政府が、現在の「配偶者控除」に変わって、「夫婦控除」という
制度にしようという案があるようです。

政府:共働き世帯応援へ「夫婦控除」を検討-配偶者控除見直しに着手

共働き世帯応援という意図があるそうですが、うちみたいに妻が
精神障害者手帳持ちで、働きようがない世帯は応援してもらえ
ないんですかね(笑)。

私は思うんですが、夫婦共働きじゃないとやっていけないような
社会になってしまったのを何とかしないと、問題の根本的解決に
なっていないような気がするんですが。少子化の原因の一端も、
そこにあるんじゃないでしょうか?

私が子供の頃って、共働きの方がむしろ珍しいくらいだったん
ですが、今は共働きじゃないと厳しい事も多いですよね。

それは、夫(もしくは妻)1人の収入では厳しいから、やむなく
そうなっている事で、「じゃあ共働きを支援しましょう」というの
では、雨漏りの箇所にバケツを置くような、その場しのぎの
対応という感じがします。夫(もしくは妻)どちらかの収入で
やっていけるような社会を取り戻さないと、また何らかの問題が
出てくるんじゃないでしょうか。核家族化とか原因は他にも色々
あるのでしょうけどね。

だから「1億総活躍社会」というお題目には、私はどうも賛成
できません。社会に出て働いて、お金を稼ぐ事が活躍だ、みたい
な前提条件がある気がして。

そうじゃなく、専業主婦にも、また私の妻のように家でずっと
過ごしている障害者にも、生きがいを感じられるような社会を
目指す方が、長い目で見れば健全な気がします。

ま、生きがいなんて自分で探すもんだろ、と言われたら、それは
その通りかもしれません(笑)。

なお、家族のために家事をするより働いている方がいい、家事
より仕事に生きがいを感じるという人の気持ちは、私にはよく
わかりません。

私は、もし仕事をしなくても収入が何とかなるのでさえあれば、
仕事なんかしてるより、妻のそばにいつもいて、家事をしていた
方がよっぽど幸せですよ(笑)。

8月下旬の日曜日ですが、今日も気温の予報は何ら変わりなし。
ま、夫婦揃ってゆっくり過ごして、疲れをとるとしましょう。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

それが、できる。iPadならね。

エアコンはつけっぱなしにしましょう

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿