さて、いよいよクリスマスが近づいてきました。ちなみに、ク
リスチャンであれば誰でも知っている事ですが、クリスマスと
いうのは、イエス・キリストが生まれた日「ではありません」
(正確には、そうじゃないと断言する事もできないけど)。

「キリストが生まれた事を記念する祭日」なのです。「建国記
念の日」みたいなものですね。なので、祝いたい人は祝えば
いいし、祝いたくない人は祝わなければいいのです。元々、
クリスマスの12月25日という起源は、キリスト教とは関係の
ない、異教の風習ですから。

でも、せっかくだから年に一度はお祝いしてもいいんじゃな
いか、というのが私の考えですので、私もクリスチャンの
はしくれとしてクリスマスはお祝いしますよ。ささやかに、
ですが。

ただし、色々面倒なのでツリーだの何だのは置きません
(面倒なんかい(笑))。

クリスマスは、もちろん雰囲気だけでイベントとして祝ってい
ただいても、構わないのです。我々キリスト教徒としても、
イエス・キリストのために、クリスチャンでない人がクリスマ
スを祝ってくださる事については、喜ばしいと思っています。

ただ、クリスマスというのが、本当はどういう意味なのかを
少し分かっていただけると、クリスマスの喜びが何倍にも大
きくなりますよ。人類に救い主が与えられた!と思うと、私
などはケーキもチキンもプレゼントもなくても、喜びに溢れる
のです。あ、我が家でも、ケーキやチキンは一応買う予定
ですが(笑)。

天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる
大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために
救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている
乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるし
である。」

すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美
して言った。

  「いと高きところには栄光、神にあれ、
         地には平和、御心に適う人にあれ。」 
                  (ルカ福音書2章10節~14節)


今年も心穏やかに、よいクリスマスが迎えられるように、そし
て、1人でも多くの人が、クリスマスの本当の喜びを知る事が
できるように祈りつつ、今週も仕事頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

不安感、抑うつ気分、億劫感

私流・チャーハンの作り方

comment iconコメント ( 3 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-12-19 20:59

いつの間にか、内緒になってまんがな。公開にしておくれなさい。
こちらでは、どうにもできまへん。
最後にこのコメは、削除してもらえると助かりましゅ。

名前: zeFa [Edit] 2016-12-19 21:02

>>zefaさん

すみません、一度投稿者が秘密設定にしたら、
管理者メニューからでも切り替えはできないのです(汗)。

クリスマスは、その意義さえ知っていれば、
神はいちゃいちゃするカップルも、きっと祝福して
くださいますよ(笑)。

ケーキは、今でも店によっては安売りしてると
思います。明らかにクリスマスじゃないと食べられない
ようなものは別かも知れませんが。
それでももったいないですよね(笑)。

名前: [Edit] 2016-12-20 08:02

コメントの投稿