昨日は夜まで大雨が続き、私自身もなかなか寝付けませんでした。と言いつつ、妻によると12時過ぎには寝ていたらしいのですが(笑)。

私は、10年くらい前に不眠からの鬱病を発症し、かなり長く睡眠薬と抗鬱薬のお世話になっていました。抗鬱薬が切れても、睡眠薬は最後まで切れずに、苦労しました。今は何とか、睡眠薬なしでも眠れるようになりました。時々なかなか寝付けない日もありますが、「そのうち眠れるでしょ」くらいに気楽に構えています。

不眠はもちろんきつかったのですが、私が経験した症状のうちでなかなか難儀だったのが、「離人症状」です。上手く説明できませんが、見ている光景が、あたかも映画かゲームの場面のように、現実感が乏しくなるのです。周りにいる人も、ロボットかマネキンのように感じられました。

それだけならまだいいんですが、これにちょっとした被害妄想が加わると、仕事どころではなくなりました。周りの人の会話が、全て自分の悪口のように聞こえてくるんですね。こういう状態の時は、他人と関わるのが非常に辛かったです。今もそう楽しいという訳ではないんですが(笑)。

なので、不調な時期は「もう3か月くらい仕事休んでしまいたい」と、何度も思いました。が、なぜか主治医に自分から「仕事休みたいんです」とは、一度も言いませんでした。絶対休んではダメだ、と強く思っていたんですね。今から思えば、早めに休んでおけば、もっと早く回復していたのかも知れません。

もっとも、こういう状況で「仕事休みます」と自分から言い出せるような人は、そもそも鬱病(新型ではない、メランコリー型鬱病)にはならないだろう、という話もありますが(笑)。

こういう、精神的な苦しみは、失敗体験が少ない「俺様」タイプの人間には、なかなか分かっていただけないようで、今でも職場でそういうタイプの人とは、そりが合いません。鬱病を「普通の人が誰でも経験する気分の落ち込み」くらいに思っている人には、鬱の苦しみは理解しがたいものなのでしょう。離人症上なんて、口で説明しても分かるものでもないですし(医療職なら、必ず離人症も習っているはずなんですが)。

昨日に続き、妻はちょっと風邪気味です。こういう時のために、冷蔵庫にはプリンとかチーズケーキとか、デザートを色々用意してあります。とは言っても、買うのはほとんどコンビニエンスストアですが、最近のコンビニ洋菓子は侮れませんよ。

土曜は妻を美容室に連れて行く日です。そして明日は私は歯科受診の日。頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

プレミアムフライデー、とは無縁

鬱病の鬱状態と、双極性障害の鬱状態の違い

comment iconコメント ( 2 )

はじめまして。こんにちは。

精神疾患について馴染みがない方や、
経験がないという方への説明というのは難しいですよね。

僕は統合失調症で離人症があります。

人に説明する時、真さんが記載された状況と、
同じような反応をされる機会というのも少なくないです。

必死に説明するのも同情を誘っているようで嫌ですし、
かと言って誤解されたままというのも…。

こういったジレンマは永遠の課題なのでしょうね。

名前: 環七クロウ [Edit] 2017-02-24 17:46

>>環七クロウさん

私は医療職ですが、医療職でも(医者ですら)精神疾患に
ついて、まったく見当はずれな理解をしている人は
多いです。医療職が「うつなんて、気持ちの持ちよう
でしょ?」なんて言っている現実が……。

それでも、病院ですから普通の会社よりはまだ理解して
もらえている方だとは思います。

離人症もですし、統合失調症の症状は特に他人に説明
するのが困難なものが多いですから、ご苦労察します。

マスコミも、事件があるたびに「容疑者には精神科の
通院歴があり」などと不安を煽るくらいなら、もっと
精神疾患に対する正しい知識を啓蒙してくれればいいのに、
と思ってしまいますね。

名前: [Edit] 2017-02-24 20:39

コメントの投稿