今日は天気がよく、汗ばむほどの陽気でした。1日何もせず、のんびり過ごしましたが、みぃを連れて散歩には行きました。

ヨークシャーテリアは小さい犬ですから、夏の昼間に散歩には行けないんですよね。アスファルトの照り返しが凄いですし。なので、気候のいいこの時期に、なるべく散歩に連れていってあげようと思います。

さて、妻は以前は「真っ暗なトンネルの中にいて、出口も分からないで歩いているような状態だった」と言います。鬱病や双極性障害の人って、多かれ少なかれそういう気持ちなんでしょう。

それが今は、「もちろん晴れの日とか雨の日もあるけど、出口のない真っ暗なトンネルの中にいる気分じゃなくなった。雨の日の気分でも、また晴れる日が来るから、と思える」んだそうです。これは、とても大きな進歩だと思います。

同じように気持ちがふさぎ込む鬱状態でも、それがいつまでも終わらないと思えるのと、今調子が落ちているけど、また調子がいい時が来ると思えるのでは、天地の差です。

あるいは、将来に何の希望も持てていなかったのが、少し希望を持てるようになってきたのかも知れません。だとしたら、私としてはなるべく、妻が希望を持てるような将来を作れるよう、頑張るだけです。

もちろん、これからも調子の波はあるでしょうし、鬱状態に沈む事もあるでしょうが、妻がそういう風に思えるようになった事を、大いに前向きにとらえて、妻を支えていきたいですね。

明日と明後日は仕事ですが、水曜から金曜までが休みです。その後土曜がまた仕事という、世間の会社のゴールデンウィークに比べるといささか中途半端な連休ですが(カレンダー通りともいう)、病院が職場ならそんなものです。明日も頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日から5月

久々の維新公園

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿