今日は、午後から妻の精神科クリニックの受診日です。前回は
5月の頭でしたが、妻の調子がものすごく悪く、私が代わりに
受診してきました。

しかし今回は大丈夫の様子。割と調子もよさそうですし、せっかく
外に出るんですから、一緒に食事でもして帰れればいいなと
思っています。

さて、妻は双極性障害のせいなのか、はたまた境界性パーソナ
リティ障害のせいなのか、独特の極端な思考パターンがよく
みられます。

一言で言えば「全か、無か」。「何もかもうまくいっているハッピーな
状態か、そうでなかったら死ぬしかない」みたいな、あまりに
極端な、歪んだ認知パターンです。

このせいで、妻は1日の間でも、非常に極端に気分の波が変動
します。すごく気分がいい時でも、些細な事が気に食わなかったら、
すべてがダメになったように思えて、一気に気持ちがマイナスの
方へ触れてしまう、という感じです。

「全か、無か」という事は、「100点満点以外は価値がない」と
いうのと同じです。

しかし、人生はいつも100点でなければいけない訳ではなく、
「ここは60点でもいい」「ここは最低40点とれれば、十分」という
場面も数多いでしょう。

逆に、「ここだけは絶対95点以上取らなくてはだめ」「この場面は
100点満点以外は許されない」という場面もあるはずです。

が、「100点以外は価値がない」と思っていると、当然40点や
60点で十分な場面でも、いつも100点を目指し続ける事になり、
疲れ果ててしまいます。その結果、一番肝心な「100点とらないと
絶対ダメ」な場面では、全然力が発揮できない、なんて事になって
しまいかねません(汗)。いつも100点を目指す生き方は、そうは
上手くいくものではありません。

そういう訳で、妻の調子はなかなか持続しないのですが、ここの
ところどうも、そういう極端な思考パターンが少し薄れてきたように
思うのです。

妻は、ちょっとメールの文章にしても、ものすごーくこだわって書き、
添削や推敲を重ねて、短文でも1時間近くかける、なんてことは
ざらで、その結果疲れてしまう事もしょっちゅうでした。しかし最近は、
「100点じゃなくてもいいや」みたいな、いい意味での力の抜き方が
できるようになってきたように見えます。

もちろん、10年以上双極性障害を患ってきたんですし、これを持続
していくにはまだ時間がかかるでしょうけど、いい兆候だなあと思って
います。

今日の診察が、また何かのきっかけになればいいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

私の妻は、虫が大の苦手です。中でも、ゴキブリは超苦手。まあ、
あれが好きだという人がいるはずもありませんが……(笑)。

そもそも、北海道にはG(以下このように表記します(笑))は
出ないんだそうです。そりゃ、生まれて初めてあんなものに
遭遇すれば、そりゃ驚くに決まってます。

さて、先日久々にGが現れました。台所シンク下の棚です。ここは
しっかり対策していたはずなのですが、よく見ると床のパネル?が
少しずれていました。ここから入ってきたのかもしれません。
連中、わずかな隙間さえあれば、どこからでも入ってくるし、どこに
でも巣を作りますからね。

そいつは私が氷結殺虫剤(うちは犬がいますので、普通の殺虫剤は
使えないのです)で退治しましたが、そこから妻の「徹底G対策」が
スタートしたのでした。

まずは数時間の大掃除から始まり、インターネットで色々調べて、
アロマの精油に虫を遠ざける効果がある事が分かったので、
小さな皿に塩を盛って、そこにアロマオイルを振ってあちこちに
設置したり、さらに「ヒバ」という木からとった「ヒバ油」が、虫以外
にもさまざまな効果があるという事で、それもさっそく注文。

もちろん私もあれこれ手伝いまして、対策は大変ではありますし、
「そこまでやるか?」なものもあったんですが、妻が安心して
過ごせるためですから、私も頑張りました。

Gの皆さまには、ぜひ夫婦の平和のために、これ以上のご登場は
ご遠慮いただきたいんですね。どうぞよろしくお願いします(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

我が家では、料理はほとんど私が作っています。料理というのは、
時間や材料や、それに味、彩りなど、色々なことを同時進行で
考える必要があるため、やはりかなり負担が大きいらしく、時々
妻が料理を作ってくれた時は、手が震えるほど疲れ果ててしまう
のです。

最初は、土日や休みの日だけ私が作っていましたが、今はほぼ
私が作っています。

と書くと、以前からある程度料理が作れるみたいに見えますが、
結婚前は料理などまったくした事がなく、玉ねぎの皮の剥き方さえ
知りませんでした(笑)。

まず朝。6時~7時くらいに起きて2人分の昼食を作ります。前は、
前日の夜のうちに作っていたんですが、妻から「お昼はおにぎりが
いい」とリクエストされ、今は朝作っています。

おにぎりももちろん初めてで、最初は少しつまむと崩れるような
ものを作っていました(汗)。今は慣れて、そんな事はありませんが……。

少しでも楽しく食べてもらえるように、おにぎりに海苔で顔を描いて
みたり、工夫しています。忙しい朝は、そこまで余裕がない事もあり
ますけどね。

そして、夕ごはんは仕事が終わってから作ります。仕事の帰り道に
メニューを考えつつスーパーに寄って買い物。帰宅してからなので、
あまり手がかかるものは作れませんが、ご飯は妻が炊いてくれて
ますし、前日に準備できる時はしておいて、なるべく手際よくできる
ように頑張ります。

長らく料理をした事がなかった私としては、献立を考えて買い物を
するというのが、最初はかなりの難業でしたが(やり繰りの事も当然
考えないといけませんし)、ようやくある程度慣れてきた気がします。

作る側としては、なるべく工夫しておいしいものを、と思ったりもするん
ですが、あまりやりすぎると妻の精神的負担になるようで(精神科の
医師にも言われました)、あまり帰宅してから手をかけすぎないように
心がけています。

ちなみに、昨日は鶏もも肉のソテーを作りました。これは我ながら
かなりおいしくできて、妻からも大好評。おいしく食べてもらうと、
私も嬉しくなってきます。

なお、料理は頑張っていますが、私の掃除はかなり適当です(汗)。
なので、掃除では妻にいつもお世話になっています。妻から、「これじゃ
一人暮らしの時は、部屋はぐちゃぐちゃだったでしょ」と言われて
ます。はい、おっしゃる通りで(笑)。

今日は日曜ですから、夜はじっくり料理できますね。季節がら、
さっぱりしたものを作るか、それとも手の込んだものにするか、色々
考えてます。

楽しんで作って、2人で楽しんで食べられればいいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、私の妻がどんな女性かを、少しご紹介しますね。

妻は30代。私より9歳年下です。時折ジェネレーションギャップを
感じます(笑)。

生まれも育ちも北海道札幌市。なので暑さと湿気には大変弱く、
ここのところの気温と湿度で、かなりダウン気味です。

双極性障害はI型ラピッドサイクラーとの診断ですが、この病気の
人によくあるように、この診断がつくまでは結構かかったようで、
最初は適応障害と言われたんだそうです。最初の結婚の時、
夫だった男性からひどいDVを受け、それがきっかけで発症
したんだとか。

この時の治療中、臨床心理士からは、境界性パーソナリティ
障害(BPD)と言われたそうです。今の主治医からはそうは
言われてないのですが、BPDと言われると、なるほどと思える
ところは結構見受けられます。

BPDについては、またおいおい記事で書いていきますね。

妻の趣味は、オカリナ演奏。結婚前にほとんど寝てばかりの
生活をしている頃、ストリーミング生放送サイト「ニコニコ動画」で
オカリナ演奏をする放送を見て、その音色に魅せられたんだ
そうです。

早速購入して、少しずつ練習を始め、自分でもニコ生で放送を
するようになりました。私も実は、妻がオカリナを始めるきっかけに
なったオカリナ放送にはずっと通っていて、そこで妻と知り合った
のです。

まあ、そこらへんの詳しい話は省略で(笑)。

とにかく、よく妻に怒られます。最近は少しマシになりましたが、
時折怒られた理由がよくわからない事もあります(汗)。
ちなみに、私は妻を怒った事は、一度もない……はず(笑)。

それでも、結婚当初に比べると少しは状態がいいんではないかと、
私は前向きにとらえています。もちろん、波はあるんですけどね。

普通の夫婦みたいに、外に一緒に出掛けるというのがなかなか
難しいので、日常の些細な事を2人で楽しめるように、なるべく
心がけているつもりです。と言うほど簡単ではありませんが。

妻については、また時々書いていくつもりです。私は、なんだ
かんだで割とうまくいっている夫婦だと思っています。妻に
きくと「はあ?」と言われるかもしれませんが(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

さて、まずは記事を書いている私の自己紹介をば。

私は40代男性の医療技術者です。妻とは去年の6月に結婚しました
から、もうすぐ1年ですね。「真」は本名の1文字をとっています。

生まれは四国の徳島県。今は山口県の下関市に住んでいます。
下関には小学生から住んでいますから、ほぼここが「育ちの
故郷」という事になります。下関市内の某病院に勤務しています。

下関に来る前は、香川県にいました。香川には学生時代も住んで
いましたので、合計6年くらい住んで、山口の次に長く住んで
います。香川にいる間にうどん屋は100軒以上食べ歩いて、
有名なところは全部知ってますよ(笑)。

趣味は、楽器演奏(ピアノ、フルート)、マジック(手品)、サッカー
観戦、クラシック音楽鑑賞。ピアノは、子供の頃と、結婚するまで
習っていました。そのわりにあまり上手くありません(笑)。

フルートは今も習っています。これもあまり上手くありませんが、
所属するフルートアンサンブルグループでは、アルトフルートを担当
しています。最近は、オカリナが好きな妻に教えてもらって、オカリナも
少し吹いています。本格的に練習している訳ではないので、これも
大した事はありません。

フルートアンサンブルや、フルートオーケストラの編曲もやっています。
が、去年使っていたMacが故障してしまい、編曲とか作曲はしばらく
ご無沙汰です。

マジックは、クロースアップ(テーブルマジック)で、トランプ(カード
マジック)が主体です。時々コインとか輪ゴムもやりますが……。
今はメインの観客は妻ですけど、以前は慰問演奏会の司会で、
演奏の合間にマジックをやる、なんて事もしていました。DVDも
結構持っていますが、結婚してからは買ってないですね。

まあ、買っても、トリックを知っただけで満足してしまい、結局いつも
同じマジックしかやっていませんから(笑)。

サッカーは、地元山口のレノファ山口FCと、6年住んでいた香川に
あるカマタマーレ讃岐を応援しています。どっちのチームも、今は
J2ですが、地域リーグにいた頃から応援していたんですよ。
スタジアムへ行くのも大好きですが、これも結婚してからはなかなか
行けません。今年は、1試合くらいは見に行きたいなあと思って
います。

クラシックは、実家に帰ればCDが1,200枚くらいあります。わりと
いいオーディオも持っていましたが、今は同じくクラシックが好きな
一人暮らしの母に貸しています。古典派が好きで、ブログアドレスの
「hitofuta1770」の「1770」は、ベートーヴェンが生まれた年です。

それと、プロテスタントのクリスチャンです。所属教会には今事情が
あって行っておらず、ちょっと遠い教会に月に一度くらい通っています。
以前は礼拝でオルガンを弾いていたんですよ。

とまあこういう感じです。妻との毎日は、大変な事も多いですが、
それ以上に楽しい事もあり、日々忙しくも充実しています。これから、
妻の病気の事や、治療の事、趣味の事、他愛のない日常など、色々
書いていくつもりです。愚痴めいた事は書かず、基本前向きで行きたいと
思っています。

どうぞよろしくお願いします。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

所用により急に中止したブログを、再開する事にしました。
タイトルは前と同じです。旧約聖書「コヘレトの言葉」から、
私が好きな聖句です。

私は40歳男性の医療従事者。妻は30代で、双極性障害I型
ラピッドサイクラーの診断を、10年以上患っています。以前、
臨床心理士から「境界性パーソナリティ障害」との指摘も
受けました。

それと、ヨークシャーテリアの愛犬「みぃ」(7歳♀)を飼って
います。結婚前から妻が飼っていた子です。毎朝お腹が空くと、
寝ている私を起こしに行きます。妻を起こしても無駄だと分かって
いるのか、決して妻を起こそうとはしません(笑)。

妻は双極性障害で、BPD(境界性パーソナリティ障害の略)から
来ると思われる感情の激変などもあって、大変な事も多いん
ですが、夫婦揃って日々楽しく過ごせるように、いろいろ頑張って
います。

よろしければお気軽にコメントをくださいませ。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります