昨日は少し寒い1日でした。今朝もちょっと冷えましたが、昼からはかなり暖かくなりましたね。風は強かったですが、天気もよく春らしい1日でした。

とは言え、私が住む辺りではまだほとんど桜が咲いていません。アパートのすぐそばには中学校があって、桜並木があるんですが、まだ全然です。この分だと、入学式の頃にちょうど見ごろでしょうか。最近は桜が早く咲きすぎて、入学式の頃には既に散っている事が多いですが、桜が舞う入学式というのは、やはりいいものですね。

ところで、結婚してもうすぐ2年で、学んだことと言いますか、「こうすると妻とのコミュニケーションがスムーズにいく」と思った事があります。それは、妻が何か言った時、自分の意見を言いたくなったら、まず「うん、確かにそうだね」と言う、という事です。

私に限らず、男というのは、ともすれば自分の意見だけを言いたくなるものです。女性から愚痴を聞かされて、女性の側は全くアドバイスなんて求めていないのに、「俺様基準」のアドバイスをして、嫌な顔をされる、なんていうのは、誰でも経験があることでしょう。

私も、かなり自分の意見を言いたがる方ですから、当初は妻に散々言われたものです。なので、自分の意見を言いたくなったら、必ず「うん、確かにそうだね」と言うのです。そうすると、自分の意見を言う前に、妻の意見をよく理解し、妻主導で会話を続ける事ができますし、あるいは多少反論したい気持ちになっていても、静かに同意の言葉を言う事で、その気持ちを静められます。

もちろん、妻が明らかに何らかのアドバイスを求めている時は、できるだけ適切な自分の意見を言ってあげる方がいいんでしょうけど、実はそういう場面ってそう多くはありません。

そもそも男の「自分の意見」って、結構危険です。男が女性に対して言うのって、えてして相手の事を何ら考慮しない、ただの一般論だったり、ただの正論だったりする事が多いのです(私がそうなのです)。そんな意見を、何も考えずに言っていては、間違いなく衝突の元です。

会話は言葉のキャッチボール。女性は、男の腕力で力いっぱいボールを投げ返されるより、まず優しく受け止めて、その後に落ち着いて「楽に取れるようなボール」を投げ返してくれる事を求めているんじゃないかと思います。そのためにも、「うん、確かにそうだね」と、まず頷いて相手を肯定するというのは、とてもいいと思っています。

あ、妻の体調は、昨日よりはいいようですよ。ウクレレの弾きすぎで、ちょっと手首が痛いみたいです。私がちょっと筋肉と関節を調整してあげましたが、使い過ぎの痛みには安静が一番なので、そこは多少加減してもらわないといけませんね(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

栄養学を勉強してみよう

何もしない日曜日

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿