予告通り、今日は夜に明日のためにハヤシライスを仕込みました(ライスじゃなく、ハヤシソースというべきか)。

シチュー、カレーと市販のルウなしで作ってみて、何とか作れたので、「市販ルウなしで作ろう」シリーズ第三弾です(いつからシリーズになったんだ(笑))。

170527ルウなしで作ったハヤシ

こんな感じです。ただ、ルウを使っていないとは言っても、市販のデミグラスソースを使っているので、自力で作ったとは、ちと言い難いかも(笑)。味付けには、その他にウスターソース、トマトケチャップ、固形コンソメ、砂糖、塩、チーズを使いました。もちろん、小麦粉も使っています(じゃないととろみつきませんからね)。

ルウなしハヤシは、トマトを湯むきして切ったり、なんて手間がありますが、そこまで難しくはありません。市販のデミグラスソースを使えば、味付けに苦戦する事も多分ないと思います。

味見をしてみたところ、ちょっとトマトの味が勝っている気もしますが、ちゃんとハヤシの味がします。ハッシュドビーフではなく、ハヤシ。妻にも味見してもらいましたが、「美味しい。ちょっとミートソースっぽいかも」と言われました。カレー同様、ほとんど油を使っていません。

次は、トマトっぽいハヤシではなく、赤ワインを使って上品な味を目指してみようかな、なんて思っています。ちなみに今回、トマトを4個使いました。スーパーでちょうどトマトの特売をやっていたんですよ。

今日は夜7時過ぎから、妻と夜のドライブを楽しんできて、妻はちょっとお疲れのようです。蛍が見られたらいいなと思ったんですが、ちょうど「豊田ほたる祭り」というのが開催中で、蛍を見るどころではありませんでした。

明日は、私はまた博多へセミナー。いつもより帰りが遅くなる予定です(なので今日のうちにハヤシを作りました)。さて、明日実際に食べてみて、妻からどんな評価がもらえるか、楽しみです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日も気温が高く、妻は不調。体なのか心なのか、はた両方なのか。まあ、夕食は完食してくれたので、それは安心なのですが。

その夕食ですが、今日は水菜と豆腐と玉ねぎを使った、チャンプルー的なもの(?)を作りました。ツナも入れてタンパク質を補給。そして、いつも味噌汁にはかつおだしを使うんですが、今日はいりこだしを使ってみました。

私の母は、味噌汁はずっといりこだしで作っていまして、我が家の味噌汁の底には、いつもいりこのかけらが沈んでいました(笑)。いりこだしは、関東の人は臭みが気になる人もいるようですが、私としては慣れ親しんだ味です。讃岐うどんも、基本はいりこだしですしね。

が、妻の口には合わなかったようです(汗)。うーん、やっぱり癖があるんですかねえ。私は、味噌汁と言えばこの味なんですが、妻が苦手なのに作っても仕方ないですし、味噌汁以外ではいりこだしが使えるかも知れませんし、色々試してみます。

代わりと言ってはなんですが、これからなるべくだしの素ではなく、鰹節を買ってきて、それでだしをとろうと思います。だしの素は、あればあったで急ぐ時には便利なんですが、だしの素が標準になったのではつまらないですし、やはりだしはちゃんと一からとった方が美味しいですよね。

何と言いますか、「カレールウを使わないカレー」「シチュールウを使わないシチュー」と言い、わざわざ自分から面倒な料理に手を出していっている感がありますが(笑)、やはり料理って大事だと思うんですよ。手間をかければ、かけただけの事はありますし、毎日食べるものは、わずかな手間を惜しみたくないですからね。

佐藤初女さんが、著書で「私は『面倒くさい』という言葉が嫌いです」と書いていましたが、自分で妻のために料理を作り続けていると、彼女のその言葉が分かる気がします。料理にかける手間って、気持ちそのものだと思うのです。もちろん、手を抜く事もあっていいとは思うんですが、「面倒くさいから」という理由で手を抜くのは、なるべく避けたいと思っています。

何より、毎日の食事って人間にとって一番大事なものですからね。そこで「面倒くさい」と言ってしまって、それより大事な事が何かあるのか、という話です。「人はパンだけで生きるものではない」(マタイによる福音書4章4節)とは言え、パン(食事)がなければ生きられないのも事実ですから。

ともあれ、美味しく、栄養があって、何より楽しんでもらえる食事を作れるように、明日も頭を捻って台所に立つつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

先日、秋篠宮殿下のご長女、眞子さまの婚約が発表されましたね。おめでたいことです。

しかし、お相手の男性は当然自分の両親に眞子さまを紹介しているのでしょうが、最初はご両親はぶったまけたでしょうね。「付き合っている人がいるんだ」「へえ、どこのどんな人?」「えーと、秋篠宮親王殿下のご長女で」って、そりゃ驚愕ですよ(笑)。私も母に、妻と結婚する旨を伝えた時、相手が北海度の人と知って驚いていましたが、その比じゃないですよね。

さて、以前から「カレールウを使わないカレー」を一度作ってみたいと思っていたんですが、とうとう初チャレンジしてみました。と言っても、スパイスの調合からやるのではなく(誰もそんな事思わんか)、カレー粉を使うのです。

今回は、S&Bのカレー粉を使いました。どこのスーパーでも売っている、赤い缶に入っている奴です。これ自体は、単にスパイスを調合しただけなので、これだけではカレーになりません。

作り方ですが、そんなに難しくありません。小麦粉をじっくり炒め、そこにカレー粉を入れ、具を煮込んでいる鍋から少々の煮汁を加えて伸ばし、それを鍋に入れて、後はじっくり煮込むだけです。作りかけ(あとは煮込むだけの状態)の写真です。

カレー粉で作るカレー

ただ、市販のルウだと色んなものを混ぜていますが、カレー粉は本当にスパイスだけなので、自分で色々な物を加えた方が美味しくなるでしょうね。

市販のルウのカレーだと、あれこれ隠し味を足したり、複数のルウを混ぜたりすると、かえってバランスを崩すみたいなのですが(テレビで、隠し味を入れずルウ一種類で作ったカレーが一番美味しかった、というのを見た記憶が)、カレー粉で作るオリジナルカレーだと、隠し味の出番ですよ。ちなみに私は、醤油、ケチャップ、コーヒー、チーズ、はちみつを、味を見ながら少しずつ足しました。

カレー粉で作ったカレー

完成品はこちら。小麦粉がちょっと足りなかったか、少々水っぽいのですが、味はまずまず。初めてにしては上出来だと思います。何より、油をほとんど使わずに作っているので、皿の後片付けが大変楽でした。市販のルウって、油だらけですからね(鍋の後片付け、大変ですよね?)。

カレー粉から作るカレーの場合、添加物の心配もほとんどないので、環境にも体にも優しいカレーです。ただし、自分好みの美味しいカレーにするには、まだまだ工夫が必要な感じ。次回はまた違う味付けで挑戦してみます。

そのうち、スパイス調合からやってみる予定は、もちろんありません(笑)。

妻は、午前中はとても調子が悪かったようですが、夕方から持ち直して今はまずまず元気です。急に元気になりすぎるのも心配ですから、そこそこのところで安定してしてくれればと思います。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は昼過ぎから雨。昼までは結構蒸し暑かったのですが、雨が降ってからはぐっと気温が下がってきたようです。妻の頭痛も、昨日よりは大分いいようですよ。

そして今日の夕食は、鶏手羽元と大根の煮物。和食は、味付けのバランスが難しいですよね。シンプルなだけにセンスが問われるところです。

さて、私が実家に母と二人で住んでいた頃は、母が食事の準備をしてくれていたのですが、母は大抵夕食を食べ終わったら、「明日は何が食べたい?」ときいてくるのです。下手をしたら、夕食を食べている途中で、「明日は何が」ときいてくるのですよ(笑)。

さすがに「今食べたばっかり(あるいは、食べている最中)なのに、明日食べるものなんて考えられないよ」と答えていたのです。まあ、普通はそう答えますよね。

ところが、自分で夫婦二人分の食事を作るようになったら、食事の支度が終わったら、もう次の料理の事を考えてしまうんですよね。夕食を食べ終わるなり、妻に「明日は何が食べたい?」ときいて、「今食べたばっかりなのに、明日食べたいものなんて思いつくわけないでしょ!」と言われます。

いや、自分で食事の支度をするようになって、母の気持ちがちょっと分かるようになりましたよ(笑)。同時に、母はいつも食事の事に気を配っていたんだなあと、感心する事しきりです。

今降り続いている雨ですが、明日の昼までには上がるようです。明日は妻を美容室に連れて行く予定ですが、今の調子なら何とか行けそうです。

来週の火曜は、妻の精神科の通院日ですから、あまり明日疲れすぎないようにしないといけませんね。でも、もし買い物や食事に行く事になったら、楽しみましょう。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日の妻は、体調や精神的な調子が悪い訳ではないらしいんですが、かなり疲れている様子です。気温が上がったり下がったり、疲れやすい季節でもありますからね……。

明日は、愛犬みぃを動物病院に連れて行く予定なんですが(フィラリアの薬をもらわないといけませんから)、妻の調子がどうなるか心配です。妻は、みぃのためなら多少の無理はしてしまいますからね。まあ、明日には妻の疲れがとれているよう、祈りましょう。

さて、昨日の夕食はハンバーグを作りました。もちろん、玉ねぎをみじん切りにして炒めるところから始めた、完全手作り。あ、手作りとは言っても、食パンからパン粉を作ったりはしていません(誰がそんな事思うか!(笑))。

170419ハンバーグ下ごしらえ

前日(一昨日)、この状態まで下ごしらえをしておきました。玉ねぎをみじん切りにし、炒めてから冷やし、パン粉には牛乳を振りかけておき、ひき肉を混ぜて……以下略。こんな作業を仕事から帰ってやっていたのでは、夕ごはんができるまでに餓死してしまいますからね(笑)。

そして昨日の夕方、これを焼いて、サラダとスープも添えて、できあがったのがこちら。

170420夕食のハンバーグ

なんか写真だとあまり美味しそうに見えませんが(笑)、おろしポン酢で美味しくいただきました。付け合わせのサラダは、きゅうりと大根、それにマロニーですが、マロニーがゆでるとかさが増えるのを計算に入れておらず、ちと量が多すぎました。それに、彩りを考えたら、大根ではなく、人参の千切りにすべきでしたね。

ハンバーグは、手を抜かずに作ると結構大変なので、あまり頻繁には作れないのですが、自分で手作りしたハンバーグは、やはり格別です。妻にも「美味しい」と言ってもらえました。もちろん、びっくりドンキーのハンバーグも美味しいですけどね(笑)。

明日は午後から動物病院。明後日はまた博多までセミナーを受講に行ってきます。さらに、来週水曜は岡山までちょっと武者修行に行ってきます。

月に2回も3回もセミナーに行ったりするのは、今後は多分もうないと思うので、あまり妻を寂しがらせないようにしないといけませんね。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります