今日は診察日。ですが、みぃが足を怪我しているため、私が1人で行く事に。2人で行くと、帰宅した時みぃが興奮しすぎて、足をさらに痛めかねませんからね。

そのみぃですが、ベッドやソファーに上るためのステップが、今日届きました。最初は思った通り、せっかく設置しても使ってくれませんでしたが、しばらくおやつで上手く上るように仕向けたりしたところ、案外スムーズに使ってくれるようになりましたよ。もっとも、興奮した時はやっぱり飛び乗ったり飛び降りたりするかも知れませんが……。

妻の調子自体は、今日はまずまずです。ただ、「最近気分が上がったり下がったりの周期が短くて、非常に疲れる」との事なので、それだけを主治医に伝えました。

すると主治医の説明は以下の通り。
抗鬱剤や安定剤は一時しのぎに過ぎないから、気分安定薬でコントロールできるように持っていきたい。セレニカR(バルプロ酸ナトリウム)とラミクタール(ラモトリギン)を両方増やしたいが、今回は気分の落ち込みに対処したいので、ラミクタールを増やし、セレニカRはデパケンRに変更する。ラミクタールは主に鬱を防止、セレニカR(デパケンRも)は主に躁状態を防止する気分安定薬である。

なぜデパケンRに変更するか。セレニカRもデパケンRも一般名は同じバルプロ酸ナトリウムだが、セレニカRは一日一度しか服用できないように決まっているのに対し、デパケンRなら二度分服ができる(代謝のされかたは、デパケンRの方が早い。分服の規定については、厚生労働省への届け出の関係でそう定まっている)。量を増やし、二回分服で血中濃度をコントロールしたいので、今回はまずセレニカRを、用量同じでデパケンRに変えてみる。

その上で、ラミクタールを倍量に増やす。これで50mgだが、将来的には100mか200mgにまで持っていって、抗鬱薬や安定剤を使わずに、これで安定させたい。

ラミクタールは増やして、デパケンRは薬を変えるだけで用量が同じなのは、両方増やしてしまうと、何か変化があった時に、どちらの薬の影響か分からないから。ラミクタールが落ち着いたらデパケンRも増やす予定。

……という事です。分かりやすい説明でした。その他、睡眠薬であるフルニトラゼパムは、なるべく半量を使うようにしていて、今結構余っているので、今回は処方なしです。そんな訳で、今回はこういう処方。

・トラゾドン塩酸塩50mgx1
・トリアゾラム0.25mgx1
・デパケンR200mgx2
・アモキサンカプセル25mgx2
・エチゾラム0.5mgx2
・ラミクタール25mgx2

帰宅して、夕ごはんは豚丼と、昨日作っておいたポテトサラダ。最近、味付けにはあまりごてごて足さず、基本的な調味料だけでやるようにしてみたら、妻はその方が美味しいと言っていました。今日の豚丼も、酒、塩、砂糖、醤油だけです(にんにくも使いましたが)。普通ならここに、オイスターソースだの中華だしだの入れたくなるところですが、過ぎたるは及ばざるがごとし、という奴でしょうか。

ラミクタールを増やした事で、気分の落ち込みが減ってくれるといいんですが、ラミクタールは皮膚の副作用が懸念されますから、そこには十分注意しないといけません。さてまた4週間どんな感じになるでしょうか。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

今日は元気に?仕事。熱は何とか下がりましたし、喉の痛みもほとんどなくなりましたが、鼻にきています。体も重く、ちょっと辛い一日でした。

それでも何とか仕事をこなし、仕事の後は歯医者。定期健診です。私はどうも歯磨きの仕方が上手くないらしく、歯科衛生士さんにご指導いただきました。歯科は、やはり3か月に一度くらいは行かないと駄目ですね。ちゃんと磨いているつもりでも、いつの間にやら……という事が多々ありますから。

そして、今日は結婚記念日なので、いつも買い物をするショッピングモールにて寿司を買って、妻と2人で食べました。7日は「妻が越して来た記念日」で、17日は妻の誕生日なので、結婚記念日はちょっと影が薄いです。

と言うのも、結婚記念日とは言え、歩いて3分のところにある市役所の支所に届け出しただけで、式もあげていかければ写真も撮っていませんし、それにその頃は、精神障害者福祉手帳の手続きやら、障害者年金の手続きやらあれこれあって、手続き関連の中に婚姻届け提出も埋もれている感じなのです(笑)。

それにしても、結婚前は大変でした(結婚してからも大変だったんですが)。私は下関、妻は札幌ですから、準備なんかも一苦労で、「本当に結婚できるんだろうか」と思った事もあります。

それでも、2人で一つ一つ課題を乗り越えて、何とかこの日を迎える事ができたんですから、こつこつやればどんな事でも何とかなるものだな、と今では思っています。なので、この先ちょっとした苦境があっても、結婚の時の苦労に比べたら大した事ない、と思えるような気もしますよ(笑)。

明日は通院日です。足を怪我しているみぃが心配ですから、私が一人で行ってくる予定です(2人で行くと、帰宅した時にみぃが限界を超えたスピードで走ったり跳んだりして、大変危ないですから)。5月は、上旬は精神的にも不安定でしたが、下旬からは落ち着いていた印象。処方もさほど変わらないのではないかと思われますが、どうなりますか。

そして今度の土曜が妻の誕生日。土曜ですから、ちょっと遠出して、妻が好きなケーキでも買って来ようかな、と思っています。何を隠そう、2年前、結婚してから数日後の最初の誕生日の時も、そのケーキ屋に買いに行ったので、思い出深いのですよ。

まあ、その話はまた、誕生日当日にでも……。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

結婚以来、ほとんど体を壊したことがなかった私ですが、久々に風邪をひきました。対して熱も出ていないんですが(37℃台前半くらい)、滅多に熱が出ないので、これくらいでもかなり体に応えました。

朝は、妻が生姜湯を作ってくれたので、それを飲みました。味見した妻曰く、「別に美味しくはないけど、すごくまずいって訳でもなかった」そうですから、今度妻が風邪気味になった時には、すぐに生姜湯を作ってあげる事にします(笑)。

今日は昼過ぎからフルートアンサンブルの練習に行く予定だったんですが、体調も体調なのでお休みしました。喉も痛くて、フルートを吹くどころじゃないですしね。昼前までずっと横になって、お昼ごはんだけは作りました。その後、午後2時くらいから夕ごはんの仕込みを開始。二度目となる、「ルウを使わないカレーライス」です。

前回とちょっと違う味付けにしてみたら、全然違う仕上がりになりました。色からして違う(笑)。前回は香辛料が効いた味で辛めでしたが、今回はマイルドな方向を目指してみました。何というか、初めて味わうカレー。途中味見しながら、「これ、大丈夫なのか?」と心配になりましたが、妻は、「前のは辛すぎたから、今日のはちょうどよかった」と言ってくれました。

考えてみれば、溶かすだけのカレールウがなかった頃は、家庭でも小麦粉を炒めてカレーを作っていたはずで、その頃は、各家庭でカレーの味って違っていたんでしょうね(味噌汁がそうであるように)。

小麦粉を炒めてカレーを作るのは結構大変ですが、あまり油を使わない分最後の後始末は楽ですし、何より工夫したら味がすぐ変わって面白いです。次はまた違う作り方を試してみるつもり。

カレーでこういう面倒な事をしていると、やはり味噌汁もちゃんといりこや昆布、鰹節でだしをとって作りたいですね。今週中に、一回やってみようと思っています。

風邪をひいたせいで、料理をしている以外はおとなしく過ごした一日でしたが、安静にしていたお蔭か、はたまた妻の生姜湯のおかげか、大分体調がよくなりました。熱も36℃台まで下がってきましたし、明日の仕事は大丈夫そうです。

明日は結婚記念日です。今日のカレーの残りを食べてもいいんですが、せっかくの結婚記念日ですから、お寿司でも買って帰りましょうか。そして明後日は妻の通院日。みぃの足の事もあるので、私が一人で行く予定ですよ。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

左後ろ脚の前十字靭帯を断裂したみぃのために、3日連続、カーペットを敷いた床の上で寝たんですが、今朝起きるとどうも喉が痛みます。少し風邪気味のようです。

なので、すぐに救急箱を開けて風邪薬を……飲んだりはしません。こういう時は「生姜湯」が一番です。すぐに「じゃあ薬を」となるのは、長い目で見てもいい事は何もありません。

もちろん、是非とも必要な薬というのもありますが、そうでなく、「薬などなくてもどうにかなる」場合には、薬など飲まない方がいいに決まっています。なかんづく、ちょっと風邪気味の時に、気軽に抗生物質を使うのは、とても危険です。

さて、生姜湯ですが作り方は簡単です。本当はすりおろした生姜がいいんですが、チューブに入っているものでもいいと思います。これを小さじ一杯弱カップに入れ、それにお湯を注ぐだけです。

これだと飲みにくいかも知れません。生姜は独特の風味や匂いがありますからね。なので、はちみつを入れてもいいんですが、はちみつを常備していない私は、メイプルシロップを使います。これを大さじ一杯入れると、格段に飲みやすくなりますよ。

生姜の効果は多彩で、消炎鎮痛剤に匹敵するくらいの消炎効果があったりしますよ。ただ、飲み過ぎると胃がもたれるので、飲み過ぎにご注意(食前に飲むといいかもしれません)。朝生姜湯を一杯飲んで、今日の仕事は何とか無事にこなせました。

体調を崩しやすい妻も、風邪をひきかけたら生姜湯を、と言いたいところですが、妻はこれが苦手なのです。なので、妻が風邪気味の時は、いつも「よーし、生姜湯を作ってあげよう」「いらない!」というのが、定番のやり取りです(笑)。

とは言え、生姜が大変体にいいのは間違いないですから、常備しておいて、調理法を工夫するのが良さそうです。妻は、寿司屋で出てくる生姜の甘酢漬け(ガリ)は大好きですから、調理法を工夫すれば食べられるのではないでしょうか。

生姜には、抗鬱効果もあるそうですから、手軽に作れる生姜湯を、是非お試しください。私も、明日の朝も生姜湯を飲んで、月曜までには風邪を治してしまおうと思っています。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります

梅雨なのに、いまいち雨に恵まれないこの数日です。あまりじとじと降られても気が滅入りますが、さりとて適度に降ってもらわないと、農家など色々なところに影響が出ます。最近は「ほどほど」という天気が、得難いものになってしまったのでしょうか。

さて、みぃの調子ですが、良くも悪くもなっていません。この先の事を考えたら、手術した方がいいのかなあと考えていますが、来週木曜の診察で先生とも相談してみないといけません。手術せずに、これからはなるべく散歩をしたり、部屋で走り回って遊んだり、足に負担がかかる事を減らすというのも、可哀そうな話ですし。

今日は、妻があれこれ探して、みぃのための階段(ベッドとかソファーに上がるためのもの)を注文しました。届くまでは、私は床でみぃと寝ます。

一昨日は、夜電気を消してから、何度も寝室の様子をうかがっていたみぃですが、昨日はそれほど動き回らず、比較的おとなしく私の隣で寝てくれました。みぃも妻も寂しいでしょうが、階段が届くまでの辛抱です。

今回みぃが怪我をした事で、家の中の色々なものを見直すきっかけにもなりました。なんだかんだ言って間もなく9歳ですし、みぃが生活しやすいように工夫してあげないといけませんよね。

手術するかどうかはまだ決めていませんが、いずれにせよ、これからはもっと気を付けて、少しでもみぃが長く元気で過ごせるようにしてあげたいと思っています。

犬は人間のように表情で気持ちを表す事はなく(少しはあるのかも知れませんが)、耳や尻尾の動きで気持ちを表現するのですが、みぃがもし表情を出せたら、今はどんな顔をしているんでしょうね。案外、1日3回くらい私の事を睨みつけてたりして……(笑)。

明日の土曜は特に用事がなく、ゆっくり過ごします。土曜の昼は、妻のリクエストにより、大抵何かを買って2人で食べるんですが(たまに「ホットケーキ食べたいから作って」というのもあり)、明日は何になるでしょうね? 土曜の小さな楽しみです。 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
応援クリックしていただければ、励みになります