梅雨に入ってほとんど全く雨が降らず、山口県内も水不足ですが、明日の夕方くらいからようやく雨が降り始めるようです。こういう気候の時は、えてしてそれまでの渇水の借りを返すとばかりに、凄い豪雨が降ったりすることもあります(2005年がそんな感じでしたね)。空梅雨もご勘弁ですが、豪雨もご容赦いただきたいところ。

妻は今日は体調がかなり悪いようです。ちょっといらいらする事もあるようですが、体調が悪いのですから、これは仕方ないですね。みぃの事も心配でしょうし、気候も過ごしやすいとは言えませんし。

さて、自分で買い物をして料理をするようになって、スーパーで商品の裏の成分表示に目を光らせるようになりました。成分表示を見てみると、まああるわあるわ、危ない商品だらけ。

「砂糖不使用、カロリーゼロ」なんて売り言葉に乗せられたら、スクラロースやアスパルテーム(人工甘味料。危険!)を使ってたりなんて、笑い話にもなりません。

最初、料理や買い物を始めたばかりの頃は、安いものを選んで買っていたんですが、そのうちに「安いものには、安いなりの理由がある」ことに気付いて、だんだん安い物は買わなくなりました。安いものって、ほとんどが「安いけど体に毒」なんですよね。

なので、マーガリンではなくバター(マーガリンは危険なトランス脂肪酸の塊。バターも飽和脂肪酸だから体にいいとは言えないが、マーガリンよりは100倍マシ)、ケーキシロップではなくメイプルシロップ、みりん風調味料ではなく本みりん。私が買い物の中で学んだのは、「値段が高いものが必ずしも良いとは限らないが、値段が安いものはまず間違いなく悪い」です。

まあ、自分一人が食べるだけなら、ここまで気にはしないかも知れませんが、妻の事を考えると、やはり目を光らせざるを得ません。双極に限らず、精神疾患にも、食の影響ってあると思うんですよ。

実際、昔に比べて子供のアレルギーやアトピー、発達障害が増えたのは、食べ物(添加物)の影響ではないか、というのを読んだこともあります。双極も脳の働きの問題ですから、やはり食べ物や飲み物にはどれほど注意しすぎても、注意し過ぎと言う事はないと思います(英作文の例文みたいだな)。

あまり気にしすぎて、何も食べられなくなっても何ですが、今の日本って「おいしければなんでもOK、手間がかかるのは嫌だ」で、大事なものが置き去りにされているように思います。メーカーや国は守ってくれません。一人一人が、成分表示に目を光らせ、本当にいい物を選ぶ目を持たないといけません。

そもそも、安くて悪いものばかり買ってお金をけちって、その結果病気になって、医療費を湯水のように使っているのでは(しかもその医療費、最低7割は国のお金です!)、本末転倒もいいところですからね。

あまり堅苦しくならないように、もちろんできるだけ美味しく食べられるように、これからも買うものには注意したいと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

自分が相手のために何ができるか

やっぱり和食が最強

comment iconコメント ( 2 )

完全に同意です。

まったく、おっしゃる通りだと思い、コメントさせて頂きたくなってしまいました!!
はじめまして。かくいう私も小さい頃から添加物まみれの生活をしていました。
私は鬱なのですが、食べ物関係あると考えています。しかし、うつで料理が現在できない、なのでせめて添加物の少ない宅食に頼ることにしました。
添加物は、体内で分解できずに、体に蓄積されていくそうです。ぶたさんにスーパー弁当を食べさせて続けたら、奇形の子供が生まれたらしいです。
しかし、ストレスとこれまでのクセでお菓子がやめられません。なるべく表示を見て選ぶようにはしてるんですが。。
ほんと、日本って、国民の健康のことは考えてないと思います。他の国では、もっと昔からの自国の食べ物を守ったりしてる国もあるんだけどな。日本は、新しいもの好きですよね。確かに世界トップレベルの都市や文化ですよ。でも、食べ物をないがしろにしすぎ。
かくいう私も被害者です。子供の障害についても同意です。
そして、お菓子などは食べれば食べるほどマヤクのように取りつかれます。
手軽ですからね。コンビニ行ったらいつでも何時でも買える。
かくいう私も被害者です((T_T))
体のことちゃんと考えてくれる旦那さんで、奥さんうらやましいです。
私もできる範囲でがんばりたいです。

名前: まいった主婦 まじか [Edit] 2017-06-20 00:04

>>まいった主婦まじかさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

日本は添加物天国ですから、なかなか逃れられない
ですよね。できる範囲で少しずつ気を付けていけば
いいと思います。お菓子は本当に麻薬だと思います。
ある意味、アルコール依存並みに恐ろしいのではない
かと、私は感じます。

鬱病だと、料理は辛いですね。できる範囲で、充実
した所癖地活が送れるといいですね。

名前: [Edit] 2017-06-20 20:22

コメントの投稿