春分も過ぎ、大分日が長くなってきましたね。出勤時には、鶯の鳴き声が聞こえる時期となりました。春はいい季節ですが、この辺りの地域の春の名物、「黄砂」に、しばらく悩まされる季節でもあります。雨が降った後は、車が凄い事になるんですよね。

三泊四日の記事で載せた写真も、空がいかにも黄砂が飛んでいますという感じの、白くぼやけた色です。これがこの辺りの春の空。気候はよくなりますから、天気が良くて妻の調子がいい日曜日は、またどこか出かけられるといいなと思っています。

さて、今日は妻の通院日。妻はお疲れなので、予定通り私が一人で行ってきました。通院はいつも火曜日で、前回だけ私の用事の都合で月曜だったんですが、曜日が違ったせいか、かなり混んでいまして、待たされました。今日は、混んではいましたが、あまり待ちませんでしたよ。

この一月は割と落ち着いている事、寝つきが悪い事などを主治医に伝え、あとは薬の飲み忘れがあり、エチゾラム、アモキサンが余っている事をお伝えしました。

「ラミクタールを倍量に増やすともっと効きが良くなるんだけど、セレニカも出してるし、この一月が落ち着いているなら、このまま行きましょう」との事。処方はこんな感じです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・セレニカR200mgx2
・ラミクタール25mgx1
・セニラン5mg(頓服)

アモキサンカプセルとエチゾラムが、「2週間分余っています」とお伝えしたんですが、確認してみたら今回出てません。アモキサンは抗鬱薬で、エチゾラムは抗不安薬。双極性障害には抗鬱薬はあまり出すものじゃないというセオリーがあるようですし、抗不安薬も漫然と長々常用する薬ではありません。忘れていただけかも知れませんが、意図のある事かもしれないので、今回はこれで様子をみてみましょう。

帰宅して、夕食を用意したんですが、その頃から妻の調子が急に悪くなってしまい、今は寝室で休んでいます。お母さんが泊まりに来ていた時の疲れが出てきたのか、しばらく落ち着いていたから、反動が出たのか、はたまたアモキサンとエチゾラムが足りないと思って、ちょっと不安になったのか……。

薬はもし足りなければ、またもらいにいく事もできますから、妻の調子をみてそこは考えるつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

「伊達マスク」に思う

三泊四日の四日目~そして日常へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿