今日の下関は、最高気温を記録したのが朝5時で、あとは
どんどん気温が低くなっていくという、摩訶不思議な気温の
1日でした。こんなこともあるんですね。

さて、今日は私の母の話でもしましょう。母は今度の3月で
70歳。両方の人工股関節の手術をしていまして、身体障害
者3級ですが、まだまだ元気です。先日、念願のiMacを買い、
今一生懸命使い方を覚えているらしいですよ。

その母ですが、数年前にアルコール依存症になって、大げ
さでなく、我が家は一家崩壊の一歩手前まで行った事が
あります。

そもそもは、父が脳梗塞で倒れたのが発端でした。父は、
長年糖尿病を患っていて、母がいろいろ工夫したり、節制
するように言い聞かせたりしていたんですが、まるで聞く耳を
持たず、全然節制できませんでした。

なので、脳梗塞で父が倒れた事は、言ってみればほとんど
必然だったんですが、その後の母のストレスが一層きつく
なったんですよね。

幸い、父の後遺症はそれほど重くなく、歩いたり、風呂に
入ったり、日常の事はできていましたし、少し聞き取りにくい
とは言え、言葉もしゃべれていました。が、「高次脳機能障害」
というのが残ったんですよね。これが厄介だったのです。

これで母のストレスが強くなり、アルコールに依存してしまっ
たんですね。

私は、父が脳梗塞で倒れてしばらくして、実家へ呼び戻され
ました。やはり色々大変だったんでしょう。私は実家から車
で5分のところで一人暮らしをしていたんですが、親のためだ
と思って、実家に戻ってきました。

まあしかし、色々大変でしたよ。母の依存症がだんだん酷く
なるにつれ、料理もまともにしなくなったり、休みの日は、
家にいるのが嫌で、朝から晩まで車で山口県内を走ったり
していました。

ちなみに、私はフルートを習っていますが、習い始めたのは
この時です。父は脳梗塞の後遺症、母はアルコール依存症で、
私もストレスがたまっていて、「新しい楽器でもやるか」と思った
んですね。

今から思うと、この時フルートを始めていなかったら、妻とも結婚
していなかったでしょうから、めぐりあわせというのは不思議な
ものです。

ある日、とうとう業を煮やした私は、職場から依存症専門の
病院へ電話をかけ、強制的に入院させたのでした。この辺りが
一番大変でしたね。この間、家のお金は全て私が出していまし
たし。

この時は本当に「酒というのは、何と恐ろしいものだ。悪魔の
水だ」と心底思いました。私も、週に1回くらいはお酒飲みます
けどね(笑)。

ちなみに、たくさん飲めばアルコール依存症になるのかという
と、そういう訳ではありません。時々飲むだけでも、依存症になる
人はいます。

では、その分かれ目は何かといいますと、「楽しんで飲んでいる」
なら、ある程度たくさん飲んでても大丈夫なのです(肝臓は悪く
するかも知れませんが(笑))。が、「お酒をストレス解消にして
しまう」と、危ないです。それこそが、依存症への入り口です。
「悪いとは思いながら、ストレスで飲まずにおれなくて」という
人は、要注意です。母が、まさにそのパターンでした。

未だに、飲酒運転でつかまる人が後を絶たないようですが、
酒は本当に恐ろしいですよ。人間を変え、家族を崩壊させる
ところまでいきますから。

ま、「酒は飲んでも飲まれるな」という事で。家族崩壊の一歩
手前まで行ったわりに、何という安っぽい教訓(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

睡眠障害は大変だ

ピアノ発表会とケンタッキー

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿