今日の仕事は非常に忙しく、かなり疲れ果てました。朝に主任からメールが来て、同僚の女性が急に休む事になったというのです。なんでも、子供さんがインフルエンザにかかったんだとか。二人しかいない部署で一人休むのですから、これは大変です。

とは言え理由が理由ですからね。急遽助っ人に来てくれた主任と二人で、何とか無事仕事をこなしました。子供さんのインフルエンザだと、明日も休みかも知れませんから、覚悟して仕事に行くつもりです。

さて昨日の記事の鮪を、予告通り今日は漬けにしてみました。夕飯は漬け丼です。刺身も美味しいですが、漬けも好きなのです。

180209鮪の漬け丼

最高に美味しくいただけました。鮪はまだまだあるので、しばらく楽しめそうです。

話は変わりますが、最近「あたしおかあさんだから」という歌が話題のようです。話題というよりも、物議を醸しているというか、ネット用語で言えば「炎上」しているようですね。

私自身も、あの歌に共感できるかと言えばできないのですが、と言って、私が見た何処かのサイトでは、「あたしおかあさんだけど」というタイトルの替え歌を作っている人がいて、自分は母だけど好き勝手やるのだ、みたいな歌詞の替え歌を作っている人がいましたが、そういう方向性もまたいかがなものかと思います(あの歌に共感できない気持ちは分かりますが、「母親だけど子供の事より自分の事が大事」というのは、元の歌詞以上に共感できません)。

私があの歌に共感できない理由を一言で言えば、それはあの歌詞から「あなた(子供)を愛している」というメッセージが、全く伝わってこなかったからです。

世のお母さん方は、「おかあさんだから」という理由で、夜泣きする子供をあやしたり、自分の服を我慢しても子供の服を買ってあげたり、自分の趣味を我慢して子供の参観日や運動会へ行ったり、自分の食べたいものではなく子供の好きなものを作るのでしょうか? 違うはずです。「おかあさんだから」ではなく、「愛しているから」こそ、それらの事が出来るんじゃないかと思うんですが。

それは夫婦とて同じ事で、私が妻のために毎朝おにぎりを作ったり、夕食を作ったり出来るのは、「夫だから」ではなく、妻を愛しているからです。「夫だから」という思いになった途端に、それは単なる打算的な行動になってしまいます。

よく、主婦に対して「自分の家事は給料いくらに相当する?」みたいな質問やアンケートがありますが、同じようにこれも大変愚かな質問です。私など、愛情があるからやるのであって、お金に代えられるものではありません。

夫や子供に対して、本来愛情があるからこそ出来る家事に、「いくらの給与に相当」なんて考える人は、「あたしおかあさんだから」の歌詞の世界に陥ってしまっています。あの歌詞を、決して批判できないと思います。

明日の仕事が午前中だけですが、冒頭に書いたような理由で、多分忙しいでしょう。まあ、明日は今日ほど仕事量が多くないので何とかなるでしょう。多分。頑張って来ます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

新居が決まりました

鮪尽くし!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿