明後日はクリスマスですね。今年はクリスマスがちょうど日曜
ですので、妻の体調さえ良ければ、2人で教会へ行って、礼拝
に出席するつもりです。

さて、今回は妻が気に入っている聖書の言葉をご紹介します。
妻は別に洗礼を受けている訳ではないのですが、ある日「聖
書が読みたい」と言い、リビングバイブルという、とても読みや
すい翻訳の新約聖書を買ってあげました。

妻はそれを、物語でも読むように読んで、とても楽しかった様
子でした。さすがに最後の「ヨハネ黙示録」は、「何これ怖い」と
言っていましたけど(笑)。

そしてリビングバイブルを読み終えた妻は、きちんとしたみ言葉
を知りたいと言ったので(リビングバイブルは、かなり意訳が
多いのです)、「みことばかえる塾」のみことばカードを買って
あげました。

これは妻のかなりのお気に入りになり、今度はちゃんとした聖書
が欲しいと言われたので、新改訳聖書を買ってあげました。私は
新共同訳をずっと使っていたんですが、みことばかえる塾の聖句
は新改訳で、妻はそちらの方が気に入ったようでしたからね。
聖書の後には、ハンドメイドの革製聖書カバーも買ってあげまし
た。これも妻お気に入りです。

そんな訳で、今妻は少しずつ旧約聖書を読み進めています。と
は言っても、旧約を全部読むのは大変なので、私が「ここは読む、
ここは飛ばしてもいい」というリストを作り、それに従って読んで
います。

そんな妻が好きな聖句を、今日は1つご紹介します。妻はこの
聖句に、大いに励まされたんだそうです。

わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなた
がたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与え
るのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒が
してはなりません。恐れてはなりません。
                (ヨハネ福音書14章27節・新改訳)


これは、イエス・キリストが、イスカリオテのユダの裏切りにより、
捕まる直前に、弟子たちに語った言葉です。

世の楽しみや、物質的な満足によるものとは違う、心の平安を、
妻は聖書から感じてくれているようで、とても嬉しく思っていま
す。

私は、うつ病や双極性障害の人に、聖書を読みなさい、読めば
心が救われますよ、などと軽々しくお勧めしようとは思わないの
ですが、しかし聖書の膨大なみ言葉の中には、きっと(妻がそう
だったように)、心にぴったりと響くものがあるはずです。

そして、そういうみ言葉が与えてくれる平安は、物質的な世の
満足による平安とは、質が違うものである事だけは、間違いあ
りません。

上でご紹介した「みことばカード」は、妻も大のお気に入りで、
私もお勧めします(これを作っている方が、またすごい人生を
歩んでいる方です。ブログもされていますが、読めば多分びっ
くりするでしょう)。

明日はクリスマスイブ。静かにささやかに妻とお祝いしようと
思っています。でも、ケーキとチキンは買いますよ(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

我らキリスト者、今ぞ喜びにあふれ

希望は私たちを欺かない

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿