今日は仕事の後、歯医者へ行きました。まだしばらくかかり
そうです。あまりにも治療に手間がかかるため、これからは
面倒くさがらず、定期的に歯科へ通おうと、固く決心している
次第です。

さて、ここ数日の妻は、心とか体の調子がどうこういうよりも、
睡眠障害に悩まされています。

双極性障害でも、うつ病でも、気分障害には睡眠の障害が
つきものです。そして、これがなかなか普通の人には理解し
てもらえにくいのです。心の問題(離人症とか、希死念慮とか、
精神的抑制とか)に比べると、分かりやすいかと思いきや、
眠るのに苦労した事のない人には、これほど理解できない
症状もないようです。

私が以前、鬱で苦しんでいた時、職場で同僚に「そんなに
眠れないなら、夜ジョギングでもすればいいだろ」と言われて、
唖然とした事があります。鬱で苦しんだ経験がある片なら、
「ジョギングができる元気があれば、そもそも精神科なんか
行くかい!」と言い返したくなる気持ちを、お分かりいただけ
るでしょうか。精神科に通っている人間に対して、「ジョギング
したら」と言ってしまう医療従事者がいるという(苦笑)。

話がそれました。妻の場合は、入眠障害です。現在3種類の
睡眠薬が出ているんですが、それを服用してもなお、夜の2時、
3時まで眠れないようです。

なので日中はふらふら状態。睡眠障害を経験していない人は、
「日中そんなに眠いなら、夜まで我慢してたら夜は眠れるで
しょ」などと言うのですが、日中眠くても、床に入ると眠れなく
なるというのは、経験された方ならうなずいていただけるで
しょうか。

妻には、トリアゾラム0.25mg(ハルシオンですね)が出ていま
して、これは非常に早く効き、効き目も強い睡眠導入剤なので
すが、夜の2時~3時まで眠れないという事は、もうトリアゾラ
ムは抜けかかってますよね。効いていないんでしょうか。

なお双極性障害では、一般に早朝覚醒が多いらしいですが、
妻の場合には早朝覚醒はほとんどありません。たまーに、朝の
6時くらいに起きて、私を驚かせる事がありますが、今までに
数日あったかどうか、というくらいです。

私自身も睡眠障害で長く苦しみまして、苦労して今は睡眠薬
なしで眠れているんですが、薬が効きにくい時期ってあったり
しますよね。かと言って、際限なく薬を強くする訳にもいきませ
んし、悩みどころです。

眠りは心の調子にも直結するでしょうから、アロマやハーブ
ティーを使い、少しでも眠りやすくなるような環境を整えて、何と
か眠れるようにしてあげたいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日の下関は、最高気温を記録したのが朝5時で、あとは
どんどん気温が低くなっていくという、摩訶不思議な気温の
1日でした。こんなこともあるんですね。

さて、今日は私の母の話でもしましょう。母は今度の3月で
70歳。両方の人工股関節の手術をしていまして、身体障害
者3級ですが、まだまだ元気です。先日、念願のiMacを買い、
今一生懸命使い方を覚えているらしいですよ。

その母ですが、数年前にアルコール依存症になって、大げ
さでなく、我が家は一家崩壊の一歩手前まで行った事が
あります。

そもそもは、父が脳梗塞で倒れたのが発端でした。父は、
長年糖尿病を患っていて、母がいろいろ工夫したり、節制
するように言い聞かせたりしていたんですが、まるで聞く耳を
持たず、全然節制できませんでした。

なので、脳梗塞で父が倒れた事は、言ってみればほとんど
必然だったんですが、その後の母のストレスが一層きつく
なったんですよね。

幸い、父の後遺症はそれほど重くなく、歩いたり、風呂に
入ったり、日常の事はできていましたし、少し聞き取りにくい
とは言え、言葉もしゃべれていました。が、「高次脳機能障害」
というのが残ったんですよね。これが厄介だったのです。

これで母のストレスが強くなり、アルコールに依存してしまっ
たんですね。

私は、父が脳梗塞で倒れてしばらくして、実家へ呼び戻され
ました。やはり色々大変だったんでしょう。私は実家から車
で5分のところで一人暮らしをしていたんですが、親のためだ
と思って、実家に戻ってきました。

まあしかし、色々大変でしたよ。母の依存症がだんだん酷く
なるにつれ、料理もまともにしなくなったり、休みの日は、
家にいるのが嫌で、朝から晩まで車で山口県内を走ったり
していました。

ちなみに、私はフルートを習っていますが、習い始めたのは
この時です。父は脳梗塞の後遺症、母はアルコール依存症で、
私もストレスがたまっていて、「新しい楽器でもやるか」と思った
んですね。

今から思うと、この時フルートを始めていなかったら、妻とも結婚
していなかったでしょうから、めぐりあわせというのは不思議な
ものです。

ある日、とうとう業を煮やした私は、職場から依存症専門の
病院へ電話をかけ、強制的に入院させたのでした。この辺りが
一番大変でしたね。この間、家のお金は全て私が出していまし
たし。

この時は本当に「酒というのは、何と恐ろしいものだ。悪魔の
水だ」と心底思いました。私も、週に1回くらいはお酒飲みます
けどね(笑)。

ちなみに、たくさん飲めばアルコール依存症になるのかという
と、そういう訳ではありません。時々飲むだけでも、依存症になる
人はいます。

では、その分かれ目は何かといいますと、「楽しんで飲んでいる」
なら、ある程度たくさん飲んでても大丈夫なのです(肝臓は悪く
するかも知れませんが(笑))。が、「お酒をストレス解消にして
しまう」と、危ないです。それこそが、依存症への入り口です。
「悪いとは思いながら、ストレスで飲まずにおれなくて」という
人は、要注意です。母が、まさにそのパターンでした。

未だに、飲酒運転でつかまる人が後を絶たないようですが、
酒は本当に恐ろしいですよ。人間を変え、家族を崩壊させる
ところまでいきますから。

ま、「酒は飲んでも飲まれるな」という事で。家族崩壊の一歩
手前まで行ったわりに、何という安っぽい教訓(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は昼から、ピアノ発表会へ行ってきました。今は習って
ないんですが、10年以上ずっと通っていた教室の発表会が
今日あったのです。

去年は都合がつかなくて行けなかったので、今年は何とし
ても行きたかったんですよね。子供たちも、娘のように可愛
がっていた子ばかりですし、どれだけ上手くなったかも楽し
みでしたし。

会場は、下関市の市街地にある、「下関生涯学習プラザ」。
私が習っていた頃は、昼の1時過ぎから開演だったので、
1時に着けばいいかなと思っていたら、なんと参加者があま
りにも増えて、午前11時にはもう始まっていたのでした!

会場では、懐かしい子供たちや、お母さん方、それに先生に
もお会いしてお話ができて、とても楽しい一時でした。

それに当然の事ながら、子供たちがあまりにも上手くなって
いて、もうびっくりでしたね。私が習っていた当時から、コン
クールでも何度も入賞しているほど上手い子が2人いまし
て、1人はベートーヴェンの「熱情」ソナタの第3楽章、もう
1人はショパンのバラード3番を弾いていたんですが、この
選曲だけで仰天ものです。

特にバラード3番は、実は私も(命知らずな事に)弾いた事が
少しあって、曲の細かいところまでよく知っているんですが、
演奏の立派な事に驚きました。「指はよく回ってるけど、なん
か無理してる感があるなあ」という演奏ではまったくなく、もう
堂々とした表現、演奏ぶり。この子はまだ中2(あれ?中3
だったっけ?)ですが、将来が本当に楽しみです。

発表会の後は、楽器店に寄って、妻に頼まれていた楽典の
本を買いました。妻がオカリナを本格的に吹く上で、楽典は
やはり絶対に勉強しておいた方がいいですからね。私も、復習
のつもりで一緒に勉強しようと思っています。

その後はケンタッキーに寄って、フライドチキンを買って帰宅
しました。ケンタッキー妻のリクエストで、ものすごく久々。これ
も、時々食べると美味しいですね。時々とかいうレベルではな
く、私は30年ぶりくらいに食べた気がします(笑)。

帰宅して妻にきいてみると、今日は時々通っている教会の
牧師と、女性役員の方が突然訪ねてきて、妻と色々話をして
くださったんだそうです。去年のクリスマス礼拝の時、私が
牧師に妻の事を相談した時、「一度お宅にうかがって、奥様
とお話をさせていただきましょう」と言われたんですが、突然
だったので驚きました。

妻にきいてみると、とてもいいお話がきけたようです。これに
ついては、明日の記事で詳しく書くつもりです。

久々に懐かしい人々に出会えて、音楽もたくさんきいて、今
日は元気を充電できました。また1週間、しっかり仕事します。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、昼まで仕事をした後、職場近くのイエローハットにて
ブレーキランプを交換しました。

朝の通勤時、自宅の坂を下りてすぐの交差点で止まっている
と、後ろの車に乗っていたおじさんが、車を降りて、私の車の
窓をこんこん叩くのです。

何事かと思ったら、「ブレーキランプが切れちょるよ」(方言)と
言われてしまいました。自分では分かりませんから、ありが
たい事です。

ブレーキランプは、800円くらいですぐ交換できましたので、
そのままモスバーガーへ。妻のリクエストで、久々に(結婚
してからは初めてかも?)モスバーガーを買いました。マクド
と違って、注文を受けてから作るので、やっぱりおいしいです
よね。

その後、妻とオカリナを練習。録音も試してみました。なかな
かいい感じに録音できたので、近々動画作りに挑戦できそう
ですよ。

それから、天気が良かったので、これまた久々に、妻と一緒に
愛犬みぃの散歩。散歩コースはいつも同じで、みぃも覚えて
しまっています。

170128散歩中のみぃ

散歩中に撮った写真です。ちょっと耳が切れてるのが惜しい
ですが、表情は結構気に入っている1枚です。部屋で寛いで
いる時なら、割と撮りやすいですが、外だとかなり動き回りま
すから、写真を撮るのも一苦労。

そんな訳で、午後は色々楽しく過ごす事ができました。妻が
疲れすぎないか心配ですが、夜はゆっくりする事にしましょう。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

2、3日朝はかなり冷え込んでいましたが、今日は寒さも
一段落。その代わり、日中は冷たい雨と風で、むしろ昨日
よりも寒く感じました。

仕事が終わる頃には日も射して、穏やかな天気になって
いました。そして気付けば、かなり日が長くなってきました。
もう数日で立春ですし、ぼーっとしていたらあっという間で
すね。

今日は、妻が夕飯を用意して待っていてくれました。妻お
得意のキムチ鍋。下ごしらえに一工夫してくれたようで、と
てもおいしくいただきました。残りは、明日うどんにする予定
です。

ただ、妻の調子がいいかというと、そういう訳でもありません。
強い抑鬱はないようですが、抑制、つまりは億劫感が強く、
寝床から起きるのも一苦労のようです。

鬱状態の精神症状には、大きく分けて
1) 不安感・焦燥感
2) 抑鬱気分
3) 抑制(億劫感)
の3つあります。

そして、うつが治る時は、1→3の順に軽くなっていきます。

ところが、不安や焦燥がなくなり、抑鬱気分が軽くなっても、
3)の億劫感は、なかなかよくならないんですね。下手をする
と、日常生活はまずまず送れるようなレベルになっても、長々
と億劫感が残る事も珍しくないそうです。

この億劫感の改善にも段階があって、最初は何もする気が
起きず、続いて何とかそれなりの事はやる事ができるように
なり、その次にある程度持続してやれるようになり、最後に
ようやく「面白い」という感覚が戻って来て、毎日に「生きがい」
が出る、と、こういう順序らしいです。

言い方を変えますと、重い鬱だと、人間が生きるという根本に
障害が出てきて、軽くなるにつれ、人間が人間らしく生きる、
高等な感情が回復する、という表現もできるでしょう。

だから、食欲が落ちたり、睡眠障害が出るというのは、割と
早めに回復しても、「趣味が楽しい」「仕事にやりがいがある」
なんてのは、回復しにくいと言える訳です。

困った事に、早めに改善する不安・焦燥感には抗不安薬、
抑鬱気分には抗鬱剤があるんですが、億劫感に効く薬という
のがほとんどないのですね。という事で、軽いうつ病でも、
長く億劫感が残って苦しむ方は多いようです。

一時期の強い鬱よりはいいとは言え、何をするにも億劫では、
本人も辛い事でしょう。気候がよくなるにつれ、少しでも色ん
な事に興味を持ち、少しずつ続けられるようになってくれると
いいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今朝も気温0℃の寒さでした。連日、車のフロントガラスに
霜が張っているので、朝は少し早く出ないといけません。
それでも、職場までは道が混んでいなければ5分なので、
楽です。通勤時間が長いって、仕事始める前に疲れます
からね。

今までで一番通勤時間が短かったのは、働き始めて2年目
の冬くらいから、2年間でした。病院の宿舎に住んでたので、
通勤時間はわずか30秒。夜には、病院待合室の自販機に
飲み物を買いに行ったりしてました。霊安室の横を通って(笑)。

さて、先日妻のリクエストでハーブティーとティーカップを買
いました。ハープティーはブレンドものを2種類。眠りをよく
するものと、リラックスできるというもの。

後者に入っているハーブの一覧を見ると、「セントジョーンズ
ワート」の名前が。和名「セイヨウオトギリソウ」。漢字で書け
ば「西洋弟切草」です。「弟切草」という名前を見ると、昔スー
パーファミコンで出ていたサウンドノベルを思い出してしまう
のは、私だけでしょうか。

それはともかく、セントジョーンズワートという名前は、「はて
どこかで見たような」と思っていたんですが、すぐに思い出し
ました。薬の添付書類に、「セントジョーンズワートと一緒に
服用すると、効果が弱まる云々」とよく書かれているんです
ね。

このセントジョーンズワート、抗鬱効果があるらしく、セロトニ
ンを増やしてくれるんですって。薬局で出てくる抗うつ薬と、
作用点は同じなんですね。天然の抗うつ薬として、注目され
ているそうです。副作用もないですしね。

私もちょっと飲ませてもらいましたが、香りも味もよく、ほどよ
くリラックスできました。ちょっと不安な時やいらいらした時
には、とてもよさそうです。

他にも、ラベンダーなんかも入っていました。ラベンダーは、
アロマオイルでもおなじみですが、ハーブにもなるんですね。

ちなみに、弟切草の花言葉は「迷信」「秘密」「盲信」「信心」
「恨み」「敵意」 なんだそうです。あまりいい意味のものはない
ですね。「弟切草」の由来が、兄が弟を斬り殺した、というもの
なので、仕方ないのかも知れませんが。

何にせよ、上手く活用して、妻が穏やかに過ごせる手助けに
なってくれるといいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

数日間、背中の痛みに悩んでいた妻でしたが、今日は
痛みが軽くなったようで、一安心です。背中の痛みって、
怖いですからね。

何でもない痛みなら、10分も手技をほどこせばかなり軽く
なったりしますが、全く変化がなかったので心配していま
した。

そして、今朝出勤の時、車の外気温計の表示は、氷点下
1℃。下関で気温が氷点下に下がるというのは、年に1回
2回あるかないかです。天気が良かったので、昼間はそう
寒くはありませんでしたが。

下関は、周りを海に囲まれているので、気温が下がりませ
ん。では寒くないのかと言えば、冬は強烈な海風に見舞わ
れ、気温より寒く感じる事が多いです。時には10m/sを超え
る強風が吹く事も、珍しくありません。二輪の人には大変です。

私も、昔郵便局で非常勤職員をしていた事がありますが、
冬の風には泣かされました。更に最悪なのが、冬の雨です。
郵便物を濡らしてはいけませんし、手はかじかむし、手袋し
ていたら郵便配れないし、冬の雨は本当に大変でしたね。

明日の朝も、またかなり冷え込むようですが(下手をしたら
今朝より寒いかも)、今度の日曜はかなり暖かくなるようで
す。

今仕事がちょっと忙しい時期ですが、今週いっぱいで一段
落つく予定ですので、来週からはちょっと気が楽になると
思います。何より、妻の背中の調子が回復してきたので、
それが一番安心ですね。仕事中にずっと心配してると、同じ
時間働いても余計に疲れますから。

何にせよ、妻の調子が、心も体も安定してくれるように
祈ってます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、今年最初の診察日でした。前回は私が一人で行っ
たんですが、今回は妻の体調は万全とは言えないまでも、
何とか一緒に行く事ができました。

今回は、かなり強い鬱の期間が長かったせいか、それへの
対処という事なのか、ちょっと処方が変わっています。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・セレニカR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mg(1日おき)
・セニラン5mg(頓服)

ラミクタールとセニランが追加されました。ラミクタールは以前
にも出ていました。セレニカと同じ感情安定薬ですが、セレニカ
がどちらかというと躁に効くのに対し、ラミクタールは鬱を起こさ
ない方向に効く薬です。

とは言え、あくまで「鬱を予防する」のであって、起こってしまっ
た鬱にはあまり意味がないんですよね。

ラミクタールは、皮膚に発疹が出る副作用(スティーブンス・
ジョンソン症候群)が出る事があるので、気を付けないとい
けません。

実際、ラミクタールは以前も服用していたんですが、その時
最初は薬疹と思われる発疹が出ました。今回はどうでしょう
か。

そしてセニラン。聞いた事ない薬だなと思ったら、ジェネリッ
クでした。「レキソタン」という商品名でおなじみの強めの抗不
安薬です。これで安定してくれるといいんですが。

診察の後、最初は妻の希望で買い物に行く予定だったんです
が、ちょっとお疲れだったため、大型ショッピングセンターでは
なく、ちょっとおしゃれな雑貨屋へ。ここで少し買い物をしてか
ら、何度か行っている回転寿司のお店で、寿司を食べました。

妻が言うには、「下関の魚はすごくおいしい」との事。下関は
安くて美味しい魚が売りですから、そう言ってもらえると嬉しい
限りです。

とは言え、この回転寿司店、今月末で閉店してしまうんだとか。
14年くらいやってたお店で、結構流行っていたんですが、残念
です。また別の寿司店を探さないといけませんね。

妻は今、ハーブティーを飲んで一息ついています。これ、リラッ
クスできていいですよ。薬だけでなく、こういうものも上手に使っ
て、少しでも妻の気持ちが安定するといいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今朝は各地で寒波の影響でかなり冷え込んだようですね。
下関も冷えました。最低気温0℃そこそこだったようです。
年に一度あるかないかの寒さでした。全国各地、雪が積もっ
たところも多かったようですね。

が、雪は屋根とか車がうっすら雪化粧したのみ。福岡も結構
積もっていたようなんですが、下関は本当に雪が積もりませ
ん。その分、少しでも積もると大パニックになるんですが(笑)。

さて、妻は精神的にはまあまあ安定しています。が、一昨日
くらいから、腰や背中の痛みを訴えています。

仕事柄、背中や腰の痛みをとる手技はたくさん知っているの
で、あれこれしてあげたんですが、全然効果がありません(汗)。

全然効果がないとなると、ちょっと心配です。背中や腰の痛
みって、大きな病気のサインだったりする事もありますから。
もちろん、単に私の手技が下手くそであるという可能性も否
定できず、それならいいんですけど(笑)。

ただ、妻の頭痛の時もいつも私がやってあげてて、その時は
たいていそれなりには良くなるので、全然変化がないという
のは、ちょっと不安です。

女性ですし、ホルモンバランスの乱れで色々な症状が出る
という可能性もありますから(月経前症候群が代表的ですね)、
しばらく様子を見てみるつもりです。

明日は妻の精神科通院日。前回は私1人でしたし、1週間く
らい前にすごい不調な期間がありましたから、今回はしっかり
診察してもらえるといいですね。妻の調子がよければ、その
後買い物とか食事に行ければいいなと思ってます。

まあ、明日も結構寒いらしいので(天気はよくなるらしいので
すが)、寒さ対策はしっかりして出掛けないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、朝6時に起きて、福岡市の博多まで行ってきま
した。で、行きの電車の中で、「いのちの森の台所」という
本を読みました。著者は佐藤初女さんという方です。

この本、妻がお母さんから譲り受けたものなんだそうですが、
料理に対する心構えに、すごく心が動かされましたし、私の
母が「『ゆでる』と『ゆがく』は違うんだよ」と言っていた理由が、
やっと分かりました。

私の母は、どんなに忙しくても、料理は絶対に手を抜かない
人でした。私が小学生の頃には既に当時は珍しい電子レン
ジがありましたが、「電子レンジを利用しての時短料理」な
ど、一度もした事がありません。

思えば、私は小学生に上がるくらいまで片親でしたから、
母としては、父親がいない分、せめて毎日の食事だけはと
思ったのかも知れません。

母から料理の作り方を直接教わった訳ではないのですが、
例えば私がきんぴらごぼうを作る時、いつも基準にするのは
母の味です。それに、私の母は「忙しくて料理できない」とは
絶対に言わない人ですから、そこも母親から受け継いでいる
のかな、とも思います。私は、忙しいから料理が大変だ、な
んて思った事は一度もありませんから。

「忙しいから料理が面倒」というのは、よく聞く言葉です。し
かし、「忙しいからトイレに行けない」とか「忙しいから眠れな
い」なんて人はいませんよね(笑)。本当に大事なものは、た
とえ忙しくてもおろそかにはしないはずです。

なのに「忙しいから料理が面倒」となってしまうという事は、食
事が大事なものではなくなってしまっている、という事です。
しかし、食事が命そのものだと言う事が分かれば、「忙しいか
ら料理が面倒」なんて事は、思えなくなるはずです。

佐藤初女さんの本を読んでそんな事を思いましたし、私の母も
もしかしたら、そんな事を伝えたかったのかも知れません。本人
は意識してないと思いますが(笑)。

妻は、どちらかというと「食べる」という事に意欲を感じられない
方だと思います。「空腹が紛れればいいや」という感じかも知
れません。

しかし、食べる事は体や心の健康とも密接に繋がります。こ
れから、妻に「三度の食事が楽しい」と言ってもらえるように、
少しずつ工夫し、心を込めて料理を作れるようになれればな
と思います。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります