5月も今日で終わりです。今日は、午前中は昨日ほどの暑さではなく、風もほどよく出ていて、まずまずしのぎ易かったんですが、昼からはやはり5月とは思えない暑さでしたね。

今日の夕食は、チキンライスを作りました。我が家では、鶏肉は基本的に胸肉やささみなど、油分が少ないものを使います。料理法次第で胸肉もささみも美味しくなりますし、年のせいかもも肉は、美味しいけれど胃にもたれますので(笑)。

昨日の記事で、「明日はおろしぶっかけそば」と書いていたのに、なんで? と思われるかも知れません。実は、いつも前日の夜に、翌日の朝と昼の分のお米をタイマーで仕掛けておき、翌朝、私が朝食を食べた後、2人分のおにぎりを作るんですが、昨夜はうっかり炊飯器のスイッチを入れるのを忘れていたのです。朝起きて、「ありゃ!?」となってしまいました。

仕方ないので、仕事に行く時、お昼に炊けるようにタイマーを仕掛けて行きました。妻が昼にご飯を食べたとは言え、ご飯が結構余っていましたので、今日は急遽予定を変更して、チキンライスを作りました。

今日はこの先数日の献立を考えながら、買い物をしました。今日はチキンライス。明日は今日作るはずだったおろしぶっかけそばですが、冷しゃぶ用の豚肉を安く売っていたので、「おろしぶっかけ冷しゃぶそば」。長い(笑)。

明後日は親子丼。明々後日はスパゲティミートソース。だいたいこんな感じです。しかし、どうしてもこの季節、ちょっと麺類とか丼ものに頼り勝ちになります。丼ものも麺類も、塩分が多くなりやすいですから、調理法には気を付けないといけませんね。

もうじき梅雨ですが、じめじめした日は、そうめんなどのさっぱりしたメニューを食べたくなるものです。しかしそうめんだけでは糖分しかとれませんから、サラダ風にするとか、蒸し鶏を和えるとか、これも工夫が必要ですね。

今日、来週水曜午後の有給休暇を申請してきました。昨日も書いた通り、妻の運転免許証更新です。妻は「根性で行くしかない」と言っています。精神科の受診なら私が代わりに行けますが、運転免許の更新は本人じゃないと駄目ですからね。当日、妻の体調が少しでもよくなるように祈っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日も暑かったですね。山口県のお隣、島根県の津和野町では、最高気温が35℃を超えたとか。いくらなんでも、5月の気温ではありません。初夏を通り過ぎて、完全に真夏の暑さです。

去年も暑かったのに、どうにかならないものですかね。今日は全国的に暑かったようで、札幌も最高気温が25℃を超えたようですよ。この気候で、みぃもちょっとお疲れ気味です。犬は夏が苦手だと思いますが、みぃは北国育ちですからね。

そう言えば、童謡「雪」で、「犬は喜び庭駆け回る」という歌詞がありますが、犬が寒いのが好きかというと、妻によるとそんな事はないらしいですよ。みぃは、雪が積もっている寒い日にトリミングに行くと、「固まっていた」そうです(笑)。

そんなみぃの今日の様子。

170530みぃ夏バテ中?

フローリングの床にぺったりと寝そべって、早くも夏バテ気味です(笑)。去年まで使っていた、冷たいシートがあったんですが、みぃが噛んで中身のジェル状のものが出てきてしまい、捨ててしまいました。早いところ代わりを買ってきてあげないといけませんね。

ちなみに下関市の今日の最高気温は28℃くらいだと思います。気温より暑く感じました。妻は当然、へばっていました。明日はへばり気味の妻のために、おろしぶっかけそばを作るつもりです。今日患者さんから、自家製の大根をいただいたのですよ。

こう暑いと、むしろ早く梅雨が来て欲しいと思ってしまいますね。梅雨は梅雨でちょっと鬱陶しいのですが(私はそれほど雨は嫌いではないですけど)、とにかくせめて、平年並みの気候になって欲しいものです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、山口市では最高気温が31℃を超えたようです。下関の最高気温は26.8℃で、慣れている私にはそう大した事はないんですが、妻にはかなりこたえる暑さだった模様。

もうじき6月。梅雨がやって来ます。私は実は梅雨はそれほど嫌いと言う訳ではないんですが、妻はやはり梅雨はかなり苦手みたいですね。北海道には梅雨がないそうですから、無理もない事です。気温よりも湿度がきついんでしょうね。

北海道には梅雨はない、と書きましたが、一度6月に北海道に行った時、その時は三泊四日だったんですが、行程のほとんどが雨にたたられました。まあ、大事な場所に行く時は雨が止んでくれて助かったんですが、気持ちの良い青空は、ほとんど見えず。後からきくと、数十年ぶりの「蝦夷梅雨」と呼ばれる、雨の多い年だったんだそうです。

これを妻に話したら、私は強い雨男なんだ、と言われました。自分ではそんな事はないと思ってるんですけどね(笑)。

逆に、妻は晴れ女かも知れません。2年前の3月に札幌に行った時は、雪予報すら出ていたのに、雪どころか好天に恵まれました。私もいたんだから、私が晴れ男かも知れないじゃないかと思うんですが、妻曰く、私だけなら雨が降っていたけど、自分がいたから晴れた、との事(笑)。

さすがに、梅雨の長雨はどうしようもないですが、晴れ女のパワーで、今年の梅雨もなんとか乗り切って欲しいな、と思っています。

そうそう、前に書いたかも知れませんが、そろそろ妻の運転免許証の更新に行かないといけません。一応、来週の水曜の午後辺りを考えてまして、明日にでも有給休暇を申請するつもりです。

私が2年前に免許を更新した時は、一般講習だったので、山口市小郡の運転免許センターまで行ったんですが、妻は優良講習なので、下関警察署に行く予定です。車で30~40分くらい。

大したドライブではありませんが、せっかく出かけるんですし、雨が降ると妻も余計に疲れるでしょうから、ここは妻の晴れ女パワーに期待するしか!(笑) にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は朝いつもより早く起き、電車で博多へ。博多は何度も行っていますし、大学が北九州でしたから馴染みはあるんですが、都会の中ではどちらかというと苦手な街です。

博多駅からバスで5分くらいの場所に用事があって行ったんですが、近隣に食事をできるような場所が皆無で、参りました。同じ福岡でも、天神なら食事ができる場所に困らないのですが、(単に私が詳しくないだけとは言え)博多駅の近くは困ってしまいます。

まあ、地価が高いでしょうし、ああいう場所で例えばラーメン屋をやっても、割に合わないのかも知れません。仕方ないので、ファミリーマートでおにぎり2つ、ファミチキ1つを買って、その場で食べました。

帰りは、すぐに会場を後にしてバスに乗ったため、いつもより1本早い新幹線に乗れて、早めに下関に帰って来れたので幸運でした。と言う訳で、今日の夕ごはん。

170528お手製ハヤシライス

昨日作っていると書いた、ルウを使わないハヤシライス。ちょっと前にやはりルウなしのカレーに挑戦して、その時は少々水っぽくなってしまったのですが、今回は会心の出来栄えです。美味しく出来上がり、妻からもお褒めをもらえました。

今回はトマトメインで作った「家庭のハヤシライス」という感じの味にしたので、次回は赤ワインベースで、ハッシュドビーフ風に作ってみたいなと思っています。

ちなみに今回、どちらもハヤシに使うため、トマトケチャップとウスターソースを買ったんですが(ケチャップはちょうど切れるところだったので。ウスターソースはなかったので新規購入)、少し高いものを買いました。ケチャップはハインツ。ウスターソースはオジカ。

どちらも少しお高いのですが、その分添加物がほとんど入っておらず、食塩の量も少ないです。安いものは、添加物や食塩がどうしても多く、長い目で見ると体への影響が心配ですからね。オジカのウスターソースは、風味もとてもいいですよ(オジカは、京都の老舗ソースメーカーです)。

例えば200円が500円になったとして、それが3日でなくなるものなら、ちょっと出費が大きくなりますが、ケチャップやウスターソースなんて、そう簡単に使い切るものではないですし。

実際、最近醤油を高いものに変えたんですが、やはり味が違います。例えば、100グラム1000円のお肉なんてそうそう買えませんが、少しいい調味料なら手軽に変えて、味もよくなり、体にもいいわけですから、こういうところはけちらずに、いいものを使いたいなと思い始めています。

明日からまた仕事。今日は気温が高かったので妻もちょっとばて気味です。と言っても夕方の室温はまだ23℃くらいで、エアコンの出番というほどではありません。梅雨入りする辺りからエアコンの出番でしょうか。妻の体調も考えて、今週も献立を作っていこうと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

予告通り、今日は夜に明日のためにハヤシライスを仕込みました(ライスじゃなく、ハヤシソースというべきか)。

シチュー、カレーと市販のルウなしで作ってみて、何とか作れたので、「市販ルウなしで作ろう」シリーズ第三弾です(いつからシリーズになったんだ(笑))。

170527ルウなしで作ったハヤシ

こんな感じです。ただ、ルウを使っていないとは言っても、市販のデミグラスソースを使っているので、自力で作ったとは、ちと言い難いかも(笑)。味付けには、その他にウスターソース、トマトケチャップ、固形コンソメ、砂糖、塩、チーズを使いました。もちろん、小麦粉も使っています(じゃないととろみつきませんからね)。

ルウなしハヤシは、トマトを湯むきして切ったり、なんて手間がありますが、そこまで難しくはありません。市販のデミグラスソースを使えば、味付けに苦戦する事も多分ないと思います。

味見をしてみたところ、ちょっとトマトの味が勝っている気もしますが、ちゃんとハヤシの味がします。ハッシュドビーフではなく、ハヤシ。妻にも味見してもらいましたが、「美味しい。ちょっとミートソースっぽいかも」と言われました。カレー同様、ほとんど油を使っていません。

次は、トマトっぽいハヤシではなく、赤ワインを使って上品な味を目指してみようかな、なんて思っています。ちなみに今回、トマトを4個使いました。スーパーでちょうどトマトの特売をやっていたんですよ。

今日は夜7時過ぎから、妻と夜のドライブを楽しんできて、妻はちょっとお疲れのようです。蛍が見られたらいいなと思ったんですが、ちょうど「豊田ほたる祭り」というのが開催中で、蛍を見るどころではありませんでした。

明日は、私はまた博多へセミナー。いつもより帰りが遅くなる予定です(なので今日のうちにハヤシを作りました)。さて、明日実際に食べてみて、妻からどんな評価がもらえるか、楽しみです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日で、このブログを書き始めてちょうど一年です。ほぼ毎日書き続けてきましたが、よく続いたものだなと感心します。1年で、延べ8,500人くらいの方に来ていただけました。ありがとうございます。

1年前と今の妻を比べてみて、何が変わったかと言えば、まずいらいらする事は確実に減ったと思います。精神的な波で言えば、1年前よりは良くなっている印象です。

体調は、1年前とさほど変わらず、疲れやすさも変わっていないんですが、精神的には進歩が見られますから、きっと体調もそのうち好転すると信じています。

あとは、ウクレレを4月に始めて、とても楽しんでいる事、でしょうか。妻は熱しやすく冷めやすい性格で、色々な事に手を出しては放置するんですが(笑。その後また手を出したりもしますが)、ウクレレに関しては長く続く趣味になりそうな予感です。いい趣味と出会えてよかったなと思っています。

オカリナも、今でももちろんちょくちょく吹いていますよ。そうそう、オカリナと言えば、妻は最近新しいオカリナを入手したのです。台湾の、TNGというメーカーの楽器。TNGと言っても「なんじゃそりゃ?」でしょうが、あの「宗次郎」さんが吹いている楽器と言えば、伝わるかも知れません。ネット上で知り合った方から売っていただいたのです。

今までは、亜音(アノン)、ヒロミチの楽器を使っていたんですが、TNGの吹き心地が妻にとても合うようですよ。吹きこなすまでにはまだ少々かかるでしょうが、こちらも楽しみですね。

私自身が、1年前と何が変わったかと言うと……うーん、料理が上手くなった、くらいですかね?(笑) ちなみに、明日は「ルウなしハヤシ」に挑戦します。「ルウなしシチュー」「ルウなしカレー」は何とか作れましたが、ハヤシライスもなかなか大変そう。写真を載せますので、期待せずにお待ちください。

ともあれ、1年間書き続けてこられ、色々な人にコメントや拍手コメントもいただけて、感謝です。引き続いて当ブログを、よろしくお願いいたします。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は2週間に一度のフルートレッスンの日だったんですが、帰る時に今年初めて、蛍が飛んでいるのを見ました。蛍を見ると、もう夏が近いなと思わされます。蛍は、目の前で見ると本当にきれいですよ。蛍の美しさは、写真や動画では絶対に伝わりません。

夜見られる綺麗な風景だと、夜景も嫌いではありませんが、私は人工の光よりは、天然の光の方が好きです。作られた風景よりは、天然の美しさの方が、やはり目をひきます。

蛍と言えば思い出すのは、島根県の美保関(みほのせき)。学生時代、広島県庄原市の病院に臨床実習へ行ったのですが、そこに勤めていた先輩が、ある夜私のアパートまで訪ねてきて、「いい物を見に連れて行ってあげるから、車に乗りなさい」と言って、夜のドライブに連れて行ってくれたのです。

行った先が、島根県の美保関(今は合併で松江市になってます)。岬から見える夜の海と飛び交う大量の蛍は、まさに絵のような美しさ。どんな都会の夜景もかないません。未だにあの光景は忘れられませんね。

美保関に限らず、山陰って本当に綺麗な場所が多くて、観光には最高だと思います。長門、萩、津和野(ここを山陰と言っていいかどうかはちょっと疑問ですが)、出雲、宍道湖、美保関、境港、皆生温泉。どこも最高に美しい場所ばかりです。

蛍は、都会では絶対に見られない、美しい自然あってこその虫。妻は見た事がないそうです。今調べたら、蛍は「日本では本州より南の各地に生息」とあります。そりゃ、北海道育ちの妻は見た事ないはずですね。近いうちに見に連れて行ってあげたいと思っていますが、どうなりますか。

その妻ですが、昨日よりちょっと調子がいいようですよ。相変わらず気温の高さに参っているようですが、少し元気に見えるので、安心です。今年の夏もかなり暑いようですので、それはちょっと不安ですけど。

蛍もですが、結婚記念日がそろそろ近いので、ぴったりその日じゃなくても、前後の日で妻が調子が良ければ、食事にでも行きたいですね。調子の波が安定してくれる事を祈ります。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日の妻は、夕方までは調子が良かったようなのですが、夜になってまた調子を落としてしまいました。なかなか上手く行きませんね。

今日の夕食。鶏むね肉のイタリア風。付け合わせは、小松菜の胡麻和え。ちょっとミスマッチです(笑)。鶏むね肉は、酒、少量の砂糖と塩でしばらく漬け込んだあと、片栗粉をつけて焼けば、驚くほど柔らかく仕上がります。もも肉より脂肪分が少ないから、上手く調理したいですね。

170524今日の夕飯

小松菜の胡麻和えは、湯がきすぎず、鮮やかな緑色になったくらいですぐお湯からあげた方が、歯ごたえが良くて美味しいです。そのくらいだとちょっと独特の苦みが残りますが、それくらいの方が体にいいかも?(本当かよ)

さて、私はクリスチャンですから、夫婦関係もできれば聖書に則って築ければなあと思っている訳です。では聖書には夫婦についてどう書いているかと言いますと……。

いずれにせよ、あなたがたも、それぞれ、妻を自分のように愛しなさい。妻は夫を敬いなさい。 (エフェソの信徒への手紙5章33節)


エフェソの信徒への手紙の第5章後半は、妻と夫について書かれています。21節の「(キリストに対する畏れをもって、)互いに仕え合いなさい」から始まります。この「(夫婦は)互いに仕え合いなさい」というのが、まず強烈な命令ですよね。「旦那はお金を持ってきてくれる存在」「妻は家事やって料理作って待ってればいい」と思っていると、こういう言葉は脳天に落ちる稲妻のように響く事でしょう(笑)。

そして、「夫は妻を自分のように愛しなさい」と書いてあります。「汝の隣人を自分自身であるかのように愛せ」は、キリスト教の基本的な教えですから、この命令はある意味当然ではありますが、これは要するに「妻の事を、あたかも自分自身であるかのように、(自分自身を差し置いて)愛せ」という事です。

自分の欲しいものよりも妻の欲しいものを、自分の時間よりも妻の時間を、自分の命よりも妻の命を優先せよ、という事です。この後「妻はすべての面で夫に仕えるべきです」「妻は夫を敬いなさい」とありますが、妻に対してこう聖書が命令するのも、夫に対する厳しい戒めがあってこそです。

妻の方とて、自分の事を命がけで愛さない男に仕えたり、そういう夫を敬ったりはできませんよね(笑)。夫は何も自分の務めを果たさず、妻だけが夫に仕え、夫を敬えというのでは、行きつく先はDVになりかねません。

要するに、夫も妻も、「ある程度自分を犠牲にする覚悟を持ちなさいよ」という事です。O.ヘンリーの「賢者のおくりもの」の精神です。「性格の不一致」とやらで離婚する人々も多いですし、実際いかんともし難い理由で別れる夫婦もあるんでしょうが、夫婦というのはもともと他人ですから、夫婦がお互いに、同じくらい自分を犠牲にする覚悟がない限り、それはそのうち破綻するに決まっていると、私は思います。

私がそこまでできているかと言われますと、はなはだ自信がないのですが、目標はそこに置いて、夫として少しずつ成長できるように努力していければと思っています。

「賢者のおくりもの」は、こういう言葉がラストに来ます。

Maybe the hairs of my head were numbered,
but nobody could ever count my love for you.
(私の髪の毛の数は数えられたとしても、私のあなたに対する愛は誰にも数えられはしない)


いつまでもこういう心がけでありたいものです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

2日くらい前から急に妻の調子が落ちて、今日は底という感じです。こういう時は、せめて私が元気じゃないといけないんですが、昨日は非常に寝つきが悪く、今日はちょっとお疲れです。まあ、今夜ぐっすり眠れれば回復するでしょう。

今日の夕飯は、実家の母から手作りのローストビーフをもらったので、それとサラダを合わせてみました。暑い日が続くので、冷たいながらもボリュームがある一品で、妻も元気になってくれるといいんですが。

さて、私は30代半ばくらいから10年くらいずっと鬱病に悩まされてきました。夜は睡眠薬がないとずっと眠れなかったのです。今は何とか全治して、薬なしの生活を送れています。

抗鬱薬はやめられても、睡眠薬はなかなかやめる事ができなかったんですが、それも去年の5月にやめる事ができ、以来1年睡眠薬は飲んでいません。

私の主治医には、「君は、結婚が一番いいきっかけになったと思う」と言われました。私もそう思います。妻の存在が、非常に私の心を強くしてくれているに違いありません。

なので、今度は私が妻の心に少しでもいい影響を与えられればいいなと思っています。私と一緒にいる事が、何より大きな希望であるという事を、日々感じて、妻の心の支えになってくれればいいなと。そうして、お互い支え合えれば一番ですね。

そのためにも、私が疲れてへばっていてはお話にならないので、毎日元気で帰ってこないといけませんね。

そうそう、今日から担当になった新しい患者さんに、ちょっと話を聞いてみると、ずっと日本料理の料理人(板前さん?)をしていたんだそうです。昨日だしの話を書きましたが、日本料理のだしのコツでも教えてもらうといいかも?

明日も頑張ってきます! にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日も気温が高く、妻は不調。体なのか心なのか、はた両方なのか。まあ、夕食は完食してくれたので、それは安心なのですが。

その夕食ですが、今日は水菜と豆腐と玉ねぎを使った、チャンプルー的なもの(?)を作りました。ツナも入れてタンパク質を補給。そして、いつも味噌汁にはかつおだしを使うんですが、今日はいりこだしを使ってみました。

私の母は、味噌汁はずっといりこだしで作っていまして、我が家の味噌汁の底には、いつもいりこのかけらが沈んでいました(笑)。いりこだしは、関東の人は臭みが気になる人もいるようですが、私としては慣れ親しんだ味です。讃岐うどんも、基本はいりこだしですしね。

が、妻の口には合わなかったようです(汗)。うーん、やっぱり癖があるんですかねえ。私は、味噌汁と言えばこの味なんですが、妻が苦手なのに作っても仕方ないですし、味噌汁以外ではいりこだしが使えるかも知れませんし、色々試してみます。

代わりと言ってはなんですが、これからなるべくだしの素ではなく、鰹節を買ってきて、それでだしをとろうと思います。だしの素は、あればあったで急ぐ時には便利なんですが、だしの素が標準になったのではつまらないですし、やはりだしはちゃんと一からとった方が美味しいですよね。

何と言いますか、「カレールウを使わないカレー」「シチュールウを使わないシチュー」と言い、わざわざ自分から面倒な料理に手を出していっている感がありますが(笑)、やはり料理って大事だと思うんですよ。手間をかければ、かけただけの事はありますし、毎日食べるものは、わずかな手間を惜しみたくないですからね。

佐藤初女さんが、著書で「私は『面倒くさい』という言葉が嫌いです」と書いていましたが、自分で妻のために料理を作り続けていると、彼女のその言葉が分かる気がします。料理にかける手間って、気持ちそのものだと思うのです。もちろん、手を抜く事もあっていいとは思うんですが、「面倒くさいから」という理由で手を抜くのは、なるべく避けたいと思っています。

何より、毎日の食事って人間にとって一番大事なものですからね。そこで「面倒くさい」と言ってしまって、それより大事な事が何かあるのか、という話です。「人はパンだけで生きるものではない」(マタイによる福音書4章4節)とは言え、パン(食事)がなければ生きられないのも事実ですから。

ともあれ、美味しく、栄養があって、何より楽しんでもらえる食事を作れるように、明日も頭を捻って台所に立つつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります