先日、秋篠宮殿下のご長女、眞子さまの婚約が発表されましたね。おめでたいことです。

しかし、お相手の男性は当然自分の両親に眞子さまを紹介しているのでしょうが、最初はご両親はぶったまけたでしょうね。「付き合っている人がいるんだ」「へえ、どこのどんな人?」「えーと、秋篠宮親王殿下のご長女で」って、そりゃ驚愕ですよ(笑)。私も母に、妻と結婚する旨を伝えた時、相手が北海度の人と知って驚いていましたが、その比じゃないですよね。

さて、以前から「カレールウを使わないカレー」を一度作ってみたいと思っていたんですが、とうとう初チャレンジしてみました。と言っても、スパイスの調合からやるのではなく(誰もそんな事思わんか)、カレー粉を使うのです。

今回は、S&Bのカレー粉を使いました。どこのスーパーでも売っている、赤い缶に入っている奴です。これ自体は、単にスパイスを調合しただけなので、これだけではカレーになりません。

作り方ですが、そんなに難しくありません。小麦粉をじっくり炒め、そこにカレー粉を入れ、具を煮込んでいる鍋から少々の煮汁を加えて伸ばし、それを鍋に入れて、後はじっくり煮込むだけです。作りかけ(あとは煮込むだけの状態)の写真です。

カレー粉で作るカレー

ただ、市販のルウだと色んなものを混ぜていますが、カレー粉は本当にスパイスだけなので、自分で色々な物を加えた方が美味しくなるでしょうね。

市販のルウのカレーだと、あれこれ隠し味を足したり、複数のルウを混ぜたりすると、かえってバランスを崩すみたいなのですが(テレビで、隠し味を入れずルウ一種類で作ったカレーが一番美味しかった、というのを見た記憶が)、カレー粉で作るオリジナルカレーだと、隠し味の出番ですよ。ちなみに私は、醤油、ケチャップ、コーヒー、チーズ、はちみつを、味を見ながら少しずつ足しました。

カレー粉で作ったカレー

完成品はこちら。小麦粉がちょっと足りなかったか、少々水っぽいのですが、味はまずまず。初めてにしては上出来だと思います。何より、油をほとんど使わずに作っているので、皿の後片付けが大変楽でした。市販のルウって、油だらけですからね(鍋の後片付け、大変ですよね?)。

カレー粉から作るカレーの場合、添加物の心配もほとんどないので、環境にも体にも優しいカレーです。ただし、自分好みの美味しいカレーにするには、まだまだ工夫が必要な感じ。次回はまた違う味付けで挑戦してみます。

そのうち、スパイス調合からやってみる予定は、もちろんありません(笑)。

妻は、午前中はとても調子が悪かったようですが、夕方から持ち直して今はまずまず元気です。急に元気になりすぎるのも心配ですから、そこそこのところで安定してしてくれればと思います。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

シャービックとフルーチェとゼリエース

急に不調になりました

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿