とインスタントのローテーションではないかと思われます(笑)。でも、食べてもらうとなると、やはり「美味しい」と言って欲しいですからね。

私の母も、結婚当初は料理が苦手だったそうなんですが、子供だち(私と弟ですね)に美味しいものを食べさせようと、必死に努力した結果、膨大なレパートリーを上手に作れるようになったそうなんです。料理は別に好きじゃないらしいんですけどね。それが証拠に、一人暮らしの今では、まったく料理をしていません。

誰かのためだと思えば、面倒な手間も惜しまず頑張れる。そして、その面倒な一手間が、料理をもっと美味しくする。私がこの1年半で学んだ事です。「愛情」は「面倒」を超越するんですよ(笑)。

明日の夕ごはんは何を作るか決めていませんが、一手間を惜しまず、妻に美味しいと言ってもらえるものを作れるように、頑張ります。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります