私の妻は北海道生まれ、、北海道育ちですから、こちらのこの
季節の暑さというか、湿度は大変のようです。

暑さで言えば、下関市は海に囲まれているせいで、そこまで気温は
上がりません。最高気温が35℃を超えることはまずないですし、
冬の最低気温もあまり下がりません。

しかし、海に囲まれている分、湿度が高く、これが妻が過ごしにくい
原因なのでしょうね。私はずっと住んでるから慣れてますが……。
夜も、妻はタオルケットだけですが、私はいまだに冬布団を
使っていますから、温度の感じ方が根本的に違うのでしょう(笑)。

なので、あまり無理しないでエアコンを使うように言っています。
夕ごはんも、なるべくさっぱりしたものを作ろうとは思っていますが、
さっぱりしたメニューって、冷やしそうめん、ざるそば、冷製パスタ、
冷やし中華くらいしか思いつかないですね。冷たい麺ばかりだ(笑)。

冷やし中華と言えば、母は冷やし中華のことを「冷麺」と言って
いました。母は鹿児島出身です。

と思って調べてみると、冷やし中華と冷麺って、違うものらしい
ですね。冷やし中華は、最初からだしをかけるのではなく、あとから
だしをかけるものらしいです。

冷麺は、麺が独特で、だしは最初からかけてあります。もともと
朝鮮半島の料理みたいですね。ただ、地域によって違いがあるようで、
関西では、冷やし中華を「冷麺」、そもそもの冷麺のことを「韓国式
冷麺」と呼ぶ、と書いてありました。

ま、それはともかく、冷やし中華を作るなら、薄焼き卵がうまく
作れるかどうかです。前挑戦した時は、うまくできずにいり卵にして
しまいましたから(笑)。

さっぱりしていながら栄養があるメニューで、妻をちょっとでも
サポートできれば、と思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

夏のジンギスカン~灼熱の五月晴れ

天空のオリオン~妻とオカリナ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿