最近の話題と言えば、将棋の藤井聡太四段。デビューから29連勝という記録もすごいですが、インタビューで「望外」「僥倖」といった、中二とは思えない語彙が次々出てくるのが素晴らしいですね。言葉ってやっぱり大事だと思わされます。

何度か書いた気がしますが、私の持論は「人間は、自分が口に出した(あるいは文章に書いた)通りの人になる」です。陰口や悪口ばかり言っている人は、よりその傾向が強まる事は間違いありません。ですから私は、SNSや匿名掲示板で勝手放題書く人は、「自分で自分の人格を腐らせている」とすら思います。

また、感動した時も、美味しい時も、焦った時も、困った時も、全て「ヤバい」で済ませてたら、人間の感性というものがどんどん鈍くなってしまうのではないかと、私は思うのですよ。人格を貶めるような言葉を使っていたら、自分の人格が腐って行くように、感性のない言葉を使っていたら、自分の感性がさびて行きます。

ことほどさように、自分の口にする、あるいは文章にする言葉というのは、自分というものを正確に映し出し、また自分の方向性を決め、自分の人格すら左右する力があるのです。

今日、90代の老婦人とお話する機会がありましたが、「どんな事があっても、人の悪口や陰口は言っては駄目です。悪口や陰口を心にしまっておけない人は、いずれとんでもないしっぺ返しを食います」と言われました。けだし至言であると思います。

さて今日の妻ですが、昨日睡眠薬のフルニトラゼパムを飲まずに寝てみたそうです。寝付くのに時間がかかったようですが、何とか眠れたそうで、少し自信がついたと言っていました。

もちろん、睡眠薬はそう簡単に一気に切れるものではないので、焦る事はないと思いますが、こうして少しずつ自信がつくのは、良い事ですね。

ただ、今日は妻曰く「軽い躁っぽい」そうです。これを自覚できているなら大丈夫とは思うのですが、朝も割と早く目覚めたようですし、軽い躁の時は、疲れすぎないようにしないと、次の落ち込みがきついですから、要注意です。体調は昨日ほど悪くなくなったようですから、精神的にも肉体的にも落ち着いてくれたらいいなと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

フルニトラゼパムを飲まなかったら?

Facebookやってます

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿