今日は非常に寒い一日でした。最近そればかり書いている気もしますが、今日の寒さはまた格別でした。朝出勤する時の気温が、3℃。仕事が終わって帰ってくる時の気温も、3℃。

うちには石油ファンヒーター(これの事を、妻は「ストーブ」と呼ぶ。北海道ではそう呼ぶらしい)が二台あるんですが、灯油の残量には常に気を付けていないと、寒い日の昼間に灯油が切れたら、目も当てられませんからね。

幸い、先ほど二台に給油したら、ちょうど灯油タンクが空になったので、明日灯油を買ってくる予定です。寒い日が続きますから、注意するに如くはないですからね。

さて今日は私の昔話を。私が子供の頃、母と一緒に車で買い物に行った時のお話です。その日は結構道路が渋滞していまして、母は急いでいるのに、信号で運悪く引っ掛かってしまいました。

「あーあ」と不機嫌そうな母に、子供の私は、「良かったね。一番前になれたじゃん」と、嬉しそうに言ったそうです。

それを聞いた母は、同じ状況でも、捉え方によっていい事にもなれば、悪い事にもなるんだと思って、それからはなるべく、「『良かった』を探す」ようにしたそうです。

以前にも書きましたが、幸せというのは、「手に入れるもの」ではなく、「感じるもの」なのです。幸せを「手に入れるもの」だと思ってしまうと、人の持っているものが羨ましくて仕方なくなりますし、自分が持っていないものばかりうらめしく思う事になりますが、ちょっと視点を変えてみると、そんな生活の中にも、幸せはたくさん埋もれている事に気付くはずです。

幸せな人というのは、お金がたくさんある人でも、地位や名誉がある人でもなく、些細な出来事からたくさんの「良かった」を探せる人なのではないかと、私は思っています。

妻が「自分の人生の八割は辛い、苦しい事ばかりで、何のために生きているのか分からない」と言ったので、今日はこんな話をしました。もっとも、鬱な時に私のこんな話は響かないでしょう。「幸せは感じるものだ」という事が日々実践できるなら、それはもう病気ではないですからね。

自分自身、これをなるべく毎日実践できるように、幸せを感じながら妻と接し、妻と暮らす生活を楽しめるように心がけたいものです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日はかなり冷え込みましたが、それもそのはず。朝出勤する時に雪が降っていました。滅多に雪が降る事のない下関市で、この時期に初雪なんて非常に珍しい事です。

もちろん、少し降っただけですので積もったりはしませんが、今日は西日本は全般的に寒波に見舞われ、雪が積もったところもあるようです。明日も、今日ほどではないですが、冷え込みは続きそうですね。

さて、今日一番最後に診た患者さんから、とても面白くて興味深い話を聞けましたので、忘れないうちに書いておこうと思います。その方が、テレビにも出てくる有名な心理学者の講演会に行ったんだそうですが、そこで語られた話です(また聞きですので、不正確な点があるのはご容赦ください)。

「人間、性格は変える事ができる」とも言いますが、人間に、遺伝子レベルで刻まれていて、変えようのない性格パターンが、二つだけあるそうです。それが「内向的か、それとも外向的か」「情緒不安定か、情緒安定か」の二つなんだそうです。

とは言っても、それぞれ私たちが知っている言葉の意味とはちょっと違うようで、特に「内向的か、外向的か」の方は、意外な感じの意味です。

内向的というのは、何かがあった時に自分の事をまず考えるような人で、外向的というのは逆に、他人の事ばかり考えるようなタイプなんだそうです。例えば、同僚が休んだ時に、「心配だからお見舞いに行ってみよう」となあるのが外交的な人で、「心配ではあるけど忙しいし」となって、結局何もしないのが内向的なんだとか(どちらが良いか悪いかの問題ではありませんので、念のため)。

また、情緒安定か不安定化を見分ける方法として言われたのが、「何か期限を決めて物事を始めた時、やり切るまではたとえ眠くなっても休まずにやり通す」のが情緒不安定型。「眠いからもういいや。また明日」となるのが、情緒安定型なんだとか(これもどちらがいい悪いの問題ではありません)。

そうなると、2×2で4パターンに分けられる事になりますが、この基準から言いますと、妻の場合は恐らく「外向的」で、「情緒不安定」なタイプという事になりそうです。この4パターンが、集団の中に同じくらいの割合でいると、その集団は上手く行くし、夫婦の場合だと、お互い同じパターンだと、同じような時に衝突して苦労する、んだそうですよ。

私がどのパターンかは、妻にきいてみないと分かりませんが、妻とは正反対のパターンなのかも知れません。だとしたら、いい組み合わせなんじゃないかな、と思います(もちろん、同じパターンなら、それはそれで理解しあえるところもありでしょう)。

心理学というのは、人間の心を題材にするだけに、数学や物理学のように計算通りにはいかないでしょうし、鵜呑みにし過ぎるのは危険でしょうが、聞いてみるとなるほど、と思わされるところもありますね。

今日はこの後、明日のために豚汁を作る予定です。明日も、寒さに負けないように頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日の午後六時に下関に戻り、昨日はいつも通りの時間に就寝したんですが、かなり早く眠ってしまったようです。ぐっすり眠れはしたのですが、まだ疲れが残っている感じ。

行ったのが月曜と火曜だから良かったかも知れません。疲れていても、あと三日半働けばまた休みですから。これが、土曜と日曜だったら、疲れて帰ってきて、一週間仕事ですから、参ってしまいますね。

さて、この度札幌へ行って思ったのは、札幌駅の行先掲示板で見た、多彩な行先の特急列車。「ライラック」「すずらん」「北斗」「カムイ」「おおぞら」「とかち」「オホーツク」などなど、名前を見ているだけでも地域色豊かで、乗ってみたくなります。

何せ、私が住む山口県には、ほとんど特急が走っていないのです。新山口駅から米子とか鳥取に、「スーパーおき」という特急が走っていますが、多分それだけです。山陽本線は、新幹線があるので特急を走らせるメリットがほとんどないですし(でも、同じように新幹線が走っている、福岡県の鹿児島本線小倉~博多間には、特急も快速も走ってます)。

以前は寝台特急が下関駅に多数発着しており、そのために下関駅はプラットフォームがとても長いのですが、寝台特急もなくなった今では、寂しい限りです(豪華寝台列車「トワイライトエクルプレス瑞風」は除く。一般人が乗れるような列車じゃないですし)。

新幹線は、区間にもよりますが、トンネルだらけで車窓を楽しめる事が少ないのに対し(新大阪を過ぎた辺りから、意外と車窓も楽しめるようになりますけど)、特急は在来線の線路を走るため、車窓も楽しめ、旅情緒も満点です。なので、特急って結構好きなのですよ。

調べると、北海道では高速バスに鉄道が押され気味のようですが、鉄道にはやはり鉄道にしかない魅力もありますから、是非色々乗ってみたいなと思っています。北海道の広大な原野を眺めながら、列車に揺られる、なんてのも楽しそうです。

ただ、北海道は物凄く広いため、終点まで乗ると所要時間も凄い事になるようです。妻に体力がつかないと、一人で行って一人で帰るしかない、なんて事になりそうです(笑)。

そんな想像をしながら、地図を眺めてみるのも楽しいものです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日の妻は、昼過ぎから歯科へ定期健診へ行ったそうです。体調を心配していましたが、何とか無事に行けて、歯科から帰った後は、みぃと散歩にも行けたそうですよ。

その分、やはり疲れたのでしょう。この時間にもうかなり眠いようです。今日は早めに寝るように言いました。と言っても、結局就寝はいつも通りの時間くらいになるような気もしますが……。

私も、数年前までは、下手したら午前一時くらいまで起きている事もあったんですが、今は十時を過ぎると寝る準備を始め、十時半には床についてしまいます。やはりその方が、圧倒的に体調もいいですね。まあ、たまには夜更かしもしますが……。

さて、衆議院が解散しました。私が住んでいる山口県下関市は、山口四区。安倍首相の選挙区です。なので、やる前から結果は明らかなので、不戦勝でもいいんじゃないかとみんな言っています。まあ、首相は選挙期間中、選挙区にはまず顔を出しませんが……。

基本的にブログで政治の事は書かないのですが、テレビのワイドショーみたいな番組で、芸能人が、さも国民の代表のように、自分の意見を熱弁しているのを見ていると、「あんらたに代表面されたくないわ!」と思ってしまいます(笑)。知識がある人ならまだいいですが、聞きかじりのような知識で、適当な事を言っている人もいますし。

何にせよ、夫婦そろって投票にはしっかり行く予定です。妻は、投票当日に体調が悪い恐れもあるので、期日前投票にするかも知れません。

よく、「自分一人くらいの投票で、何も変わらない」と、棄権する人もいます。でも、そういう人には、私はこういう話をします。

「自分一人くらいいいだろうと思って、誰かがごみをポイ捨てすると、日本の地上に一億個のごみが落ちる。
 せめて自分一人だけでもと思って、誰かが落ちているごみを拾うと、日本の地上から一億個のごみが消える」

どんな大きな力も、一人の力の集まりに過ぎないのですから、それを忘れたくはないものです。あとは、変なテレビは信用ならない情報も多いですから、騙されない事ですね(笑)。

明日の土曜は、午後から夫婦でゆっくり過ごします。夕飯、何を作りましょうか。もうすぐ私の誕生日ですから、ちょっと豪華にしたい気もしますが、自分の手間が増えるからなあ(笑)。まあ、しばらく考えましょう。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、昼間は28℃くらいまで気温が上がり、汗ばむ陽気でした。今夜は最低気温も24℃くらいまでしか下がらないようで、九月下旬とは思えない気温ですね。とは言え気温が高いのは明日までで、明後日からは平年並みか、少し低い程度で落ち着くようです。

妻は、少し前のように物凄く体調が悪い訳ではないですが、全身の倦怠感に悩まされています。今日は歯科に行く予定だったのですが、体調不良でお休みしました。

自律神経が少し乱れているんでしょうか。今は最高気温と最低気温の差が激しく、体調を崩しやすい時期ですから、仕方ないのかも知れません。

それでも、夜になると、ウクレレを弾いたりしていて、昼よりは調子が良いように見受けられます(昼の様子を見ている訳ではないのですが)。

妻がウクレレを始めたのは、4月の頭くらいですから、もうすぐ半年ですが、大分上達してきたと思います。まあ、私は楽器はピアノとフルートしかやらないので、ウクレレの技術的な事はあまりよく分からないのですが、フレーズの流れ方も格段にスムーズになってきていますし、これは1年後くらいが楽しみです。

楽器でなくとも、一つ際立って打ち込む事ができる趣味があるというのは、いいものです。広く浅くというのも悪いものではありませんが、何か一つ、深く打ち込めるものがあれば、その方面での親しい友達ができたりして、生活に彩りもできるでしょう。

私の場合で言えば、フルートかピアノかマジックのはずなんですが、ピアノは今は習っていない上大して上手くはないし、フルートも練習の時間があまり取れないから、やっぱりマジックですかね。でも、今は時々妻に見せる程度で、マジック仲間も皆無です。奇術愛好会みたいなものに参加できればいいんですが、今はなかなか難しいですね。

ちなみに、右のリンクから、私が書いているマジックのブログを読む事ができます。ただし、当然ながらタネについては何も書いていない上、専門用語連発ですので、ある程度マジックの知識がある方でないと、何を書いているか分からないと思います。興味がおありの方はどうぞ。

明日も、妻とみぃのために頑張って働いてきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります