昨日は仕事が忙しく、かなり疲れていました。ただ、妻の
前であまり疲れたとは言わないように心がけています。

その妻は、昨日の夕方はかなり不調。頭痛も久々に強く、
午後は何もできなかった様子でした。それでも、夜には割と
回復して、笑顔も見えていたのでよかったです。

双極性障害やうつ病という感情障害は、文字通り感情の
コントロールができなくなる病気ですので、本人の調子で、
周りが一喜一憂しないようにする事が大事だと思っています。

時に理不尽な事を言われても、すごく鬱状態で、優しい言葉に
何の反応もなくても、うろたえず、声を荒げず、変わらず毎日
同じように接し続けるということ。

そばにいる者が、決して動じない安定した感情を持って接する
ことが、結果として本人の感情を安定させていく助けになるの
かな、と思っています。

かと言ってそれは、無感動無感情に、淡々と接するというの
ともまた違う訳で、この辺りの匙加減が難しいんですけど。

1つだけ明らかなのは、双極性障害(うつ病も)は、本人の努力
だけで何とかなるものでも、薬だけで何とかなるものでも、そし
て家族の支えだけで何とかなるものでもない、という事です。
どれ1つ欠けてもうまくいかないんだと思います。

さて今日は金曜日。昨日仕事が忙しかったので、今日はほど
ほどで勘弁して欲しいですが(笑)、まあ頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

双極性障害の配偶者(恋人)を持つ者の心得

iPad miniがやってきた

comment iconコメント ( 2 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2016-08-26 20:54

>>内緒コメントの方


今日の記事に、昨日の続きみたいな事を書いて
みました。

そっと見守っているのが一番だと思います。
よい縁だといいですね。

名前: [Edit] 2016-08-27 08:12

コメントの投稿