私の職場は病院です。そして、毎日色んな人とコミュニケーションをとる必要がある仕事なのですが、この仕事を何年やっていても、コミュニケーションの難しさは毎日実感させられます。

時たま、「相手と上手く雑談する事がコミュニケーションである」と思っているような人がいますが、そういう人に限って、自分の好きな事をただひたすらしゃべっているだけなのです。

患者さんは、たとえ自分に興味がない事であろうが、病院のスタッフがしゃべりまくったら、それなりに話を合わせてくれますよ。こちらの好きな事をただしゃべるだけが、コミュニケーションなのでしょうか。私は違うと思います。

もちろん、友人や夫婦間でも同じでしょう。だからと言って、ただだまって聞いていればいいかと言うと、それはそれで、コミュニケーションとしては成立しませんよね。

仕事の上では、本当にコミュニケーション能力が高い人というのは、相手に気持ちよくしゃべってもらいつつ、ただの雑談ではなく、上手に「こちらにとって必要な情報」を引き出せる力を持っている人だと思います。

友人や夫婦間では、「こちらに必要な情報」を聞き出す必要などないんですし、仕事の場合と違って、なるべく双方向で会話した方が有意義な時を過ごせますね。ですからその場合は、「相手の返事から、上手く言葉を拾って、再び相手が興味ある話題につなげられるような言葉を投げかけられる」という感じになるかと思います。

いつもこう上手くできれば、仕事も夫婦仲も安泰なんですが、実際はなかなかそう上手くはいきません(苦笑)。それでも、仕事の場合でも夫婦や友人の場合でも、「まず相手の話を聞く」というのが、コミュニケーションの入り口である事は間違いありません。入り口を入り間違ってしまうと、自分だけ楽しくて相手はつまらないとか、有効な情報交換ができないとか、とにかくコミュニケーションとしては、いまいちな結果になってしまいますね。

かくいう私も、以前は妻から「自分の事をしゃべるばっかり」と言われていたのです。こういうのって、自覚する事が大変難しい事ですから、それ以来かなり気を付けました。今どうなっているかは……妻のみぞ知る、というところでしょうか(笑)。

その妻ですが、今日は「暑い」「だるい」を連発しています。この時間で室温20℃程度。これは別に暑くはないんですが、湿度が80%で、これがきついみたいです。湿度の高さには、なかなか慣れるのは難しいようです。

来週月曜か火曜くらいまではぐずついた天気が続くようですから、体調を崩さないように気を付けないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

みぃはトリミングでお疲れ

プラスの意識付け

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿