今日は一日雨。家の前の桜並木は五分咲きというところ。せっかくの桜を、味わう間もなく花が散ってしまいそうですが、まあこんな年もありますよね。

さて、先日あるブログで見たんですが、癌などの不治の病で、「あなたは余命○カ月です」という余命宣告。これって、怖いくらい当たるそうなんです。これは別にその医師が正確に余命を診断できているから、という訳ではなく、余命を宣告する事で、患者の究極の「負のスイッチ」を入れてしまうから。

つまり、余命宣告する事で、「ああ、もうあと○カ月しか生きられないんだ」という意識を強烈に埋め込み、それが本当に死へ向かわせる、というもの。もちろん病気で亡くなるんでしょうが、確かにそういう一面もあるでしょう。

このような医師によるマイナスの意識付けを、統合医療で世界的に有名なアンドルー・ワイル博士は、「医師による呪い」と表現していました。あるいは、究極の「逆プラセボ効果」とも言えるでしょう。

医療に携わる者が、この「逆プラセボ」の効果を自覚せず、気軽に負のオーラに満ちた言葉を口にしている事が多いのではないかと、私も感じます。

そして、マイナスの意識付けが可能なら、当然プラスの意識付けも可能なはずです。治ると確信している人と、治るはずがないと思い込んでいる人、どちらが治る可能性が高いかと言えば、絶対に前者です。これは、私も日々の仕事の中で実感しています。

精神疾患とても例外ではないはずです。が、鬱病や双極性障害のさなかにいる人に、「自分は絶対治る(寛解する)という確信を持て」と言ったところで、それは難しい相談です。双極の躁状態は、自分を病気だとは思いませんし、鬱状態の人にそんな事ができる訳ありません。

だからこそ、家族など身近な人が、絶対に寛解するんだという確信を、単なる気休めではなく持ち、その確信でもって患者本人と接し続けるというのは、とても大事な事ではないかと思うのです。

患者本人の意識付けじゃないと意味がないかと思いきや、そんな事はないと思います。身近な人のそういう意識って、きっと伝播します。逆に、ネガティブな意識も患者本人に伝播するでしょうし、そうすると患者と家族が負のスパイラルにはまり込み、お互い疲弊しきってどん底に、なんて危険もありうるかも知れません。

そういう訳で、私は妻がこの先きっと寛解すると信じて疑いませんし、もうすぐ2年ですが、一度もその希望を失った事はありません。そのためにできる事なら何でもするつもりでいます。食べ物にもなるべく工夫しようと思っていますし、また他にもできる事はたくさんあるでしょう。

「わらにもすがる」という、ネガティブさから逃れようとする気持ちではなく、「寛解する」という前向きの確信と希望をもって、いろいろ実行する方が、きっと妻にもいい影響を与えるんじゃないかと信じます。

そう思って、これからも私にできる事を、1つずつ積み重ねていくつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

コミュニケーション力=雑談の上手さ、なんて事はない

歯科医院の数>コンビニの数、らしい

comment iconコメント ( 2 )

はじめまして

はじめまして、櫻子と申します。
訪問履歴からきました。
何度か遊びに来ていただいてありがとうございます。
意識というのは、本当に周りに影響するものだと思います。
寛解するという前向きな希望は、奥様にとっても希望の光になるでしょうね。
二人三脚で1つづつ積み重ねていくなんて、素晴らしいことですし、羨ましいです(笑)

名前: 櫻子 [Edit] 2017-05-15 01:50

>>櫻子さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

「意識は伝搬する」「人間は自分が口に出した通りの
人になる」というのは、私の持論でもあります。
現実には苦労もたくさんありますが、希望を持ちつつ、
妻をサポートしていければなと思っています。
またお気軽にコメントをお寄せください。

名前: [Edit] 2017-05-15 20:44

コメントの投稿