今日の妻は、夕方までは調子が良かったようなのですが、夜になってまた調子を落としてしまいました。なかなか上手く行きませんね。

今日の夕食。鶏むね肉のイタリア風。付け合わせは、小松菜の胡麻和え。ちょっとミスマッチです(笑)。鶏むね肉は、酒、少量の砂糖と塩でしばらく漬け込んだあと、片栗粉をつけて焼けば、驚くほど柔らかく仕上がります。もも肉より脂肪分が少ないから、上手く調理したいですね。

170524今日の夕飯

小松菜の胡麻和えは、湯がきすぎず、鮮やかな緑色になったくらいですぐお湯からあげた方が、歯ごたえが良くて美味しいです。そのくらいだとちょっと独特の苦みが残りますが、それくらいの方が体にいいかも?(本当かよ)

さて、私はクリスチャンですから、夫婦関係もできれば聖書に則って築ければなあと思っている訳です。では聖書には夫婦についてどう書いているかと言いますと……。

いずれにせよ、あなたがたも、それぞれ、妻を自分のように愛しなさい。妻は夫を敬いなさい。 (エフェソの信徒への手紙5章33節)


エフェソの信徒への手紙の第5章後半は、妻と夫について書かれています。21節の「(キリストに対する畏れをもって、)互いに仕え合いなさい」から始まります。この「(夫婦は)互いに仕え合いなさい」というのが、まず強烈な命令ですよね。「旦那はお金を持ってきてくれる存在」「妻は家事やって料理作って待ってればいい」と思っていると、こういう言葉は脳天に落ちる稲妻のように響く事でしょう(笑)。

そして、「夫は妻を自分のように愛しなさい」と書いてあります。「汝の隣人を自分自身であるかのように愛せ」は、キリスト教の基本的な教えですから、この命令はある意味当然ではありますが、これは要するに「妻の事を、あたかも自分自身であるかのように、(自分自身を差し置いて)愛せ」という事です。

自分の欲しいものよりも妻の欲しいものを、自分の時間よりも妻の時間を、自分の命よりも妻の命を優先せよ、という事です。この後「妻はすべての面で夫に仕えるべきです」「妻は夫を敬いなさい」とありますが、妻に対してこう聖書が命令するのも、夫に対する厳しい戒めがあってこそです。

妻の方とて、自分の事を命がけで愛さない男に仕えたり、そういう夫を敬ったりはできませんよね(笑)。夫は何も自分の務めを果たさず、妻だけが夫に仕え、夫を敬えというのでは、行きつく先はDVになりかねません。

要するに、夫も妻も、「ある程度自分を犠牲にする覚悟を持ちなさいよ」という事です。O.ヘンリーの「賢者のおくりもの」の精神です。「性格の不一致」とやらで離婚する人々も多いですし、実際いかんともし難い理由で別れる夫婦もあるんでしょうが、夫婦というのはもともと他人ですから、夫婦がお互いに、同じくらい自分を犠牲にする覚悟がない限り、それはそのうち破綻するに決まっていると、私は思います。

私がそこまでできているかと言われますと、はなはだ自信がないのですが、目標はそこに置いて、夫として少しずつ成長できるように努力していければと思っています。

「賢者のおくりもの」は、こういう言葉がラストに来ます。

Maybe the hairs of my head were numbered,
but nobody could ever count my love for you.
(私の髪の毛の数は数えられたとしても、私のあなたに対する愛は誰にも数えられはしない)


いつまでもこういう心がけでありたいものです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

2日くらい前から急に妻の調子が落ちて、今日は底という感じです。こういう時は、せめて私が元気じゃないといけないんですが、昨日は非常に寝つきが悪く、今日はちょっとお疲れです。まあ、今夜ぐっすり眠れれば回復するでしょう。

今日の夕飯は、実家の母から手作りのローストビーフをもらったので、それとサラダを合わせてみました。暑い日が続くので、冷たいながらもボリュームがある一品で、妻も元気になってくれるといいんですが。

さて、私は30代半ばくらいから10年くらいずっと鬱病に悩まされてきました。夜は睡眠薬がないとずっと眠れなかったのです。今は何とか全治して、薬なしの生活を送れています。

抗鬱薬はやめられても、睡眠薬はなかなかやめる事ができなかったんですが、それも去年の5月にやめる事ができ、以来1年睡眠薬は飲んでいません。

私の主治医には、「君は、結婚が一番いいきっかけになったと思う」と言われました。私もそう思います。妻の存在が、非常に私の心を強くしてくれているに違いありません。

なので、今度は私が妻の心に少しでもいい影響を与えられればいいなと思っています。私と一緒にいる事が、何より大きな希望であるという事を、日々感じて、妻の心の支えになってくれればいいなと。そうして、お互い支え合えれば一番ですね。

そのためにも、私が疲れてへばっていてはお話にならないので、毎日元気で帰ってこないといけませんね。

そうそう、今日から担当になった新しい患者さんに、ちょっと話を聞いてみると、ずっと日本料理の料理人(板前さん?)をしていたんだそうです。昨日だしの話を書きましたが、日本料理のだしのコツでも教えてもらうといいかも?

明日も頑張ってきます! にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日も気温が高く、妻は不調。体なのか心なのか、はた両方なのか。まあ、夕食は完食してくれたので、それは安心なのですが。

その夕食ですが、今日は水菜と豆腐と玉ねぎを使った、チャンプルー的なもの(?)を作りました。ツナも入れてタンパク質を補給。そして、いつも味噌汁にはかつおだしを使うんですが、今日はいりこだしを使ってみました。

私の母は、味噌汁はずっといりこだしで作っていまして、我が家の味噌汁の底には、いつもいりこのかけらが沈んでいました(笑)。いりこだしは、関東の人は臭みが気になる人もいるようですが、私としては慣れ親しんだ味です。讃岐うどんも、基本はいりこだしですしね。

が、妻の口には合わなかったようです(汗)。うーん、やっぱり癖があるんですかねえ。私は、味噌汁と言えばこの味なんですが、妻が苦手なのに作っても仕方ないですし、味噌汁以外ではいりこだしが使えるかも知れませんし、色々試してみます。

代わりと言ってはなんですが、これからなるべくだしの素ではなく、鰹節を買ってきて、それでだしをとろうと思います。だしの素は、あればあったで急ぐ時には便利なんですが、だしの素が標準になったのではつまらないですし、やはりだしはちゃんと一からとった方が美味しいですよね。

何と言いますか、「カレールウを使わないカレー」「シチュールウを使わないシチュー」と言い、わざわざ自分から面倒な料理に手を出していっている感がありますが(笑)、やはり料理って大事だと思うんですよ。手間をかければ、かけただけの事はありますし、毎日食べるものは、わずかな手間を惜しみたくないですからね。

佐藤初女さんが、著書で「私は『面倒くさい』という言葉が嫌いです」と書いていましたが、自分で妻のために料理を作り続けていると、彼女のその言葉が分かる気がします。料理にかける手間って、気持ちそのものだと思うのです。もちろん、手を抜く事もあっていいとは思うんですが、「面倒くさいから」という理由で手を抜くのは、なるべく避けたいと思っています。

何より、毎日の食事って人間にとって一番大事なものですからね。そこで「面倒くさい」と言ってしまって、それより大事な事が何かあるのか、という話です。「人はパンだけで生きるものではない」(マタイによる福音書4章4節)とは言え、パン(食事)がなければ生きられないのも事実ですから。

ともあれ、美味しく、栄養があって、何より楽しんでもらえる食事を作れるように、明日も頭を捻って台所に立つつもりです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日も気温が高い1日でした。5月にしてはちょっと気温が高すぎですよね。最近「観測史上最高の」ばかり聞かされて、「平年並み」という言葉をあまり聞かない気がします。昨日は、山口県でも今年初の真夏日を記録。下関は28℃までしか上がりませんでしたが、下関で最高気温が28℃って、7月並みですよね。

ちなみに下関は、山口県内では最高気温が一番上がりにくい地域なんですが(海に囲まれてますからね)、その分最低気温も下がりません。冬はいいんですが、夏の夜10時に気温30℃、なんて事もありますから、真夏は大変です。

さて今日は、昼食の後に1人で出かけました。フルートアンサンブルの練習です。車で15分ほど。アンサンブルは久々の上、あまり練習できてないのでちょっと心配でした。4曲か5曲やりましたが、思ったよりも吹けたので一安心。

会場は、菊川町のアブニール菊川のミュージックルームですが、今日は「ツールドしものせき」なる自転車レースのイベントがあったようで、あちこちでロードバイク(っていうんですかね? 競技用の自転車です)が走っていましたよ。

170521フルートアンサンブルの練習

今日の参加メンバーは、私以外は全員女性で合計7名(写真には私は写ってません。私が撮りましたからね)。フルート4にアルトフルート2、バスフルート1という編成。人数が少なかったですが、その分細かい練習ができましたよ。近々演奏イベントもあるようなので、参加したらまたお知らせします。

一番手前に写っているのは、私が習っているフルートの先生ですが、大きくてUの字に曲がった変わった楽器が分かるでしょうか。これがバスフルート。写真ではちょっと分かりづらいかも知れませんね。

帰りにスーパーに寄って、お買い物。今日は野菜がとても安く、水菜、小松菜、人参にミニトマトを買って帰りました。肉よりも野菜を上手く使って料理を作れるようになりたいですね。

妻は、今日は体調が不良。腹痛を訴えていて、顔色も冴えません。暑い上に体調が悪いと、いけませんね。なので夕食は体力をつけてもらおうと、豚の生姜焼きを作りました(写真を撮り忘れました)。味付けもまずまずで、なかなか美味しくできたと思います。

今週の半ばくらいには気温も下がるようです。妻の体調もすぐれないですし、せめて平年並みでお願いしたいところです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は、妻の調子自体は良かったんですが、気温が今日も高く、お疲れです。下関市の最高気温は27℃。平年より4~5℃くらい高く、体感では7月くらいの気温に感じます。

私は慣れているので、別に暑くも感じないんですが、妻のためにエアコンのフィルター掃除をしました。これでいつでも使えます。

考えてみれば、エアコンがどこの家庭にもあるようになったのって、ここ20年くらいの事ですよね。私は、20代半ばまではエアコンなどない部屋で過ごしましたし、1人暮らしを始めて最初の部屋にも、エアコンはありませんでした。だから鍛えられているのかも知れません。

昼過ぎからは、美容室へ行って髪を切ってきました。美容室と理容室(散髪屋)の違いって、何だと思いますか? 実は、「理容師はやってもいいけど、美容師はやってはいけないこと」があるんだそうです。

それは「顔に剃刀を当てる事」なんですって。そう言えば、理髪店に行っていた時は、顔そりはもちろん、襟足やもみあげなども、剃刀で仕上げていましたが、美容室ではバリカンでやっています。剃刀とは言え立派な刃物だから、という事でしょうか。

ちなみにあまり知られていない事ですが、下関市は理容室(床屋)の発祥の地なのです。下関市の亀山八幡宮には、「床屋発祥の地記念碑」がありますし、市内の理容師専門学校には、「下関は理容発祥の地」という文字が書いてあります。豆知識でした。

明日は、昼過ぎから久々にフルートアンサンブルの練習へ行ってきます。下関フルートアンサンブルという団体に所属していて、担当はアルトフルート(フルートより一回り大きく、ちょっと音が低い楽器)なのです。

あまり練習していないのでちょっと心配ですが、髪を切ってさっぱりした事ですし、頑張って吹いてきます。動画も撮れればいいんですが、自分の出来が心配です(笑)。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります