今日も猛烈な暑さでした。昼から車を修理に出しに行き、更に帰宅したら原付のバッテリーを充電に行きました。暑いですが、原付は走っていると気持ちいいので、車よりむしろ快適かも知れません。晴れていればですが。

バイク屋で臨時のバッテリーに交換してもらい、そのままスーパーへ買い物。今日は魚にしようと思って、選んだのは小さな鯛。これを塩焼きにしようと思ったのです。

本当なら青魚(鯵とか鯖)の塩焼きがよかったのですが、妻は青魚が苦手ですからね。まずは鯛辺りなら食べやすかろうと思ったのです。

魚はここのところ、積極的に献立に取り入れていますが、妻が苦手なので、最初は鮭や鱈のように、妻が食べやすい魚から入り、青魚はカレー風味で煮込んだり、少しでも食べやすくする工夫をしてきました。

その鯛の塩焼き。普通なら焼き網とかグリルを使うんでしょうが、私はフライパンでやってしまいます。鶏のソテーを焼く時と同じ要領で大丈夫。綺麗に焼けます。焼き網だと、鯛ならいいでしょうが、油が多い魚を焼くと、魚から油が落ちて火が上がり、焦げるという黄金パターンが怖いのです(笑)。

鯛の塩焼きの他には、大根おろし、小松菜のお浸し、それに白ネギとわかめの味噌汁。これぞ日本の食卓ですね。きくところによると、昭和40年代の和食が、一番体にいらしいですよ。毎日ではなくても、こういう「シンプルな和食」を食べて行かないと。

料理自体は上手くできたのですが、鯛を丸ごとそのまま焼いたので、妻にはカルチャーショックだったようです。「頭と内臓はとらないの?」と言われたので、「母さんはいつも頭つきで、内臓は食べる時に勝手にとってた」と言うと、妻は少々固まっていました。

まあ、慣れてないと魚一匹丸ごとどーん、はちょっとびっくりするでしょうね。なので、今回は妻の要望で、私が身をほぐしてあげました。少しずつ食べ慣れてくれるといいのですが。そのうちさんまの塩焼きも作りたいのですが、さんまの塩焼きは魚が苦手な人にはハードル高いですからね。でも、さんまの塩焼きにぎゅっとしぼったすだち。これがたまらないのです。

魚が苦手な妻ですが、あえて週に2回は必ず魚料理を出す事にしています。魚のオメガ3脂肪酸を積極的にとる事が、心にも体にもプラスになると信じていますし、献立で一番大事なのは、やっぱりバランスですからね。妻が好きなものばかり作ってあげたいのはやまやまですが、心を鬼にして(?)、来週はまたまた新しい魚料理を作りますよ。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

草刈りのち買い物

真夏の停電予告

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿