2、3日朝はかなり冷え込んでいましたが、今日は寒さも
一段落。その代わり、日中は冷たい雨と風で、むしろ昨日
よりも寒く感じました。

仕事が終わる頃には日も射して、穏やかな天気になって
いました。そして気付けば、かなり日が長くなってきました。
もう数日で立春ですし、ぼーっとしていたらあっという間で
すね。

今日は、妻が夕飯を用意して待っていてくれました。妻お
得意のキムチ鍋。下ごしらえに一工夫してくれたようで、と
てもおいしくいただきました。残りは、明日うどんにする予定
です。

ただ、妻の調子がいいかというと、そういう訳でもありません。
強い抑鬱はないようですが、抑制、つまりは億劫感が強く、
寝床から起きるのも一苦労のようです。

鬱状態の精神症状には、大きく分けて
1) 不安感・焦燥感
2) 抑鬱気分
3) 抑制(億劫感)
の3つあります。

そして、うつが治る時は、1→3の順に軽くなっていきます。

ところが、不安や焦燥がなくなり、抑鬱気分が軽くなっても、
3)の億劫感は、なかなかよくならないんですね。下手をする
と、日常生活はまずまず送れるようなレベルになっても、長々
と億劫感が残る事も珍しくないそうです。

この億劫感の改善にも段階があって、最初は何もする気が
起きず、続いて何とかそれなりの事はやる事ができるように
なり、その次にある程度持続してやれるようになり、最後に
ようやく「面白い」という感覚が戻って来て、毎日に「生きがい」
が出る、と、こういう順序らしいです。

言い方を変えますと、重い鬱だと、人間が生きるという根本に
障害が出てきて、軽くなるにつれ、人間が人間らしく生きる、
高等な感情が回復する、という表現もできるでしょう。

だから、食欲が落ちたり、睡眠障害が出るというのは、割と
早めに回復しても、「趣味が楽しい」「仕事にやりがいがある」
なんてのは、回復しにくいと言える訳です。

困った事に、早めに改善する不安・焦燥感には抗不安薬、
抑鬱気分には抗鬱剤があるんですが、億劫感に効く薬という
のがほとんどないのですね。という事で、軽いうつ病でも、
長く億劫感が残って苦しむ方は多いようです。

一時期の強い鬱よりはいいとは言え、何をするにも億劫では、
本人も辛い事でしょう。気候がよくなるにつれ、少しでも色ん
な事に興味を持ち、少しずつ続けられるようになってくれると
いいですね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

ブレーキランプとモスバーガー

弟切草は天然抗うつ薬

comment iconコメント ( 6 )

億劫感、僕もあります。

真さん、こんばんわ 阿良々木です。
僕も躁鬱病ですが、鬱はあまりひどく過去3回入院したのも躁状態のときです。今は薬でごく軽い鬱になるよう調整しています。
今は、1)2)は無い(軽い?)のですが、3)の億劫感はあります。
僕が入院したのは3回とも冬場です。経験則ですが僕の場合、暖かくなると少し改善します。もうすぐ立春、すこしづつ寒さが和らいでいきます。
奥さんの億劫感も和らいでいけばいいですね。
それでは失礼します。

名前: arakurikaesiki [Edit] 2017-01-27 22:08

初めてコメントさせてもらいます。

鬱の三つの症状、その改善過程等、わかりやすい説明ありがとうございます!

億劫感…これが最も厄介なんですね~誰にとっても。
私だけでは無いのですよね。

時間をかけて、ゆっくり取り戻せれば良いのですけど・・・
生きがい、とか、楽しみな気持ち、
躁転では?!って不安になってしまいます。
難しいです・・・
何とか穏やかに過ごしたいので・・・

奥様との暮らしを綴られたブログ、これからも楽しみに読ませていただきますね。

名前: もものすけ [Edit] 2017-01-28 07:44

はじめまして

億劫感で動かない→私ってダメだと思う→ウツが酷くなる
という負のループから中々抜け出せないのはそういうことなのですね。

もう自分が何を好きなのか、何が楽しいのかわからなくて
楽しみを見つけられたら回復ってことなのですかね。

名前: めめこ13 [Edit] 2017-01-28 10:37

>>阿良々木さん

日照時間が少なくなると鬱が悪くなるというのは、
あると思います。「季節性うつ病」というのが、
確か診断基準にもあるはずで、早朝に強い光を
浴びせる「光線療法」が、効果的だそうです。

気分障害がある人は、やはり大抵冬に調子が落ちる
事が多いようですね。妻の場合は、梅雨も調子が
悪いです。

これから春へ向けて、調子が上向くといいですね。

名前: [Edit] 2017-01-28 16:37

>>もものすけさん

初めまして。コメントありがとうございます。

精神的抑制(億劫感)は、気分障害の中でも理解
してもらえにくい症状の1つで、病気の症状以上に、
「分かってもらえない」事が患者の辛さになって
いるように思います。

躁でも鬱でもなく、穏やかに過ごすというのが、
気分障害の患者の一番の願いですよね。

またお気軽にコメントをお寄せください。

名前: [Edit] 2017-01-28 16:39

>>めめこさん

初めまして。コメントありがとうございます。

億劫感が生む悪循環は、やはり周りの人のサポート
がないと、なかなか断ち切れないですよね。
なんですが、億劫感は周りの人にはなかなか
分かってもらいにくいという……。ブログも時々
拝見しますが、いろいろ苦労がおありでしょう。

少しずつでも、何か楽しい事が見つけられると
いいですね。

名前: [Edit] 2017-01-28 16:43

コメントの投稿