よく、「鬱病は心の風邪」と言われます。このたとえはしかし、正直いかがなものかと思います。鬱病も、重度になると、とてもその症状は風邪に比べられるようなものではなく、このたとえは、鬱病を不当に軽視させる恐れすらあるような気がしています。

そして、鬱病や双極性障害を始めとする精神疾患を「心の病」と呼ぶのはどうなのか、という意見があります。心は実在するものではなく、あくまで脳の機能の障害なのだから、「脳の病気」と呼ぶべきで、「心の病」と呼んでいては、偏見を助長する、という考えです。

私もこの考えには半分くらい同意します。しかし残りの半分は、ちょっと同意しきれないところもあるのです。

というのも、「心は実在するものではなく、脳の働きが心として表れているに過ぎない」とすると、「心も人間の機能的な働きの結果である」に過ぎないという事になります。

つまり、例えば美しい花を見て感動するのも、親しい人の死に涙するのも、お笑い番組を見て大笑いするのも、生理的な反応に過ぎない訳ですね。「血糖値が下がったから空腹を覚える」とか、「血圧が下がったらめまいがした」なんてのと同じレベルという事になります。

もちろん、脳の機能が心(精神)と密接に関わるのは確かでしょう。アルツハイマー型認知症で、脳が委縮したら認知機能に問題が出る事からも、それは明らかです。

しかし本当に、心とは「脳の電気信号のやり取りの結果に過ぎない」のでしょうか。私は、そこまで割り切る事はできません。脳の機能が心に影響するのは間違いないでしょうが、本当の意味での心、言ってみれば「霊性」とでもいうべきものが、脳を支配しているのではないかと、そんな風に感じるのです。

心が脳の働きの結果であるならば、アルツハイマー認知症になると、どんどん心がなくなっていく事になります(脳がどんどん萎縮していきますからね)。しかし、仕事で色んな人を見ていて、決してそうではないのではないかと、私は確信しています。人間には、脳の働きを「精神」と呼ぶとすれば、脳の働きの根底にある「霊性」と呼ぶべき存在があるのではないか、そのように思います。

WHO(世界保健機関)は、健康の定義として、肉体的、社会的、精神的に加えて、「霊的」にも良好であることとしています。WHOの定義の意図までは分かりませんが、私としては、霊が脳の土台にあり、脳の働きが精神(心)となる、というような感じで捉えています。人間を器官レベルで分析しすぎると、「人間の心は、つまりコンピューターと何ら変わりがない」というところに行きつく気がするのですね。

だからと言って、一部の宗教団体がやるように、精神疾患を「悪霊のしわざ」として、悪霊祓いをする、なんていうのは、どう考えてもずれていると思うのですが……(笑)。

そうそう、今日の妻は朝7時半に起きていました。軽躁でもないですし、ちゃんと眠れているのか、ちょっと心配です。夜もエアコンを使っているので、昨夜は暑かったという事もないと思うのですが。夏風邪気味だったのは、少し良くなっているようですが。

梅雨が明けたらもっと暑くなるでしょうから、今のうちに夫婦ともども体調を整えておかないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

目薬買ってきました

今日の診察~トマトが旬

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿