妻の体調は相変わらずですが、昨日よりはいいようです。
これからどんどん日も長くなってきますから、体も心も上
向きになってくれるといいですね。

さて、時々「私は無神論です」という人を見る事があります。
そのような人から見たら、毎回食事の度に「この食事に感謝
し、イエス・キリストのお名前によって祈ります。アーメン」と
祈りをささげる、私みたいな人は、理解しがたい人種という
事になるでしょう。

しかし、無神論と言いつつ、本当に心からそう思っている人
というのは、日本人にはまずいないんじゃないかと思います。
こういう話を読んだ事があります。

とあるクリスチャンの作家の元に、記者がインタビューに来ま
した。その記者は、「私は無神論者ですので、宗教の話はご
遠慮願います」と言いました。

すると作家は、「あなたの子供がもし誘拐されたとしたら、無
神論者であるはずのあなたも、『何か』に祈るのではありま
せんか? だとしたら、あなたは無神論者ではなく、心の底
では神がおられる事を知っているのです」。記者は、二の句が
継げなかったそうです。

そういう状況で、「神はいない。だから、祈っても無駄」だと
ばかりに、何もせず過ごせる日本人は、まずいないでしょう。
必ず、『何か大いなるもの』に祈るはずです。

もしかしたら、「いや、神じゃなく守護霊に祈るんだ」とか、「ご
先祖様に祈るんだ」という無神論者もあるかも知れません。し
かし、その場合でもその守護霊なりご先祖様なりが、人間を
超越した力を持っていて、祈りをかなえてくれるという思いが
あるからこそ祈るはず。

だとしたら、実質それは「神」と変わりありません(まさか、道
端の石ころに祈る人はいないでしょう?)。ですから、「祈る」と
いう行為自体、心の中で神を認めているという事ではないで
しょうか。

なので、大多数の無神論者にとっては、「神がいないと信じ
ている」のではなく、「神はいるとうすうす感じているけど、
目を背けている」のではないかと、私は思うのです。

なぜなら、神について知りうる事柄は、彼らにも明らかだからです。
神がそれを示されたのです。世界が造られたときから、目に見え
ない神の性質、つまり神の永遠の力と神性は被造物に現れており、
これを通して神を知ることができます。従って、彼らには弁解の
余地がありません。 (ローマの信徒への手紙1章18節~19節)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日はクリスマスイブですね。妻の体調は、今日も良かった
みたいですが、できれば明日一緒にクリスマス礼拝に行き
たいので、あまり無理をせず今日はのんびり過ごしました。
2人でクリスマスソングをオカリナで色々吹きましたよ。

日本では、クリスマスと言えば恋人たちの日、みたいになっ
てしまっていますね。クリスチャンの中には、それを嘆かわし
いという人もいますが、みんな楽しんでいる訳ですし、他の人
に迷惑をかけている訳でもないので、別にいいのではないで
しょうか(笑)。

ただ、これは妻が言っていた事ですが、「クリスマスがただの
イベントじゃなく、その意味を知ると、今までよりクリスマスが
楽しく感じる」と。こう言ってもらえると、とても嬉しいですね。

ちなみに、ヨーロッパのどこだか(ドイツだったかな?)では、
クリスマスが近くなると、一人暮らしの若い人とか、一人暮
らしのお年寄りの元に、教会から「クリスマスイブに、あなたは
どこそこの家に行きなさい」という手紙が届くんだそうです。

そして、イブの夜にはその家の家族と一緒にクリスマスを祝う
んだとか。クリスマスを1人で過ごす人がいないようにという、
教会の配慮なんだそうですよ。キリスト教国らしい、いい風習
ですね。

我が家は、モスチキンをいただきました。ケーキまで食べると
完全にカロリーオーバーになるので、ケーキは明日の予定です。
皆さんもどうかよいクリスマスを。

主イエス・キリストの恵みが、これを読んでいる皆さんにありま
すように。

それゆえ、わたしの主が御自ら
あなたたちにしるしを与えられる。
見よ、おとめが身ごもって、男の子を産み
その名をインマヌエルと呼ぶ。
                        (イザヤ書7章14節)
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

明後日はクリスマスですね。今年はクリスマスがちょうど日曜
ですので、妻の体調さえ良ければ、2人で教会へ行って、礼拝
に出席するつもりです。

さて、今回は妻が気に入っている聖書の言葉をご紹介します。
妻は別に洗礼を受けている訳ではないのですが、ある日「聖
書が読みたい」と言い、リビングバイブルという、とても読みや
すい翻訳の新約聖書を買ってあげました。

妻はそれを、物語でも読むように読んで、とても楽しかった様
子でした。さすがに最後の「ヨハネ黙示録」は、「何これ怖い」と
言っていましたけど(笑)。

そしてリビングバイブルを読み終えた妻は、きちんとしたみ言葉
を知りたいと言ったので(リビングバイブルは、かなり意訳が
多いのです)、「みことばかえる塾」のみことばカードを買って
あげました。

これは妻のかなりのお気に入りになり、今度はちゃんとした聖書
が欲しいと言われたので、新改訳聖書を買ってあげました。私は
新共同訳をずっと使っていたんですが、みことばかえる塾の聖句
は新改訳で、妻はそちらの方が気に入ったようでしたからね。
聖書の後には、ハンドメイドの革製聖書カバーも買ってあげまし
た。これも妻お気に入りです。

そんな訳で、今妻は少しずつ旧約聖書を読み進めています。と
は言っても、旧約を全部読むのは大変なので、私が「ここは読む、
ここは飛ばしてもいい」というリストを作り、それに従って読んで
います。

そんな妻が好きな聖句を、今日は1つご紹介します。妻はこの
聖句に、大いに励まされたんだそうです。

わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなた
がたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与え
るのは、世が与えるのとは違います。あなたがたは心を騒が
してはなりません。恐れてはなりません。
                (ヨハネ福音書14章27節・新改訳)


これは、イエス・キリストが、イスカリオテのユダの裏切りにより、
捕まる直前に、弟子たちに語った言葉です。

世の楽しみや、物質的な満足によるものとは違う、心の平安を、
妻は聖書から感じてくれているようで、とても嬉しく思っていま
す。

私は、うつ病や双極性障害の人に、聖書を読みなさい、読めば
心が救われますよ、などと軽々しくお勧めしようとは思わないの
ですが、しかし聖書の膨大なみ言葉の中には、きっと(妻がそう
だったように)、心にぴったりと響くものがあるはずです。

そして、そういうみ言葉が与えてくれる平安は、物質的な世の
満足による平安とは、質が違うものである事だけは、間違いあ
りません。

上でご紹介した「みことばカード」は、妻も大のお気に入りで、
私もお勧めします(これを作っている方が、またすごい人生を
歩んでいる方です。ブログもされていますが、読めば多分びっ
くりするでしょう)。

明日はクリスマスイブ。静かにささやかに妻とお祝いしようと
思っています。でも、ケーキとチキンは買いますよ(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

昨日も暖かかったですが(帰宅の時点で16℃)、今朝も暖
かいです。午前7時の下関市の気温が、16.5℃。もはや、
冬じゃありませんね(笑)。

そして今朝も雨です。なんか、冬らしくない天気が続きます
ね。寒すぎるのも考え物ですが、気候はやはり「平年並み」
が一番いいです。

そして、昨日は妻が夕食の準備をしてくれていました。鶏も
も肉と大根の煮つけ。煮込み料理は、私が帰ってからでは
なかなか作れないので、嬉しかったですね。味もしっかり
染みていて、美味しくいただきました。

今日ですが、仕事の後に私が2度目の歯科通院なので、
昨夜のうちに作ってしまいました。ベーコンシチューと、
余っていた大根と人参を使って、きんぴら。大根の先はどう
しても少し辛いですから、私はいつも人参と合わせてきん
ぴらにしてしまいます。

昨日の妻は、ものすごく不調でした。まあ、そんな日もあり
ます。何度か書いたような気もしますが、私は妻との2人の
将来に、希望を持っています。その希望を失った事は一度も
ありません。

そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っ
ているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を
生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。
わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの
心に注がれているからです。
            (ローマの信徒への手紙5章3節~5節)


今日は少しでも妻の調子がよくなっている事を祈りつつ、元
気に仕事に行ってきます。仕事が終わった後は歯医者なの
で、ちょっと気が重いですが、明日は祝日ですからね。頑張
ります! にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

さて、いよいよクリスマスが近づいてきました。ちなみに、ク
リスチャンであれば誰でも知っている事ですが、クリスマスと
いうのは、イエス・キリストが生まれた日「ではありません」
(正確には、そうじゃないと断言する事もできないけど)。

「キリストが生まれた事を記念する祭日」なのです。「建国記
念の日」みたいなものですね。なので、祝いたい人は祝えば
いいし、祝いたくない人は祝わなければいいのです。元々、
クリスマスの12月25日という起源は、キリスト教とは関係の
ない、異教の風習ですから。

でも、せっかくだから年に一度はお祝いしてもいいんじゃな
いか、というのが私の考えですので、私もクリスチャンの
はしくれとしてクリスマスはお祝いしますよ。ささやかに、
ですが。

ただし、色々面倒なのでツリーだの何だのは置きません
(面倒なんかい(笑))。

クリスマスは、もちろん雰囲気だけでイベントとして祝ってい
ただいても、構わないのです。我々キリスト教徒としても、
イエス・キリストのために、クリスチャンでない人がクリスマ
スを祝ってくださる事については、喜ばしいと思っています。

ただ、クリスマスというのが、本当はどういう意味なのかを
少し分かっていただけると、クリスマスの喜びが何倍にも大
きくなりますよ。人類に救い主が与えられた!と思うと、私
などはケーキもチキンもプレゼントもなくても、喜びに溢れる
のです。あ、我が家でも、ケーキやチキンは一応買う予定
ですが(笑)。

天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる
大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために
救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。
あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている
乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるし
である。」

すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美
して言った。

  「いと高きところには栄光、神にあれ、
         地には平和、御心に適う人にあれ。」 
                  (ルカ福音書2章10節~14節)


今年も心穏やかに、よいクリスマスが迎えられるように、そし
て、1人でも多くの人が、クリスマスの本当の喜びを知る事が
できるように祈りつつ、今週も仕事頑張ってきます。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります