昨日の夜は、豚汁を作りました。豚汁って「とんじる」派です
か?それとも「ぶたじる」派? 私は、母が「ぶたじる」と呼ん
でいたので、そう呼んでいます。母は鹿児島の人なので、
地域差もあるのかも知れませんね。

入れる具も、地域で結構違うんでしょうか。我が家では、里
芋がよく入っていました。尤も、妻は里芋が大の苦手のよう
なので、入れる事ができませんが……(笑)。

さて、今日のお話。「双極性障害やうつ病の人に、アドバイス
をするのは、かなり意味がない」です。

もちろん、ちゃんと知識を持ってアドバイスをする分には、ある
程度意味があるかも知れませんが、これはとても難しい。私
も上手くできる自信はありません。なので、基本は「きいて
あげる」事が一番いいのです。

なのに、「アドバイスしちゃう人」がとても多い。特に、うつで
苦しんでいる人に対し、自分の過去の苦労談を話して、「だか
らお前も頑張れ」と来るか、「だからあなたも大丈夫だよ」と
来るパターンがとても多いようです。

これは、まず意味がありません。だって、考えてもみてくださ
い。例えば、交通事故の脊髄損傷で下半身不随になった人に、
健康な人が、「俺も苦労してるんだ。だからお前も大丈夫」
なんて言ったとして、健康な人の話が、身体障碍者となって
しまった人に、果たして響くでしょうか? 間違いなく響きま
せんね。

それと同じです。うつ病や双極性障害という、精神的な疾患の
ある人に、精神的に健康な人が、アドバイスのつもりであれ
これ語るというのは、自己満足でしかありません。ましてや、
「俺も苦労してるんだから、お前もこれくらいは頑張らないと
ダメだ」なんて言い方は、「この人、全然自分の事を分かって
くれてない」と、心の殻を閉ざさせるばかりです(そして、そう
いう人が結構多いという、困った事実が……)。

自称「苦労人」のアドバイスほど、役に立たないものはありま
せん。それよりは、ただ聴いて(傾聴して)、共感する方がいい
のです。と言って、これが難しいのですが……。

ドラッカーでしたか、「話上手の人は、自分はコミュニケーション
能力が高いと思っている。が、本当にコミュニケーション能力が
高いのは、聴くのが上手な人だ」と言ったと記憶しています。
この言葉をよく覚えておく事ですね。簡単ではありませんが(私も
あまり自信なし)。

うつ病でも双極性障害でも、そういう病気で苦しんでいる人に
接する時、「自分の方が語りたがり」にならないように、私も
気を付けようと思います。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

精神病は病気じゃない?

まさ犬&まな猫2

comment iconコメント ( 2 )

三平汁も覚えないと、、、。ホッカイローの名物!
http://cookpad.com/search/%E9%AE%AD%20%E4%B8%89%E5%B9%B3%E6%B1%81
私は、里芋が大好物!まなさんに里芋食べないと「おっきくなれまちぇんよ〜」と言ってくらはい。
でも私は、肉が全くダメですがな。特に🐷は全然食べれまへん。
魚も火を通さないとダメでんがな。

日本、もう終わりかな?
除夜の鐘がうるさい!って苦情が出て、昼間に鳴らすお寺が増えてるそうな、、、。

子供を働かせるなとの苦情で、座った二宮金次郎の像ができたり、、、。

名前: zeFa [Edit] 2016-12-07 10:55

>>zefaさん

三平汁、あら炊きみたいなものなんですかね。
この手の郷土料理は、香川ならしっぽく、
山梨ならほうとうと言った具合に、全国各地に
ありますね。今度妻に作ってあげる事にします。

私は別に日本がもう終わりとは思いませんが、
以前に比べると、何か変わった人が増えたなあ
とは思いますね。昔ながらの日本の美徳を、今一度
見直してもいい時期かも知れませんね。

名前: [Edit] 2016-12-07 19:08

コメントの投稿