FC2ブログ

今日は、妻のこちらでの初めての診察日。予約時間は朝九時だったので、朝七時には起きました。病院には地下鉄で行かないといけませんが、着くまであまり時間はかからなかったようです。

下関でも、家を出て病院に着くまでの時間は二十分そこそこでしたから、時間だけを比べるとあまり変わりがないのかも知れませんが(地下鉄の駅まで歩く時間とか、地下鉄を待つ時間とかありますし)、ずっと車に乗っているのとでは、気持ち的に違うのかも知れませんね。

最初なので、精神保健福祉士(PSW)の面談があったようで、PSWさんはとても親切に話を聞いてくれたそうです。肝心の診察の様子はあまりよく分かりませんが、とりあえず薬は今までと同じようです。

まあ、処方は医者が変わったからと言っていきなり変わるものではないですし(特に精神科は)、確か下関に来て最初の診察でも薬は変わりませんでしたし、これから少しずつ変えて行こうという事なのかも知れません。

今回の処方はこうです。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・フルニトラゼパム1mgx1
・バルプロ酸ナトリウム徐放B錠200mgx2
・ラミクタール100mgx1
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2

デパケンRがジェネリックになっています。ラミクタールだけはジェネリックがありませんが、これも近々ジェネリックが出るはずです。

妻が帰宅後は、昼食。今日は親子丼を作りました。まだ調味料が全部揃っていないので(下関でなるべく使い切るようにした)、使おうと思ったらないものがあったりして、四苦八苦していますが、まずまず美味しくできたと思います。

その後、妻の頼みにより書店へ。昨日も行った超大型書店です。初歩的はヨガの本を買って来ました。心と体の安定にいいだろうから、簡単なものをセルフケアとしてやってみたいんだそうです。

この書店は本当に大きく、Amazonで見つけられるような主な本は、ほとんど置いてあります。今回も、妻はまずAmazonで良さそうなものを検索したのですが、無事に見つける事ができました。なにせ、ヨガの本だけで100冊くらいはありましたから、好きな人なら見ているだけで当分楽しめるでしょう。

そして夕食は、道民のソウルフード、ジンギスカンです。

180315道民のソウルフードジンギスカン

書店から帰る時、肉や野菜を扱う古めのスーパーがあったので、そこで買って来ました。ここは、非常に古く正に昭和のスーパーという感じです。

ジンギスカンは妻によると、北海道民が肩肘張らずに、日常の食事で食べる料理なんだそうです。こちらでは、スーパーの精肉コーナーに当たり前のように羊肉が売っており、たれやソースのコーナーにはジンギスカンのたれが売っています。それだけ地元民に根付いた料理という事なんでしょうね。これからもジンギスカンは頻繁に食卓に上がる事になりそうです。

なお、この他に北海道のじゃがいも「きたあかり」を使ったポテトサラダを作ったのですが、ジンギスカンの量が思いの外多かったので、それは明日という事にしました。

明日は、棚やテレビ台が届きます。これで段ボールだらけの部屋から解放されるはずです。でも、パソコン用の椅子は来週月曜なので、まだしばらくは中腰でブログを書かねばなりません(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

春はまだ遠い

超巨大書店&明日は初診察

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿